3月うさぎ

calender entry comment trackback category archive link
サヴォア邸(外観)<パリ・レポート40>
3月うさぎ
 120530_2338~01.JPG
120530_2339~02.JPG120530_2340~01.JPG

現在フランスの歴史遺産にも登録されているサヴォア邸。
けれど、この家がたどった歴史は決して幸運とは言えない。
サヴォアさんの週末住宅として設計を依頼され設計に3年、工事に3年の月日をかけてようやく完成したものの、その後一年間ひどい雨漏りに悩まされ続けとうとうサヴォア夫妻には見放されてしまう。
そして、戦争。
初めはドイツ軍に、その後連合軍の拠点として使われた事もある。
・・・生まれては来たものの苦難が続いたこの家が、今は世界中からこの家を見る人が集まり、建築関係者はこの家をテーマに論じ続けている。
そして、サヴォア邸は、誰にでも好まれる家ではない。(残念ながら建主にすら愛されたとは言えない。)けれどこの家が後に与えた影響は計り知れない。

・・・だからこそ、建築はかくも深い。

さてさて、サヴォア邸の外観。
ピロティによって、宙に浮いたように見える住宅には、入口はあるがはっきりとした顔がない。しかも一番裏側に見える角度からアポローチすることになる。
コルビジェは、この芝生の上にこの家をただ置きたかったのだ・・というようなことを言っている。
出来得る限り、あの当時の「家」の概念から外れて自由になりたかったのだろう。
たとえば、やはりキュビズムのピカソのように。





フランス旅行3
comments(0)
trackbacks(0)
サンドイッチ<パリ・レポート41>
3月うさぎ
120531_0103~01.JPG 

念願のサヴォア邸見学がようやく叶って・・・
ほどよい満足感と脱力感に浸りつつポワシーの駅に戻る。

そういえば、ちょっぴりお腹が空いていた・・ということに気がつく。
アパートに戻ってもめぼしいモノがあるでなし・・何か食べて帰ろうか・・と言ったものの
そんなにヘビーなものはちょっと・・・

こういう時、日本だと、お蕎麦とかうどんとかスパゲティとかカレーライスとか、チャチャッと食べられる軽食の類いがいくらでもあるが、フランスにはどうもそういうヴァリエーションが少ない。
フランス人が好むサンドイッチはたしかに美味しいけれど、できれば夜までは食べたくないという気持ちになってしまう。
クレープも流行ってるみたいだけど、やっぱりあれはあくまでおやつよね、って思っちゃうし。
だからって、レストランやビストロに入って3皿順に食べて・・となると、いくら美味しくても時間もコストもかかりすぎるし、毎日そんなこともやってられない。

イタリアンやアジア系に走れば軽めの食事もなくはないけど、もう少し軽めのフレンチ外食(せめてランチ程度の)もう少し本気で考えればいいのに!って、フランスにいる間ずっとそう思っていました。(まあ、これに関してはフランスに限らずだけど。。)

その意味では、ホント、日本ってスバラシイ。
スピードも、コストも、味も、種類も、選択肢がこれだけ幅がある国って他にある?って思う程。

写真は、ポワシー駅のカフェではやっぱりこの選択しかなくって・・(夕食の!)サンドイッチであります。
コーヒーは美味し過ぎておかわりしてしまった。
フレンチ・サンドイッチだって間違いなく常に美味しいのですが。。


フランス旅行3
comments(0)
trackbacks(0)
ラ・デファンス<パリ・レポート42>
3月うさぎ
120531_0251~01.JPG 

サヴォア邸見学で十分お腹いっぱいになって、しかも時刻はもう8時くらいにはなっていたいたし、小雨も降り出したりしていたけれど、
しかし、ここでおとなしく帰らないのが私たち。(常にしつこい。笑)

ポワシーからの帰り道にちょうどあるパリに出来た都市計画で作られた街ラ・デファンス地区/La Defenseに寄ってみることにする。

東京に例えると、新宿副都心といった感じかな。。
特別高層というわけではないけれど、古い建築物に埋め尽くされたパリ市内には珍しく新しいビルが立ち並ぶ新しい街。(・・・のはずだったけど、1989年竣工かぁ・・もう20年も経っていたのね、、)
新凱旋門ことグランド・アルシェが立っている場所です。



フランス旅行3
comments(0)
trackbacks(0)
グラン・アルシュ<パリ・レポート43>
3月うさぎ
120531_0210~01.JPG120531_0212~01.JPG120531_0215~01.JPG120531_0216~01.JPG120531_0217~01.JPG 

