3月うさぎ

calender entry comment trackback category archive link
Hotel de la Cathedrale<ノルマンディ・レポート1>
3月うさぎ
 120603_0232~01.JPG120603_0231~01.JPG

ついに、本日の最後の訪問地(&宿泊地)ルーアン/Rouenに到着。
いつのまにかピカルディ地方からノルマンディ地方に入っています。

ルーアンは、セーヌ川の河川港としてローマ時代からの歴史を持ち、ノルマンディ公国の時代はここが首府だったとか。

一泊する宿は、大聖堂と聖マクルー教会をつなぐ細い小路にある小さな古いホテル。
大聖堂はもう目の前ということで、
その名もオテル・ドゥ・ラ・カテドラル/Hotel de la Cathedrale
17世紀の建物なのだそう。

部分的には改装もされているようだけど、骨格は古いままで、
床も壁もなんか水平が保ててないような、、、
それでも、パティオもあるし、何より素朴で昔の暮らしぶりが感じられて、
ここにしてよかった・・と思えました。
(そういうことを楽しめない人には不向きかもしれないけれど、、)


フランス旅行5
comments(2)
trackbacks(0)
客室@Hotel de la Cathedrale<ノルマンディ・レポート2>
3月うさぎ
120603_0205~03.JPG120603_0205~02.JPG120603_0209~01.JPG120603_0205~04.JPG120603_0209~02.JPG 

ルーアンのHotel de la Cathedraleの客室は、想像よりもエレガントな雰囲気でした。
ちょっと乙女チックな壁紙の模様もここでなら許せる感じ。
木組みの構造が隠さず見えているところが面白い。

しかし、日が沈むと、予想外の展開、、
この渋いロケーションなのに、外ではあちこちでストリートライブみたいなのをしていて、
音楽のヴォリュームと歓声でウソ〜☆と言いたい位のサタデーナイトフィーバー(←古っ)。
ヒエエエ〜〜これで眠れるかしら?と音に若干敏感な私は不安になったりもしたのですが、
疲れていたおかげでまったく問題なく眠れてしまいました。。

一体、何時頃まで騒いでいたのでしょう??


フランス旅行5
comments(0)
trackbacks(0)
夜の散歩1@ルーアン<ノルマンディ・レポート3>
3月うさぎ
120603_0233~01.JPG120603_0234~01.JPG120603_0234~02.JPG120603_0236~01.JPG120603_0237~01.JPG120603_0252~02.JPG120603_0253~02.JPG 

ホテルに荷物を置いてから、少し町を歩いてみました。
もう夜なんですが、この写真を見ている限りはそんな感じがしないですよね〜
この時期のヨーロッパは長い夕方が続く感じ。。



「町そのものが美術館」とも称される木組みの家が並ぶ旧市街。
フランスで最も木造住宅が保存されている町として有名なのだそうです。

確かに、フランスというと石造りのイメージが強いので、ここまで群になった町並みが見られるとは。。
木組みを埋める白壁は漆喰。

街路に張り出した大時計はルーアンのシンボル(針が一本!)になっていて、
内部は、「時」の博物館で、14世紀の時計のメカニズムなども紹介しています。





フランス旅行5
comments(0)
trackbacks(0)
献花<ノルマンディ・レポート4>
3月うさぎ
120603_0253~01.JPG120603_0252~03.JPG 

大聖堂や教会の多い信心深いルーアン。
献花も良く売れるのか店じまい前ともなるとほとんど売りつくされた様子。
フランス旅行5
comments(0)
trackbacks(0)
夜の散歩2<ノルマンディ・レポート5>
3月うさぎ
120603_0238~02.JPG120603_0241~01.JPG 120603_0241~02.JPG120603_0247~01.JPG

大聖堂に入れる時間はとうに過ぎているが、
一目見ておきたくて、サイドのサン・ロマン通り/rue St-Romain(泊まっているホテルがある通り)から外観を観てみる。

おぉぉ〜なんと壮麗な。。

創建は、1063年だとか。
それから何世紀にも渡って改修を繰り返しているので、複雑の極みになっている。

152mの尖塔(たぶん一番黒っぽいヤツ)が完成したのは、19世紀。


内に入るのが楽しみ!

フランス旅行5
comments(0)
trackbacks(0)
ジャンヌ・ダルク教会<ノルマンディ・レポート6>
3月うさぎ
120603_0312~02.JPG120603_0312~01.JPG120603_0313~01.JPG 

15世紀、英仏の百年戦争の最中突如聖ミカエルの啓示を受けたとして登場した救国の少女ジャンヌ・ダルク。
敗色濃かったフランスを奇跡的な勝利に導いたオルレアンの乙女は一時は女神のように崇めれられたにもかかわらず、様々な思惑に巻き込まれ最後は魔女として断罪され、1431年5月30日19才でここルーアンで火あぶりの刑に遭っている。

処刑場となった旧市場広場/Place du Vieux-Marcheには、現在ジェンヌ・ダルク教会/Eglise Ste-Jeanne d'Arcが建ち、今だにここ終焉の地を訪れジャンヌを偲ぶ参詣が絶えないという。

