3月うさぎ

calender entry comment trackback category archive link
言葉の川@ケ・ブランリー美術館<パリ・レポート85>
3月うさぎ
120607_0008~01.JPG120606_2129~01.JPG120606_2129~02.JPG120606_2129~03.JPG120606_2131~01.JPG120606_2132~01.JPG 

建物に入ってから、展示室の入口まで少し歩かなくてはならないのですが、
そのあいだこの言葉の川/the RIVERがずっと誘導してくれます。
写真ではお伝えしにくいですが、まるで生物のような動き方をするので、
なんか不思議な感じ。

これがもし黒だったら「となりのトトロ」のまっくろくろすけみたいかも。
フランス旅行8
comments(0)
trackbacks(0)
コレクション@ケ・ブランリー美術館<パリ・レポート86>
3月うさぎ
120606_2250~01.JPG120606_2226~01.JPG120606_2142~01.JPG120606_2156~01.JPG

2012.6.6(Wed)

アフリカ、アジア、アメリカ、オセアニア・・
つまりヨーロッパ以外の民族にによる民芸品、美術品の作品群が展示されている。
コレクションは彫刻、装飾品、衣服、楽器など30万点におよぶという。

日本だと、民俗学博物館に入るような展示品たちだが、ケ・ブランリーではそれを美術品という視点でスポットを当てているのが新鮮。
展示や照明も凝っているので、なおさら一つ一つの作品のクオリティーの高さに見とれてしまう。カメラOKも有り難い。

裏話しとしては、その分類の仕方、境界の決め方などでいまだに議論が止まらないらしいが、
もうちょっと俯瞰の目で見ればいいのにな、と思う。どれも地球の財産なのだから。

今更、ルーブルでもオルセーでもポンピドーでもないパリッ子たちにとって、今注目の美術館と言えば、ケ・ブランリーなのかも。
フランス旅行8
comments(0)
trackbacks(0)
フランス国立図書館<パリ・レポート87>
3月うさぎ
120607_0116~01.JPG120607_0117~01.JPG120607_0120~01.JPG120607_0133~01.JPG 

ケ・ブランリー美術館は、パリ左岸の西。
同じ左岸をず〜〜っと、東に移動したところにあるフランス国立図書館/Bibliotheque National de la France

1994年、ミッテラン大統領のグラン・プロジェの一環で建設されました。

全世界から244点の応募があった設計競技で、このドミニク・ペローの提案が一等案に選ばれました。
本を垂直に開いて四つの角に立てたような配置で、そのL字のタワーが、地下に埋没した中庭(既存の緑)を四方から囲むようになっています。

中庭の眺めと自然採光に最適な閲覧室を低層部に置き、書庫と事務室を上の階に持ち上げた計画が画期的と評判を呼んだそうです。

私は、階段やL字タワーをつなぐ水平の面が木のデッキになっているのがいいと思いました。
椅子等がなくてもそこがそのまま腰をかけてお茶を飲んだり、友達と語らったり・・という広場代わりに使われていう感じが自然に見えたので。

しかも、このデッキの下が自然の森になっているとは、ちょっと想像がつかないでしょう?
フランス旅行8
comments(0)
trackbacks(0)
日本映画@フランス国立図書館<パリ・レポート88>
3月うさぎ
120607_0145~01.JPG120607_0134~01.JPG120607_0144~01.JPG120607_0138~01.JPG 

フランス国立図書館の内部です。

ここで、ナゼカ日本映画に関する本が展示されていました。
小津安次郎や黒澤明等の映画が並んでいました。
今や、北野武もこの並びなんですね。。
フランス旅行8
comments(0)
trackbacks(0)
パンテオン<パリ・レポート89>
3月うさぎ
120607_0333~01.JPG 

もともとは、サント・ジュヌヴィエーヴの聖堂として1755年に着工したが、
1792年の完成後は革命政権により偉人廟(パンテオン)/Pantheonとされたのだそう。

スフロによるもともとの設計は、円柱だけで巨大なドームを支えるという案だったらしいが、さすがに郷土不足ということで、設計変更になったとのこと。
ちょっと残念な気はするけど、でもたしかに無理そうだね f^^;
フランス旅行8
comments(0)
trackbacks(0)
傘<パリ・レポート90>
3月うさぎ
120608_2205~01.JPG 

2012.6.7(Thu)

一日中降る雨はないものの、
このところ一日に一回はパラつく。

上がって青空が見えたと思っても、
またザッと来ることもあるので油断できない。



初めてフランスに来た時、印象的だったことの一つが、
雨が降っても人々がまったく傘をささないことだった。

濡れて歩くにしてはちょっとキツクない?と思うような時ですら、
だ〜れも傘をささなくて・・・
これはさしたくないのか、あるいは傘を持っていないのか・・・
本当のところを知りたい!と思った程。