グラン・アルシュ/Grande Arche

ミッテラン大統領による「グラン・プロジェ」計画で整備されたパリの新都心ラ・デファンスのシンボル。新凱旋門。
近くに寄ると、めちゃめちゃデカイ。

実は、門の形をしたオフィスビル。
105×105mという立面の寸法は、ルーブル宮の方形中庭から採られたとか。

階段を上がったあたりをテラス・カフェにしたり、一階にショップを持って来たりしたいところだっただろうけれど、「門」の輪郭を崩さないようにぐっと堪えて何も設けなかったことを評価したい。(日本なら間違いなく、商売根性を押さえることができず、いろんなものくっつけてしまうに違いないと確信してしまった。。)
そういうものに甘えず、近寄って行きたくなる吸引力はちゃんと持っているところがエライ、って思った。

シースルーのエレベーターにはちょっと乗ってみたかったけれど、なぜか運転休止中でした。残念。
フランス旅行3
comments(0)
trackbacks(0)
グラン・アルシュの向こう側<パリ・レポート44>
3月うさぎ
 120531_0219~01.JPG120531_0220~01.JPG

グラン・アルシュ(正確な発音では、グランダルシュって感じかな。)は、
デファンス・ヘッド・プロジェクトの国際設計競技、つまりコンペでデンマーク人の設計士
ヨハン・オット・フォン・スプレッケルセンと設計技師ユリック・ライツェルが一席となり、この大プロジェクトの案を実現する機会を与えられた。
しかしながら、工事中2人の作業員が死亡するなどの事故もあり、スプレッケンセンは途中で指揮を止めている。

この門の正面の街の風景、裏側は田舎の風景が広がっている・・・というのが、当初の設定だったらしく、裏側にはかなりの面積の「森」が用意されている。

このガラスの板も演出かと思ったら、これは風よけなのだそう。
想像以上に風が強くて困ったものの、壁を作るわけにもいかない。苦肉の作がこれだったのだとか。

このヒョロンと首の長いお花みたいなのも誰かの作品らしい。
ビジネススーツに身を固めたビジネスマンが、この花?の間をすり抜けて行く人の様子は、ちょっとコミカルに見えたっけ。



フランス旅行3
comments(0)
trackbacks(0)
二つの凱旋門<パリ・レポート45>
3月うさぎ
 120531_0218~01.JPG

ルーブル宮からシャンゼリゼ大通りの延長線上にエトワールの凱旋門があり、さらにその先の延長線上にこの新凱旋門(グランド・アルシェ)がある。

判るかしら?
ちょうどビルの切れ間の真ん中辺りにポチッと小さく見えるのがエトワールの凱旋門。
(つまり、こういう風に見えるために、ビルの配置に気をつけたのだろう・・)

空が暗くなると、凱旋門に突き刺さる大通りだけが車のライトでキラキラと宝石みたいに輝いてとてもキレイ。
上から眺めると、パリの放射状の都市計画が見て取れて、感動するんだろうな。。


フランス旅行3
comments(0)
trackbacks(0)
メトロの駅<パリ・レポート46>
3月うさぎ
120531_0306~01.JPG 

パリのメトロは、駅ごとに、デザインが違う。

ロンドンもそうだったし、プラハもそうだった。
日本だって、ある程度はそうなんだけれど、
さすがにパリは、そのことを積極的に楽しんでいる。

壁面の素材、照明の種類、ベンチのデザイン、駅名のロゴの入れ方・・など、ギャラリーみたいに凝りに凝っているので、電車の待ち時間にキョロキョロそれを確認するのもなかなか楽しい。(駅によって出来、不出来はあるけれど。。)
ルーブル美術館の駅なんか、地下鉄の駅まで美術館仕様で驚かされた。

ところで、この写真も、メトロのどこかの駅。
そして、この白い額縁の中は実は広告。
でもでも、よく見ると、この駅の白いタイルの壁面と駅名ロゴに合わせて印刷されている。
・・つまり、この駅のこの場所でしか使えないたった一枚の広告。

よーやる。

気がつかなかったけれど、他の駅でも他の駅ヴァージョンがあったのかもしれない、、

まったく、大人の贅沢なお遊びだよね☆


フランス旅行3
comments(0)
trackbacks(0)
ギャラリー・ラファイエット<パリ・レポート47>
3月うさぎ
120531_2035~01.JPG120531_2036~01.JPG 

2012.5.31(Thu)

