3月うさぎ

calender entry comment trackback category archive link
エッフェル塔<パリ・レポート20>
3月うさぎ
120528_2212~01.JPG120528_2230~01.JPG 

そして、この辺まで来ると、エッフェル塔/Tour Eiffelがどんどん見えちゃいます。

おぉ!!やっぱり美しい!

1889年、フランス革命100周年を記念してパリに建てられたエッフェル塔。
設計士の名前がエッフェルさん。
(時の大統領の名前が空港の名前になり、設計者の名前がタワーの名前になる・・・と言うのは、我が国ではまず考えられないことですよね?)

自立鉄塔で300Mの高さだと言うんだから、当時の人は本当にびっくりしただろうと思う。
(勿論、当時世界一の高さ!)
特に反対した人たちは空にそびえるこのドでかいタワーを「巨大な汚物」と忌み嫌ったとも言いますよね。
「エッフェル塔の嫌いなやつは、エッフェル塔へ行け」(唯一、エッフェル塔を見なくて済む場所という意味!)という諺まで生まれたとか。


しかし、時は流れて、フランス人からも外国人からも本当に万人に愛されるパリのシンボルとなっています。
今やPARISの「A」の文字にエッフェル塔が当てられるほどパリの象徴のような存在ですものね。

さて、日本のスカイツリーの100年後、この存在感に迫れるか・・・



フランス旅行2
comments(0)
trackbacks(1)
船上プール<パリ・レポート21>
3月うさぎ
120528_2234~02.JPG 

再びセーヌ川。

判るかな??

川岸に停泊している船の先の方の円形の小さなプール?
その中に水着美女が二人浸かっていました。
(それが橋の上からよく見える!)

でも、そんなシーンが羨ましく思えるくらいこの日はホ〜ント暑かった!!
フランス旅行2
comments(0)
trackbacks(0)
ケ・ブランリー美術館<パリ・レポート22>
3月うさぎ
 120528_2237~02.JPG

再び、セーヌ左岸。

セーヌ川沿いに2006年新しく出来た新しい大型美術館。
ケ・ブランリー美術館/Musee du Quai Branly
アフリカ、アジア、オセアニア、アメリカの手工芸アートを展示しています。
設計は、今フランス一の売れっ子建築家ジャン・ヌーベル。

残念ながら、この日は休館日。
判っていたけど、一目見ておこう!ってことでやってきました。

でかっ。
また、出直しますっっっ



ここまで、朝からずっと徒歩移動だったのだけど、この後初めて国鉄(RER)に2駅だけ乗って一旦アパートにもどり、荷物をとって一泊する予定のホテルへ。(折角パリに来てくれた義妹・・アパートのソファ泊ばかりじゃ申し訳ありませんので。)

折角のホテルだけど荷物を置いたらすぐ、今度はメトロに乗ってオベルカンフ(この辺りもマレ地区ということでいいのかな。人気の朝市が出る所らしい。)に行く事になりました〜。
夫と日本から同行しているもう一人のK先生が、同じ大学で教えている彫刻家のH先生のパリ市内のアトリエへディナーに誘っていただいたとかで、奥さんや妹さんもパリに来てるんならご一緒に・・と私たちまで招待してもらったのでした。

H先生は在仏40年。奥様もフランス人。
奥様のアニーさんが作ってくださったフランス家庭料理をたらふくご馳走になり、みんなでいろいろおしゃべりしたりワインをいただいたりしている間にまたたく間に時間は流れ
さすがになかなか外が暗くならないこの時期のパリでも空が暗く見える時間(つまり夜の10時頃?)やっとホテルにたどり着きました。


そんな長〜い一日。
でもでも、ようやくパリの空気が身体に馴染んで来た感じ。。


フランス旅行2
comments(0)
trackbacks(0)
HOTEL LE CLOS MEDICIS<パリ・レポート23>
3月うさぎ
120529_1707~01.JPG120529_1707~03.JPG120529_1654~02.JPG120529_1710~01.JPG 

2012.5.29(Tue)


・・・そして、翌朝は、
リュクサンブール公園近くのホテル・ル・クロ・メディシスHOTEL LE CLOS MEDICISの中庭で朝食。

この写真では誰も座っていない白いテーブルクロスがかかった隅の席で、小さなホテルの気取らないブレクファーストを楽しみました。

1773年、メディチ家と宮廷のために建てられた建物が今はホテルとして利用されています。

それほど広いわけじゃないけれど、雰囲気のある居間が気に入りました。
冬はこの暖炉に火がくべられるのでしょうか。

「ご自由にお取りください」の青リンゴは、スペインのホテルを思い出します。





フランス旅行2
comments(0)
trackbacks(0)
マルシェ<パリ・レポート24>
3月うさぎ
120529_1730~01.JPG120529_1732~01.JPG 120529_1729~01.JPG

