3月うさぎ

calender entry comment trackback category archive link
フー<ヴィエンチャン→ヴァンヴィエン4>
3月うさぎ

FullSizeRender.jpg

 

ベトナムのフォーのことを

ラオスではフーと呼びます。

 

ラオスでもすっかり国民食。

昼夜問わず、フォーはいつも登場するし、

それでも毎回飽きないのがさすが米粉だなと思います。

 

ベトナムフォーは、フォーガー(鶏)とフォーボー(牛)の2種の選択ですが、

ラオスの場合はそこまで具がはっきりと決まってはいません。

そして、ナンプラーはもちろん、

たっぷりのハーブ、そして、辛味とすだちが添えられて来ます。

たいていはね。

 

20180920_1247669.jpg

ラオス旅行1
comments(0)
trackbacks(0)
焼きバナナ<ビエンチャン→ヴァンヴィエン3>
3月うさぎ

20180920_1247677.jpg

 

移動中の楽しみは、

路肩で売っている屋台の食べ物を買い食い!!

 

焼き鳥つみれソーセージなどの肉類を焼いたものや、

果物や野菜、穀物等等。

 

特別な技はないが、たとえばバナナも、弓形ではなく、

小さくてまっすぐとカタチも違う。

しかも、味も微妙に違う。

あの独特のバナナの香りはあまりない。

でも、焼くと、外と中の食感が変わって実に美味しいのだ。

 

子どももよく働いている。

世界視野では良いことじゃないのかもしれないけれど、

割と楽しそうに働いてくれているので、

お手伝いしてエライね!って風に受け止めてしまう。

 

20180920_1247856.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

ラオス旅行1
comments(0)
trackbacks(0)
荷台付き4WD<ビエンチャン→ヴァンヴィエン2>
3月うさぎ

20180920_1247663.jpg

 

ラオスにもレンタカーはあるにはありますが、

長い日数を貸してくれるレンタカーやさんは存在せず、

結局日本のトヨタにお願いして、ラオスで車が借りられるよう予約してから

現地に臨みました。

しかも、車種は選べず、向こうが用意してくれた車は、荷台付きの4WDでした。

いろんな国でいろんな車を借りて来た私達ですが、

さすがに荷台付きははじめて!!

ちなみに、大きなトランクもこの荷台ですから、

当然雨が降ると濡れるし、荷物を車に残して車を離れるにも緊張を強いられます。

 

しかし、この国を走っていると、な〜るほど、こういう車こそが、

ラオスのごくごく一般車だということが解ってきます。

 

慣れてみると、なかなか頼りになる相棒くんでした。

最後には、レンタカーやさんにも「よく走ったんだね〜!!」と言ってもらえるくらい

よ〜く活躍してくれましたよん。

 

 

20180920_1247657.jpg20180920_1247675.jpg20180920_1247661.jpg

ラオス旅行1
comments(0)
trackbacks(0)
KAGE GA DORAEMON<ビエンチャン→ヴァンヴィエン1>
3月うさぎ

20180915_1245073.jpg20180915_1245071.jpg

 

ビエンチャン観光は旅の最後に廻して、

まずは北上して次の町ヴァンヴィエンを目指します。

 

途中街道沿いの籐製品のお店で、

凪が大きな麦わら帽子を買いました。

 

その帽子をかぶって歩く自分の姿を見て一句・・・じゃなくて、

一絵。(by Nagi)

 

KAGE GA DORAEMON

=かげがドラえもん

 

帽子が大きな頭に見えて、ドラえもんみたい!!

って、思ったみたいです。

 

 

ラオス旅行1
comments(2)
trackbacks(0)
グリーンパークブティックホテル<ビエンチャン・レポート2>
3月うさぎ

20180915_1245045.jpg

 

ビエンチャン市内は、心地よい活気に満ちていた。

車や人で賑わってはいるけれど、どこかほっとさせてくれる街。

 

そうだ。

 

ここは首都で道も混んでるけど、都市ではなく街なのだ。

高いビルも、アメリカ的ニューウェーブとも無縁な

ヒューマンな街。

 

夜歩きした気持ちもあるけど、まずはホテルへ。

ビエンチャン一泊目の宿は、

グリーンパークブティックホテル/Green Park Boutique Hotel

 

20180915_1245051.jpg20180915_1245049.jpg

 

「ブティックホテル」と称されているホテルは、デザイン性が高い。

美観に気を配るラグジュアリーなホテルが多い。

 

ここもまさにその名前に相応しい。

 

そして豊かな緑の中に囲まれた美術館のような美しいホテルである。

 

20180915_1245047.jpg20180915_1245043.jpg

 

 