写真で、このギャラリーラファイエット/Galeries Lafayetteの天井を見て行ってみたくなった。(オペラ・ガルニエ地区)
これがデパートの天井とは!
ネオ・ビザンチン様式のステンドグラスのクーポール(円形天井)。

こーんなに美しい天井なのに、私以外見上げている人はいない。
ふ〜ん、みんなフツ〜だと思っているのね。。(まあ、パリっ子たちは見慣れてしまってるいるということでしょう)
下はたしかにフツ〜に化粧品売り場が並んでいます。

フランス旅行3
comments(0)
trackbacks(0)
コンコルド・オペラ・パリ<パリ・レポート48>
3月うさぎ
120531_1856~01.JPG 

予期せず、私のグローバル携帯(日本からレンタルした)の調子が悪くなってしまった、、

パリでの夫はたいてい午前中は大学で授業。午後からも引き続きという日と午後からはフリーという日両方があって、行ってみないとその日のスケジュールがよく判らないところもあって、本当は携帯で連絡取り合えるとよかったのだけれど、いきなりそれが出来なくなってしまった、、
この日は授業は午前中だけのはず・・の日。
仕方がないので、携帯電話がこの世になかった時代を思い出して、待ち合わせ場所を予め設定して、相手が来る迄待つ・・・という古典的な待ち合わせをするしかなくなった。
(ま、これ、意外と嫌いじゃないですけど・・)
で、一時間経っても来なければ、何か都合が悪くなったと判断してその場を去る・・という約束にしました。

勿論、待つのは時間のある私の方で、でもせっかく長い時間を過ごすのなら気持ちのいい空間の方がいいかな・・と思って豪華ホテル、コンコルド・オペラ・パリ/Concordo Opara Paris のロビーを指定した。
Oh!ゴージャス!!(このロビーは、歴史的重要文化財にも指定されています!)

ロビーの椅子も座り心地良くって、ここならいくらでも待ってあげる・・・と思い始めたところで、いきなり頭の上で「いてた!」という夫の声とは違う関西弁!!
夫よりも前に、日本から一緒に来ているK先生に声をかけられた。(ドキッ☆)
どうも、ル・ランシーの教会を観に行く!と言ったらボクも行く!という話になったということらしい。

・・・というわけで、サン・ラザール駅から、パリ郊外のル・ランシーへコルビジェの先生、オーギュスト・ペレが建てた教会を3人で観に行くことになりました〜



フランス旅行3
comments(0)
trackbacks(0)
ル・ランシーのノートルダム教会堂<パリ・レポート48>
3月うさぎ
120531_2231~01.JPG120531_2232~01.JPG 120531_2233~01.JPG120531_2235~01.JPG
120531_2301~01.JPG120531_2300~01.JPG

近代における鉄筋コンクリート造教会堂の雛形とされた建築と言われている
ル・ランシーの教会堂/Eglise Notre-Dame du Raincy
1923年に完成している。
ステンドグラスの色が、グラデーションで表現されており、室内にいると色ガラスを通って入ってきた鮮やかな光のシャワーを浴びているよう。。

K先生曰く、今回でル・ランシーを訪れるのは3回目とのこと。
1度目は、ル・ランシーでこの教会への道を聞いたら、もう一つのノートルダム教会を教えられて結局この教会にはたどり着けなかったそうだ。
2度目は、ようやくたどり着き、この教会の美しさに魅せられたとのこと。
そして、今回は3度目。何十年か振りの再会に「やっぱり落ち着くな〜」といたく感激の様子。

確かに、中世のゴシック教会にはない近しさ親しさがあるような気がする。
ル・ランシーはパリ近郊の町だが、これがもしパリ市内だったら、もっと観光客が数多く訪れる教会になっていただろう。

夫とK先生がいろいろこの教会の分析を始めた。
横で耳を傾けてみると、ふ〜ん、そういうところを見てるんだ・・と新鮮な思い。
二人のプロフェッサーアーキテクトの解釈を同時に私一人で聞けるのは(ある意味では)贅沢だったのかも。

話しは、弟子のコルビジェ論に移っていく。。

ザックリ言うと・・・
K先生は、コルビジェは子供なだけ、先生のオーギュスト・ペレは大人で理性的。
夫は、コルビジェは狂気が宿る天才。ペレはレベルの高い凡人。
・・・と評する。
この辺で造形スタンスがはっきりした模様。(笑)





フランス旅行3
comments(0)
trackbacks(0)
calendar :::: entry :::: comment :::: trackback :::: category :::: archive :::: link admin :: profile :: RSS1.0 :: Atom0.3 :: jugem