ホテルを出て、一度荷物を置きにアパートへ。
この間徒歩で15〜20分程度。

サンジェルマン界隈はお店も粋で個性的なお店が多いので、ウィンドウを眺めているだけで飽きずに歩くことができます。ウィンドウのみならず街そのものも楽しい。
町並みのセンスはいいけれど気取りはなくて、生活の音や匂いに溢れていて、それを隠そうともしないところが心地よかった。

途中にあったマルシェ(市場)/Marcheにも寄ってみた。
大好きなフロマージュ(チーズ)やオリーブも溢れるばかりで、ついつい食いしん坊の虫が起き上がります。(笑)
このいろんな色が混ざったオリーブと、乾燥いちぢくを買ってみることにしました。



フランス旅行2
comments(0)
trackbacks(0)
つけまつげ<パリ・レポート25>
3月うさぎ
120529_1715~01.JPG 

長くてカールしたまつげがアタシの自慢☆
フランス旅行2
comments(0)
trackbacks(0)
シテ島<パリ・レポート26>
3月うさぎ
120529_1940~01.JPG 

サンジェルマンのアパートに寄って一休みした後、
また、街歩きが始まります。

セーヌの中州、シテ島、サン・ルイ島を歩いてマレ地区を目指す・・・というコースに決まりました。
義妹は、夕方の列車でオランダに戻ります。

まずは、セーヌ左岸からシテ島に架かるポン・ヌフ/Pont Neufを渡ります。
ポン・ヌフとは、新しい橋の意味。
けれど名前に反して、パリに現存する橋の中では一番古い橋なのだそうですけど。

昔、「ポン・ヌフの恋人」という映画もありましたよね。
コケティッシュな女優、ジュリエット・ビノシュがとても魅力的でした。

パリ発祥の地はシテ島/ile de la citeなのだとか。
その歴史は紀元前3世紀にまで戻り、最初に住み始めたパリシィ人にちなんで「パリ」の名前がつけられたのだそうです。
フランス語のcoteは英語のcityと同じ。

警視庁や最高裁判所もこの中州にあります。
大阪の中之島のように、パリのシテ島もなかなかハイパーな中州です。

フランス旅行2
comments(0)
trackbacks(1)
ノートルダム大聖堂<パリ・レポート27>
3月うさぎ
120529_2004~01.JPG120529_2007~01.JPG120529_2008~01.JPG120529_2009~01.JPG
120529_2037~01.JPG

私が初めてパリの地を訪れたのは19才の時。

そして、その旅で見た風景の中で一番印象的だったシーンが、このシテのノートルダム大聖堂/Cathedrale notre-Dame de Parisに足を踏み入れた瞬間でした。
12月、クリスマス寸前の寺院の中には、無数のロウソクが灯されて 、無彩色の世界の中でそこだけが明るく暖かで・・・その荘厳な印象は今も脳裏に強く焼き付いています。

今回は、新緑の季節ということもあり、記憶の中のストイックなまで孤高な姿ではなく、
ずっと親しみ易い色彩豊かなノートルダムでした。

訪れた季節というものは、かくも印象を変えるものか・・とあらためて思いましたね。。

加えて、訪れた時の年齢も・・・大きいですよね。

ちなみに、ノートルダムとは、貴婦人中の貴婦人、つまり聖母マリアのこと。
1163ー1330年、約170年の時間をかけて建てられています。
受難の時期もありましたが、ビクトル・ユゴーの「ノートルダム・ド・パリ」でその価値が見直され、大修復され今に至るようです。
ユゴー様様(さまさま)ですね。




フランス旅行2
comments(0)
trackbacks(0)
サン・ルイ島<パリ・レポート28>
3月うさぎ
 120529_2039~01.JPG120529_2039~02.JPG

次はサン・ルイ島/ile St-Louisに渡ります。

セーヌ川は、ずっと水面近くを歩く歩道はありませんが、こんな風にところどころ川面に出るスロープや階段がついています。

サン・ルイ島は、古くから芸術家や哲学者に愛された島というだけあって落ち着いた雰囲気があって住宅地としての人気も高く、この島に住むことがある意味ステータスにもなっているとか。
中州というのもいいですよね。
セーヌに囲まれて暮らせるなんて。
フランス旅行2
comments(0)
trackbacks(0)
シャンデリア<パリ・レポート29>
3月うさぎ
120529_2100~01.JPG 

フランスでは、シャンデリアも特別な照明ではありません。

クラシックなモノ、ゴージャスなモノ、シンプルなモノ、そして、こんな感じのちょっと遊んだ感じのシャンデリアなど、ごくごく身近に、そして自然に多用されています。
フランス旅行2
comments(0)
trackbacks(0)
calendar :::: entry :::: comment :::: trackback :::: category :::: archive :::: link admin :: profile :: RSS1.0 :: Atom0.3 :: jugem