ラオス旅行1
comments(4)
trackbacks(0)
夕暮れ<ビエンチャン・レポート1>
3月うさぎ

FullSizeRender.jpg

 

空が暗くなる頃、ようやくラオスの首都ビエンチャン/viengtianeに到着。

 

空港で予約していた車を受け取って、早速市内へ。

 

メコン川沿いの夕暮れを見ただけで、

ラオスを好きになり始めている。

 

まずは、毎日うだる暑さの京都から逃れて、

久しぶりに「涼しい」という単語を口にした。

 

いい旅になりそうな予感。ビンビン。

 

 

 

 

ラオス旅行1
comments(0)
trackbacks(0)
機内
3月うさぎ

20180914_1244598.jpg20180914_1244600.jpg

 

この旅は、とにかくスケッチ描いて描いて描きまくろうと決心した美大生!

機内から描き始めました。

 

すでにある印刷物を描き写し、微妙に自分のテイストを残すことにトライ中。

何でも描いてやろうの精神。

絵にならないものを絵にする訓練。

 

ところで、今回のベトナム航空の機内食はイマイチでした。(←こんなところでディスってはいけないか?!)

少なくとも「和食」の方は選ばない方がいい。

行きも帰りもガッカリで、ちょっと哀しかった。

正確に言うと、あれは「和食」ではない!

ラオス旅行1
comments(0)
trackbacks(0)
ノイバイ空港(まだベトナム)
3月うさぎ

20180914_1244594.jpg20180914_1244596.jpg

 

日本からラオスまでの直行便はありません。

ベトナムやタイでトランジットが必要です。

 

私達は、ベトナム航空だったので、

まず関空からベトナムのハノイへ飛んで、

そこから乗り換えてラオスのヴィエンチャンまで。

 

ヨーロッパほどは疲れませんが、

早朝出発でも、待ち時間を含むと到着はやっぱり夜になります。

 

 

それにしても、この写真、関空みたいでしょ!!

でも、ここはまだベトナム。

ハノイノイバイ空港

2014年、政府開発援助で大成建設が設計施工したらしいけど、

関空に印象が似すぎでないかい?!

 

私達が知ってるこじんまり感のハノイの空港ではなかったので、

ちょっとびっくりでした。

空港の規模が変わると、国際化にも拍車をかけるのでしょうね。

 

 

ラオス旅行1
comments(0)
trackbacks(0)
フランジパニ
3月うさぎ

2018年の夏旅は、ラオスでした。

 

なぜラオスか?と聞かれても返事が困りますが、

とにかくラオスでした。笑

 

そして、この問いよりも、むしろ答えに意味があると

わかった旅でした。

 

この答えに値するものを。

出来うる限り限りこのレポートにしたためたいと思っています。

 

また、少し長くなるかもしれません。

 

FullSizeRender.jpg

 

ラオスの国花は、フランジパニ。またの名をプルメリア。

ラオス航空のロゴマークにも採用されています。

 

南国らしいこの花は、テンプルフラワーとも呼ばれ、

女の人たちは、髪飾りにしたりしていました。

ラオス旅行1
comments(0)
trackbacks(0)
台風21号
3月うさぎ

20180913_1244021.jpg

 

ブログ・・・

すっかりご無沙汰してしまいました。

 

ご無沙汰のあいだにいろんなことがありました。

 

 

 

まず、最近の大きなニュースとしては、

台風21号。

 

関西にも甚大な爪痕を残した巨大台風は、

私にとっても他人事ではありませんでした。

事務所(設計事務所)の屋根と外壁が壊れたり

自宅の電話とパソコンが使えなくなったり・・・

 

本日eo光が直しにきてくれて

ようやくこんな記事を書くことができるようになりました。

 

台風直後に北海道に大地震が起こったり、

ここんとこ、日本列島はなんだかズタズタですね〜、、

 

この記事を読んでくださっている皆さんのところは大丈夫だったでしょうか?

 

最近は台風のルートも変わって

西日本も台風のコースに加わることが多くなりました。

 

今迄の常識では計り知れないことがこれからも起こるのかもしれないと

覚悟させられます。

 

被害に遭われた方々にできるだけ早く、穏やかな日常が戻ってくることを

祈りたいと思います。

 

この写真は、京都で台風21号が猛威をふるった日の翌日の夕焼けです。

特別なことは何もない夕焼けでしたが、泣きたくなるほどキレイに見えたので。

 

私の穏やかな日常の証としてのブログもなんとか続けていきたいと思っていますので、

どうぞよろしく。

 

 

 

 

 

 

日々あれこれ
comments(2)
trackbacks(0)
calendar :::: entry :::: comment :::: trackback :::: category :::: archive :::: link admin :: profile :: RSS1.0 :: Atom0.3 :: jugem