3月うさぎ

calender entry comment trackback category archive link
クートラスの焼き菓子
3月うさぎ

__ 3.JPG__ 4.JPG

 

大山崎美術館の喫茶室では、

クートラスのカルトをつかった焼き菓子でお茶が飲めました。

 

いったいどうやって転写するのでしょう??

 

リーガロイヤルの努力作なので、

味もちゃんと美味しいです♪

アートなきぶん
comments(0)
trackbacks(0)
ロベール・クートラス
3月うさぎ

__ 2.JPG

 

大山崎山荘美術館でやっている「ロベール・クートラス」展

を観て来ました。

 

クートラスの名前はこれまで知りませんでしたが、

クートラスの作品にはやたらと既視感がありました。

フランスで知らず知らずのあいだに見かけていたのかも。

 

没後30年なのに、中世の空気感をまとっている作品群。

 

彼の作品の中でも

特に、このカルト(カード)のシリーズが気に入りました。

 

 

 

 

アートなきぶん
comments(0)
trackbacks(0)
dd食堂
3月うさぎ

__ 1.JPG__ 4.JPG

 

dd(ディアンドデパートメント)食堂は、

仏光寺の境内の中にあります。

しかも建物は、お寺の建築をそのまま活かしています。

 

経営形態も少し変わっていて、

京都造形芸術大学が経営にも関わっているのだそうです。

 

大学とお寺・・・不思議な組み合わせが新しい!と感じました。

 

↓dd食堂のお茶漬けセット

 

 

__ 5.JPG

__ 2.JPG

-
comments(0)
trackbacks(0)
学友
3月うさぎ

__.JPG

 

春休みを利用して、

大学の学友3人を引き連れて帰省中の娘。

 

北海道、岩手、神奈川出身のお友達、

京都へようこそ!!

 

鶏つくね鍋と京都のおばんざいでおもてなし♪

 

箸が転んでも可笑しいお年頃。

笑い声が絶えないってほんといいね♡

おいしいじかん
comments(0)
trackbacks(0)
月夜
3月うさぎ

__.JPG

 

まだまだ寒さは厳しいですが、

澄んだ空気の中きりっと佇む月は

冬の醍醐味だと思います。

 

きりっっ

四季折々
comments(0)
trackbacks(0)
ストーブ
3月うさぎ

__ 2.JPG

 

友達んちの猫ちゃん。

ストーブからこの距離で離れません。

(キモチはわかる!)

猫と暮らす
comments(2)
trackbacks(0)
東寺の家
3月うさぎ

__.JPG

 

以前、設計を手がけた「東寺の家」が、

家庭画報の5月号に掲載されることになりました。

 

100年を超える歴史ある商家のリノベーション。

この梁と格子は、昔のまま残しています。

建築アラカルト
comments(0)
trackbacks(0)
ナナゲイ
3月うさぎ

__.JPG

 

で、

その「人生フルーツ」を上映していた映画館が

ここです。

 

大阪十三の第七藝術劇場。略して、ナナゲイ

 

そもそも、十三駅で降りること自体人生初めてだったかも。

 

若干寂れた感のある街の、まだ使ってるの?っぽいビルの

6階にあります。

京都シネマや、梅田のミニシアターなどと違って、

city観はまったくないけれど、

若い頃の小劇場っぽい雰囲気を残していて悪くないです。

 

この名前は、「映画は七番目の芸術」という言葉から付けられたのだそうです。

 

7番目ということは、少なくとも7つの芸術がある・・・ということか。

あとは、美術、音楽、書道、建築、文学、舞踏・・・???

人によって、チョイスが変わる辺りでしょうね。

-
comments(2)
trackbacks(0)
人生フルーツ
3月うさぎ

__.JPG

 

「人生フルーツ」

 

90才の修一さん、87才の英子さん、

雑木林に囲まれた家に住む建築家夫妻のドキュメンタリー。

 

光栄なことに、この映画を先に観た旧友が、

私たち夫妻のことを思い出した・・・と

わざわざ手紙をくれました。

(建築家夫妻という共通点からだと思うけど)

加えて、とてもいい映画だったから時間許せばぜひ観てほしい!と書いてあったので、

これはもう行くしかない!とわざわざ大阪まで足を運びました。

(近畿では上映会館は大阪だけだったので)

でも、大阪迄行く価値は充分にありました。

 

お二人の関係もとても素晴らしいですが、

自邸を取り囲む雑木林がもう宝石箱のよう。

そして、その宝石箱でとれる野菜や果物たちを次々に魅惑の皿に仕上げていく

英子さんの魔法の手。

こんな老後を送れたら・・・と憧れる生活がそこにありました。

 

人気のため上映日程が増えたようで、

3月位迄あちこちで観られると思います。

 

ナレーションは、樹木希林さん。

 

 

 

 

-
comments(2)
trackbacks(0)
みかんの丘とSmoke
3月うさぎ

__.JPG

 

今年も京都シネマの年間会員更新してきました。

更新すると、2枚のフリーチケットもらえます♪

 

そんな恩恵もあって、

日曜日は映画を2本観て来ました。

 

1本目は、「みかんの丘」

2本目は、「Smoke」

 

「みかんの丘」は、ジョージア(旧グルジア)であった紛争

を背景に、人間の在り方を問うた佳作。

昨夏、バルト三国へ行ってきたばかりの私としては、

このエストニアとジョージア(旧グルジア)の合作映画には

どうしても思い入れが強くなってしまう。

しかも、また新たにロシアがバルト三国を狙っているという話もあり、

とても昔の話・・・という風には思えず。

 

「Smoke」は、ニューヨークのタバコ屋さんが舞台。

ハーヴェイ・カイテルとウィリアム・ハートがいい味出してる。

ポール・オースターの原作。

(こっちは、随分昔に観た作品なんだけど、久しぶりに観てみたくなった!)

 

どちらも、違う意味でシミマシタ。

 

 

 

-
comments(0)
trackbacks(0)
calendar :::: entry :::: comment :::: trackback :::: category :::: archive :::: link admin :: profile :: RSS1.0 :: Atom0.3 :: jugem