この日(6月2日)も生花が多かったのは、記念日の5月30日に近かったから記念祭のお花がまだキレイに残っていたのかもしれない。
女性の来訪者が多いように感じたのは気のせいか。。


フランス旅行5
comments(0)
trackbacks(0)
Bento<ノルマンディ・レポート7>
3月うさぎ
120603_0324~01.JPG120603_0336~01.JPG 

ジェンヌ・ダルク教会の近くでブラッスリー(食べて飲めるお店)で夕食をとりました。
景色を見ていたいので、あくまでもテラス席に拘ります。

例によって重たい夕食は無理そうだったので、サラダと、定食風のモノを頼んでみました。
このBentoが日本でいう弁当だと注文の時には気がついていなかったのですが、
持って来てくれた店員さんが私たちのおお〜☆という反応に(トレーにココット=小鍋が並んで意外な展開だったので)、「これ、日本の弁当って意味よ!わかる?」と教えてくれた。
よく見ると、たしかに「Bento du jar 18EUR」( jarは保温ジャーの意味かなぁ?)と書かれている!
まさか、ノルマンディの地で日本語に遭えるとは・・

なるほど!
一つのトレーの上にいろいろな品が乗っている・・・という解釈がフランス風Bento=弁当
だったわけですね!
しかも、鉄鍋の中には暖かいお料理が。。

夫は、もしかしたら、フランスに来てこれが一番美味しいと思った食事かも・・・
なぁんて言っている。

ハハハ、それはよかった☆



フランス旅行5
comments(0)
trackbacks(0)
朝食@Hotel de la Cathedrale<ノルマンディ・レポート8>
3月うさぎ
120603_1540~01.JPG120603_1553~01.JPG120603_1614~01.JPG120603_1553~02.JPG 120603_1605~02.JPG

翌日の朝食は、ノルマンディ様式のダイニングルームにて。。

暖炉があって、中庭も見えて・・・おうち風で温かなムード。
その上、アンティークっぽいカフェ・オ・レ・カップは、テーブルごとに違っていて、
それが更にアットホーム感増す効果になっている感じがする。

そして、パンもおかずも手作り感があってどれも美味しい♡

窓のタッセル(ふさ)付き日よけには、HCのマーク。
なるほど。Hotel de la Cathedrale・・・オリジナルってわけですね〜

明け方降っていた雨も、そろそろ止んできたみたい・・・

フランス旅行5
comments(0)
trackbacks(0)
猫の朝ごはん<ノルマンディ・レポート9>
3月うさぎ
120603_1604~01.JPG 120603_1605~01.JPG

人間の次は猫のご飯。。

朝食のダイニングルームでは英語を話す可愛い男の子が
まだ子猫っぽい三毛猫ちゃんにミルクをあげていました。
(関係ないけど、三毛猫って100%メスなんですってね。逆に言うと、染色体の成せる技なのでメスでしか毛の色3色にはならないんだって。知ってました?)
男の子の帽子もなんだかキュートですよね。

家に残して来たkiki(猫)と娘が小さかった頃を思い出してしまいました。。

このダイニングの中では、フランス語よりもむしろ英語ネーティブの人たちが多いように感じました。
さすがに、このあたりは地理的にも英国からちょこっと週末遊びに来易い位置だもんね。

ジェンヌ・ダルクの時代には、戦争していた国同士なのだけどね〜





フランス旅行5
comments(0)
trackbacks(0)
屋上からの眺め@Hotel de la Cathedrale<ノルマンディ・レポート10>
3月うさぎ
120603_1618~01.JPG120603_1618~02.JPG120603_1618~03.JPG120603_1618~04.JPG120603_1619~01.JPG120603_1621~01.JPG120603_1623~01.JPG 

夫は、自分が宿泊するホテルではたいてい屋上に出ようとします。
可能、不可能は別にして。

建築家というものはとにかく町を俯瞰で見るのが大好きな生き物。

積極的に見てもらってもいいよ〜(モロッコみたいに)ってところ以外は、
ほとんど屋上に出る階段は(誰かに見られるとは微塵も思っていない感じの)プライベートっぽくなっているものなんですが、
彼はそういうことにはまったく怯まない。
ほとんど怪しい人のように、屋上に出られるかどうか確認しようとする。
しかも一人で行けばいいのに、出られそうだとなぜかわざわざ呼びにもどって来てくれる。当然仲間だと思われているらしい。(笑)
あと、一人だと怪しまれるけど、二人なら緩和されるかも・・・っていう意図もあるのか。。

私はいいのぉ?こんなところ入っちゃって・・とついドキドキしてしまうのですが、確かに外に出てしまうとこれがなかなか楽しいんだよね。
屋上からの眺めってものすごく地域性があってロケーションが良く判ってなかなか面白いものなのです。
純粋に高いから気持ちがいいってこともあるしね。
(・・・で、結局いつもミイラ取りがミイラになってしまうというわけ)

まあ、そんなわけで、
これがそのドキドキを代償にめでたくgetした
Hotel de la Cathedraleの屋上からの眺め・・・。




フランス旅行5
comments(0)
trackbacks(0)
calendar :::: entry :::: comment :::: trackback :::: category :::: archive :::: link admin :: profile :: RSS1.0 :: Atom0.3 :: jugem