3月うさぎ

calender entry comment trackback category archive link
フランス便り<プロローグ>
3月うさぎ
120528_2234~01.JPG

本日、フランスより帰り着きました。

写真もいっぱい撮って来ましたので、また一気にフランス便り
お伝えしたいと思いま〜す。

お楽しみに♪

・・・まずは、寝ます。zzz

 
フランス旅行1
comments(6)
trackbacks(0)
サンジェルマンのアパルトマン<パリ・レポート1>
3月うさぎ
120602_0120~01.JPG120528_0155~01.JPG120528_0153~02.JPG120528_0153~03.JPG 120530_1903~03.JPG120528_0214~01.JPG

2012.5.27(Sun)

パリで半月借りたアパルトマン(アパートメント)です。
(一番メインのソファースペース後で・・と思ったら撮り忘れてしまいました、、ドジ!)

広さは35平米くらいですが、一応キッチン+居間+寝室に洗面室とシャワーがついているので短期滞在には充分な広さでした。(欲を言えば、これで湯船がついてたら最高だったんだけど〜。やっぱりパリは土地が高いから中級ホテルでも湯船はなかなかついていなかったりする。)
食器にお鍋から洗剤、ゴミ袋、CDまで、一通りなんでも揃っているので、自分のアパートのようにリラックスして過ごせました。
窓の外にはアパートの中庭の風景が見えます。

さすが、空気が乾燥しているヨーロッパでは、室内干し洗濯物も、夜干して寝ると、翌日お昼くらいにはもう着られる状態になっているのが有り難いところ。

とにかく、このアパートはオルセー美術館の裏のギャラリーが立ち並ぶ品のいい通りにあって、セーヌ川まで3分、橋を渡るとルーブル美術館、という好立地、大抵の主だった場所なら歩いていけちゃう便利な拠点。家賃は決して安くはないけれど、そういうことも含めてのトータルヴァリューは文句無し!です。

パリのアパートですが、管理はイタリア、ミラノのカンパニー。
サポート体勢もしっかりしていて、好印象でした。











フランス旅行1
comments(0)
trackbacks(0)
サンジェルマン通り<パリ・レポート2>
3月うさぎ
120528_0249~01.JPG 

パリに着いたのが5/27の日曜日の夜。
そして、その夜から月曜日までの2泊3日で、
オランダに住んでいる義妹のFちゃんがパリにいる私たちに会いに来てくれました。
アパート近くのカフェで落ち合って、アパートにチェックインした後、
夕食を食べられるレストランを捜して一緒に街に繰り出しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

パリには、さすがに素敵なインテリア・ショップそこここで見かけました。
特に、キッチン系は需要もあるのか、
街角でよくシステム・キッチンを扱うお店を見かけます。

そういうショーウインドウを見た夫が「リアリティある」とつぶやいていました。
確かに、日本ではスタイリッシュすぎるキッチン家具を導入すると、他のインテリアから浮いてしまうことが多いのですが、パリの場合は全体的に期待出来るので、かなり現実的に成功する確率が高いという気がします。

しかし、このパフォーマンスはなんだったのか。。
サンジェルマン通り/Bd.St-Germainのシステムキッチン屋さんでなぜかスプレー・ドローイング。
撮影までしていたから、広告用?





フランス旅行1
comments(0)
trackbacks(0)
カフェ・ド・フロール<パリ・レポート3>
3月うさぎ
120528_0313~01.JPG

 サンジェルマン通りには、哲学者サルトルと文学者ボーヴォワールに縁のある喫茶店が二つあります。

一つは、この写真のカフェ・ド・フロール/Cafe de Flore
サルトルとそれから彼と「契約結婚」をしていたボーヴォワール。この二人や彼ら友人達がいつも熱い討論を交わしていた場所。
名前が「花」というだけあって、お店に溢れる植物がフロールの特徴になっています。

もう一つは、その隣のカフェ・ドゥ・マゴ/Cafe Deux Magots
カフェの上はアパートになっていて、そこの5階にサルトルは暮らしていたそうです。
Deux Magotsは二体の中国人形の意味。

私のアパートにほど近かったので、この2つのカフェの前は何度も行き来しましたが、
結局一度も入ることはなかったなあ。。(いつも人が途絶えることはなかったし、、)

けれど、横目で見ているだけで、彼らがそこにいた時代、パリがそしてパリのカフェが最も輝いていた時代を想像するだけでなんとなくときめきを覚えました。

どこに住んでいても、実際のパートナーは替わっても、いつも作品が出来た時一番に見せるのはお互いだったというこの二人の特別な関係に若い日ほのかに憧れたこともあります。
彼らの「契約結婚」は結局50年続いたのだそうです。

「やがて、シモーヌ・ド・ボーヴォワールと私は、そこを住処にしてしまった。午前九時から正午まではそこで仕事をし、昼食をとりに出かけてから、また二時に戻ってきて、四時までそこに出会う友人たちとおしゃべりをした。そして、八時までまた仕事をするのだった。夕食後は、そこで待ち合わせをした人々を迎えるのだ。奇妙に思えるかもしれないが、私たちにはフロールが我が家だった。」
サルトル「カフェ・ド・フロールの黄金時代」より

・・・こんな風に居座る連中を容認したフロールの方もなかなか太っ腹だ。
一体何杯のコーヒーを飲んだのか・・

今度パリに行く時には、やっぱりフロールの席にちゃんと腰をおろしてみようかな。。



フランス旅行1
comments(0)
trackbacks(0)
サンジェルマン・デ・プレ教会<パリ・レポート4>
3月うさぎ
120528_0320~01.JPG 