ま、乾燥の速度が日本とは違いますからね〜
すこしくらい濡れても、またたくあいだに乾くというあたりはたしかに違う。

むかしより少しはいるけど、相変わらずこの街にあまり傘は普及していないように思う。


とか言いつつ、傘は持っていたし、雨もたびたび降ったけど、
そういえば私もフランス滞在中一度も傘をささなかったかもしれない。。

本当にいよいよ困ったら、柱の蔭からこんなふうに赤い傘をすっとさしかけてもらえたら、
一番いいんだけどね。(赤じゃなくてもいいか・・)











フランス旅行8
comments(0)
trackbacks(0)
にゅうめん<パリ・レポート91>
3月うさぎ
120607_2315~01.JPG 

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、
、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、
、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

この日は朝から雨模様、、

昼頃になってようやく止んだ!と思って、
うっかり傘も持たず外出したら当然の大雨!!!

逃げ込む場所も見つからず、びしょ濡れになってしまったので、
一度アパートに戻って出直すことに。。

雨に濡れて、温かいスープものが食べたくなったので、自分でにゅうめん作ってみた。
(日本から素麺は持ってきていたので)
ただのにゅうめんが異様に美味しく思える。

温かい麺類を、いつでも食べられる環境でいたいよね、
って、この時すご〜く思った。

フランス旅行8
comments(0)
trackbacks(0)
オルセー美術館<パリ・レポート92>
3月うさぎ
120608_0128~01.JPG120608_0140~01.JPG120608_0140~02.JPG120608_0151~01.JPG120608_0206~01.JPG120608_0207~01.JPG 

どうも、お天気が不安定。

木曜日はせっかくオルセー美術館が夜までやっている日だし、
アパートからオルセーまでは歩いて5分とかからないので、屋根のある美術館でゆっくり過ごすことにしました。

オルセーは、過去に2度来たことがあると思うので(相当前だけど・・)、たぶん今回で3度目。
でも、今回はかなり大幅に美術館内の構成が変わっている気がする。
昔は1階が印象派だったけど、今は5階に大移動。
しかも、壁面の色を白っぽい色から黒っぽい色に作り替えたとかTVで紹介してたっけ。

久しぶりに観ると、いろいろと感想が変わっているものですね。
(だから、一度観ればもういいってもんじゃないよね。絵も映画も本も、そして町も。)
しかし、サスガに宝の山。
そして、何よりカンドーは美術館そのもの。
あのドーム空間の大きさ、豊かさ、そして窓からの眺望。
世に美術館多しと言えども、ここまでのクオリティーとスケールを兼ね備えたものはそうはないものね。。
(展示室は撮影させてもらえないけど、、)

オルセー駅だった頃から、美術館のような駅だと言われていた・・というのもうなずける。
オルセー駅になる前は、オルセー宮殿だったとか。(たしかにパリの一等地だもんね。)

オルセー美術館/Musee d'Orsay
フランス旅行8
comments(0)
trackbacks(0)
ゴミの収集車<パリ・レポート93>
3月うさぎ
120608_1819~01.JPG 

2012.9.8(Fri)

パリの町のゴミの収集車。

一番背の高いグレーのトラックがそれ。

で、わかるかな?
パリの収集車は、ゴミ箱(緑色の箱!)をひっかけてグーンと高い所まで持ち上げて自動で中のゴミを車の中に吐き出すシステム。(たしか、マドリッドもそうだった。ヨーロッパは多いのかな?)
なかなかダイナミックで見ていて楽しいのだけれど、なんか時間はかかってる、、

そんなわけで、後ろはどんどん渋滞して、叫んでるおじさんまで現れる。

う〜ん、、こりゃ〜なかなか大変、、、


フランス旅行8
comments(0)
trackbacks(0)
モンパルナス・タワー<パリ・レポート94>
3月うさぎ
120608_1841~01.JPG120608_1854~01.JPG 

モンパルナス・タワー/Tour Montparnasseと呼ばれているものの、
本当のところはただの59階建ての高層ビル。

なのに、なんであんなつまんないタワー(塔)を建てたんだ!などと避難されているらしい。
ちょっと可哀想な気もするけど、高層の建物を造るということは、タワーであってもなくても、いつも視覚に入るという意味では、もうちょっと慎重でなくてはならないということなのかもしれない。

昔、モンパルナスと言えば、芸術家たちが集う町で有名だったのに、モンパルナス再開発の波で一気にオフィス化され、1972年にこのビルも誕生している。

屋上階には外に出られるらしい。
ビルの見た目は平凡でも、たぶん眺めは平凡ではないと思われるので、上ってみるのも悪くはないかもしれない。
フランス旅行8
comments(0)
trackbacks(0)
calendar :::: entry :::: comment :::: trackback :::: category :::: archive :::: link admin :: profile :: RSS1.0 :: Atom0.3 :: jugem