3月うさぎ

calender entry comment trackback category archive link
庭園@ノートルダム大聖堂<イル・ド・フランス・レポート4>
3月うさぎ
120605_0045~01.JPG120605_0030~01.JPG120605_0026~01.JPG 120605_0027~01.JPG

シャルトルのノートルダム大聖堂は、美しい庭園に囲まれている。
植栽の寄せ植えも多種に渡る植物も色が制御されていて清楚な雰囲気を崩さない。
このあたりの気の配り方、やはりフランスは違うな〜と、感心させられる。

大聖堂は高台にあるので、町は下方になだらかに広がって行く。
イル・ド・フランス、シャルトルの町の眺め。
フランス旅行7
comments(0)
trackbacks(0)
シャルトル<イル・ド・フランス・レポート5>
3月うさぎ
120605_0036~01.JPG 

シャルトル/Chartresは、大穀倉地帯ボース平野に延々と続く麦畑の中にたたずむ静かな町。
中世の時代から多くの巡礼者を集めて来た聖地でもある。

パリのモンパルナス駅から1時間ちょっとで来られるので、パリから日帰りでも十分訪れることができるようですよ。
ゴシックファンにはぜひおすすめしたい。

・・・そんなわけで、私たちも週末旅行最後の訪問地を後にこれからパリに戻ります。






フランス旅行7
comments(0)
trackbacks(0)
ドライブ@パリ<パリ・レポート67>
3月うさぎ
120605_0219~01.JPG120605_0220~01.JPG120605_0221~01.JPG120605_0222~01.JPG 

ふたたびパリに戻ってきました。

パリの南から入って、セーヌを越え、北駅まで走ります。

エッフェル塔が近づくにつれ、ふたたびテンションが上がります。


パリの外に出るとあらためて思う。
フランスはパリとパリ以外でできている・・ってよく言われるけれど、そのことの意味がよく解る。
やっぱりパリはとびきり特別な町。
フランス旅行7
comments(0)
trackbacks(0)
パリ北駅<パリ・レポート68>
3月うさぎ
120605_0306~01.JPG 

パリ北駅/Gare du Nord

ここで、レンタカーを返却します。

ヨーロッパ・カーのレンタルは、返却のチェックはありません。
駐車場の決められた階ならどこでも置いててくれたらいいから・・・って感じ。
返却時間も24時間OK。
まあ、保険には入ってるし、パスポートナンバーも控えてるからなんだろうけど、
ざっとしてると言えばざっとしてる。
ガソリンも初めに代金を支払っておけば、カラで返しても大丈夫!ってのが有り難い。
(最後にガソリンスタンド捜すのが案外面倒臭かったりするので)

オペルもよく走ってくれました。
お疲れさん。

パリ北駅というと、ついカトリーヌ・ドヌーブを思い出してしまう・・・
って古い?
フランス旅行7
comments(0)
trackbacks(0)
パティスリー<パリ・レポート69>
3月うさぎ
120605_1742~01.JPG120605_1742~02.JPG 

2012.6.5(Tue)


週末旅行から帰り着きました。
仮の住まいとはいえ、パリに自分たちのアパートがあるというのはなかなか気分がいいものです。
久しぶりに和食の朝食を作ったり、旅のあいだの洗濯物を片付けたりできるのも有り難い。


写真はご近所(サンジェルマン)で人気のパティスリー。

フルーツを一杯使ったタルト。
マカロンもこんな感じで手作り感が出ていて、
どれもこれも美味しそうです。
(お客さんの勢いを見ているとなんとなく判るものなのです!)

ここで日持ちしそうなきれいなお菓子(マジパン系の)をいくつか
お土産に購入しました。
ものすごく好評だったので、
しまった、もっとたくさん買っておくんだった(自分の分も)、、と多少後悔いたしました。笑
フランス旅行7
comments(0)
trackbacks(0)
カルティエ財団<パリ・レポート70>
3月うさぎ
120605_1900~01.JPG 120605_1903~01.JPG

カルティエ財団/Fondation Cartier

いつも新しい建築を提案し続けているフランスの建築家ジャン・ヌーベルの手によって手がけられたカルティエの文化事業を管轄する施設。
1階は、アート作品等の展示スペース、2階はミュージアム・ショップと事務所。

シャトーブリアンが植えた貴重な遺産レバノン杉を中央に残し、本体のガラスの建築を、更にガラスのスクリーンが覆い隠し、何が実で何が虚か解り難いような構成になっていてパリに新風を与えた建築。(この写真ではますます解り難いですね、、)
自然遺産の保存とハイテク建築を融合させた1994年の傑作。