小綺麗なブティクやレストランが建ち並ぶサンジェルマン・デ・プレの交差点にあるのが、
サンジェルマン・デ・プレ教会/St.Germain.des.Pres

この言い方は逆の方が正しいんだろうな。
この教会の紀元は524年。(つまり6世紀!)
もともとこの教会は修道院として生まれ、その修道院が建てられた頃この辺りはだだっ広い
野原だったのだから。
このパリ最古のロマネスク教会を中心として、サンジェルマンの街が広がったと言うべきだろう。

地元の人に愛される親しみ易い町の集会所的な今の顔には似つかわず、この教会が乗り越えてきた道は険しい。苦節を繰り返した後も革命時火災でかなりの部分を焼失して、完全修復されたのは19世紀に入ってからのことだとか。

ここの庭では、日記を書いたり、足の痛みを癒したり・・
パリ滞在中、私の外の居間の一つになってもらっていました。



フランス旅行1
comments(0)
trackbacks(0)
セーヌ川夕景<パリ・レポート5>
3月うさぎ
120528_0346~01.JPG 

セーヌ川/rives de la Seineの夕景です。

しかし、夕景と言っても、これはもう午後10時頃。
この時期のフランスは、9時半くらいまでは、まだまだ充分明るいのです。。

セーヌ川は橋の表情もそれぞれ豊かで、それを眺めるのも楽しみの一つです。
なぜか私の記憶の中のセーヌ川より、今回は少し川幅が狭く感じられました。



フランス旅行1
comments(0)
trackbacks(0)
ピラミッド@ルーブル美術館<パリ・レポート6>
3月うさぎ
120528_0354~01.JPG120528_0356~01.JPG 

いよいよ陽が暮れて行こうとしています。。

ここは、ルーブル美術館のピラミッド/Piramide (Renovation du Musee du Louvre)
この光は照明ではなく、落陽です。

大都市パリの一番中心でこんなに大きな空をキープしている・・というのは、本当に驚くべきことでもあります。

ルーブル美術館には過去2回入って、モナリザもニケも見ていますが、このピラミッドを見るのは初めてです。

ピラミッドは、1985〜89年の当時のミッテラン大統領の指揮のもと行われたグラン・プロジェによってI.M.ペイの設計で作られました。
当時はあのルーブルにガラスのピラミッド?!と賛否両論の議論が起こりましたが、今ではしっくり馴染みいい感じのアクセントになっているし、過去へのタイムカプセルへの入口(現代の象徴)のようにも思えなくもない。

パリっ子たちはここでくつろいだり待ち合わせしたり、今やパリの欠かせないビューポントの一つになっているようです。
フランス旅行1
comments(2)
trackbacks(0)
カフェ・オ・レ<パリ・レポート7>
3月うさぎ
120528_1712~01.JPG 

2012.5.28(Mon)

朝起きて、朝食を済ませた後、夫はバタバタと大学へ。
そう。パリについた翌日はもう出勤日。
なかなかハードスケジュールです。

残った二人(私とオランダから来てくれた義妹のFちゃん)の方は呑気にそいではパリさ観光しよっかね〜って感じで、折角相棒がいるうちにちょっと華やかな場所を一緒に歩いてもらうことに。(ちょっとこの辺り、一人で行くのは気が引けるもんね〜)
まずはコンコルド広場からシェンゼリゼ通りを歩いて凱旋門まで・・というお上りさんコースから。

コンコルド広場/Palace de la Concordeはセーヌ川を一つ西の橋を渡ればいいだけだから、何の乗り物も使わず凱旋門まですべて歩いて行けます。

5月のコンコルド広場は、緑がまぶし〜い!
公園内のカフェを通りがかった時、Fちゃんが「私がコーヒーおごってあげる!」と嬉しい一声。
まだ歩き始めたばかりなのに、いきなりコーヒーブレークです。
こういう緩さ加減が女子同士のラク〜なところ。
パリに着いて2杯目のコーヒーはカフェ・オ・レにしました。

セ・ボン♪



フランス旅行1
comments(0)
trackbacks(0)
グラン・パレ<パリ・レポート8>
3月うさぎ
120528_1756~01.JPG 

1900年のパリ万博の時に建てられたパビリオンの一つのグラン・パレ/Grand palais
幅240m、中央ドームの頂部の高さ42mという驚く規模の鉄骨造建築。
万博に向けて、1897−1900年の3年間かけて一気に作られた建築世紀末の華。

プティ・パレ/Petit palais(=パリ市立美術館)もあります。


フランス旅行1
comments(0)
trackbacks(0)
ダニエル・ビュラン<パリ・レポート9>
3月うさぎ
120528_1818~01.JPG120528_1817~01.JPG120528_1819~01.JPG120528_1821~02.JPG

120528_1822~01.JPG120528_1826~01.JPG 

グラン・パレでやっていた(ストライプ作品で有名な)ダニエル・ビュラン/Daniel Burenのインスタレーション。

透明ガラスの大空間グラン・パレがこの時ばかりは、カラフルな水玉に占拠されていました。
そこにいる人まで色板に染められて、なんだかヤッホーな気分!


たまたま通りかかっただけなのに、タイムリーな展覧会に遭遇出来てラッキー!
しかし、そこそこ並びましたけどね、、







フランス旅行1
comments(0)
trackbacks(0)
calendar :::: entry :::: comment :::: trackback :::: category :::: archive :::: link admin :: profile :: RSS1.0 :: Atom0.3 :: jugem