この時やっていたプリミティブアートの美術展もとてもよかったです。
フランス旅行7
comments(0)
trackbacks(0)
カフェランチ<パリ・レポート71>
3月うさぎ
120605_2023~01.JPG 

この日は、夫は終日大学。
しかも、夜は大学内でパーティだとか。
日仏がこんな風に交流し合っているのはいいことですね、とプレスが来たり、大使館の人たちも出席したりするらしい。
他の先生方が私も一緒に、と誘ってくださったが、なんとなく気が張るので失礼させていただいた。
やけに気を遣ってもらうのはフランス人の感覚からすると、どうも日本から奥さん連れて来ていて、その奥さんを仕事とはいえ放ったらかし・・だと、そのうちプンプン怒り出すのではないか?というイメージからなんじゃないかな、と思う。
私としては放ったらかしはまったく問題ないし、むしろ自由な時間をいただけて有り難い・・くらいの感覚なんだけど。(しかも、パリですし。見たいものが枯渇することはまずないですからね〜)

そんなわけで、丸っぽ一日自由時間が出来たので、いそいそと市内の建築行脚に当てることにしました。この日は比較的新しい建物を押さえておこう、という主旨で廻ることに。


5月末のパリは夏のように暑かったのに、
週末旅行から帰り着いたパリは、ヒンヤリと肌寒い。
2、3ヶ月季節がバックしたようだ。

Tシャツだった人々も、いきなりジャケット着込んで
中にはマフラーまで巻いてる人もいるくらい。
(日本人にとっては、一度暖かくなったら、寒い日があってもここまで服装を顕著に戻したりするのってちょっと抵抗あるよね。カーディガンや長袖シャツでなんとかしのいでしまいそうな気がする。)

おまけに、この日は町を歩いていたらいきなりの強い雨。
かなり雨足が強いので、みんなカフェに駆け込んでいる。

私も、カフェで雨やどりがてら、お昼ご飯を食べることに。。
(まだ、歩き始めなのに〜)

この日の日替わり定食は、ラム・ステーキ。
上にフォアグラペイストみたいなものも乗っかっている。
やわらかくて美味しい。
でも、若干ヴォリュームありすぎ☆

フランス旅行7
comments(0)
trackbacks(0)
アラブ世界研究所<パリ・レポート72>
3月うさぎ
 120605_2117~01.JPG120605_2118~01.JPG120605_2204~01.JPG120605_2124~01.JPG120605_2157~01.JPG120605_2153~01.JPG

ここは、アラブ世界研究所/Institut du Monde Arabe
西側とアラブの文化交流を担う施設。

新しいたって、建ったのは1987年ですけどね。
カルティエ財団を作ったジェン・ヌーベルの出世作。
たぶん、コンペだったと思う。

電動の絞りを備えたアルミの外壁は、最高調節機能にアラブのボキュブラリー、アラベスク模様を巧みに取り入れている。

セーヌ川沿いに、こんなメタリックな建築が現れたのだから当時は相当話題になりましたが、卓越したアイデアの斬新さとまとめ方のうまさにみんな説得されてしまった感じ。



フランス旅行7
comments(0)
trackbacks(0)
Miss Dior<パリ・レポート73>
3月うさぎ
120605_2240~01.JPG 

街角でナタリー・ポートマンのMiss Diorの看板をよく見かけます。
「レオン」(あの時は子役)以来のナタリー・ポートマンのファンの夫は、街角のナタリーにニタついていました。

しかもナタリー・ポートマン張りの美女もフツ〜に何気に道を歩いているのが
さすがにパリ。
フランス旅行7
comments(0)
trackbacks(0)
パッサージュ<パリ・レポート74>
3月うさぎ
120605_2248~01.JPG120605_2249~01.JPG 

パリには、様々なパッサージュ/Passage(屋内商店街)があります。
突然雨が降り始めた時など飛び込むのに便利。

日常品、中近東の製品、アンティーク、高級品などお店の種類や製品にもそれぞれ特徴があります。

ここは、わりと普通の庶民向けの雑貨などを扱っているパッサージュでした。
フランス旅行7
comments(0)
trackbacks(0)
calendar :::: entry :::: comment :::: trackback :::: category :::: archive :::: link admin :: profile :: RSS1.0 :: Atom0.3 :: jugem