3月うさぎ

calender entry comment trackback category archive link
浴室・寝室@コルビジェ・アパルトマン<パリ・レポート104>
3月うさぎ
120609_1815~01.JPG120609_1815~02.JPG120609_1831~01.JPG120609_1816~01.JPG120609_1816~03.JPG120609_1819~01.JPG 

120609_1817~01.JPG

さらに、浴室と寝室スペースに来ると、
彼の実験がこの自身が住むアパートでいろいろ行われていたことがよく判る。

まず、配置がバラバラ。
シャワーとバスタブは別々の場所にあるし、
なぜか変に背の高く脚が細すぎる妙なベッド(とても寝心地がいいとは思えない)、
扉に至っては、まるでアンネ・フランクの隠れ処のように、棚も一緒に開く具合になる。
そして、なんでまたここに机とイス??

奥さんが一緒に住んでいたのだとすると、かなり文句が出たのではないかと容易に推察出来る。(笑)
しかし、写真を見ると、それなりにこの部屋を使いこなしていた感じもあって、さすがに自邸の余裕かな・・とも。

このアトリエ+自邸を訪れて、
コルビジェはストイックに建築に向かうタイプでなく、豊かで楽しみながら設計していたことが良く解った・・というようなことを夫が言っていたけれど、私も同じ感想。
きっと、モノづくりが楽しくて楽しくて仕方がなかったんだろうな。。絵であれ、建築であれ。
「住宅は住む機械」
彼の有名な言葉を思い出す。。

天才なりのさまざまな試行錯誤が見て取れて、かなり参考になりました。

120609_1821~01.JPG120609_1820~02.JPG120609_1820~01.JPG
フランス旅行9
comments(0)
trackbacks(0)
キッチン&ダイニング+リビング@コルビジェ・アパルトマン<パリ・レポート105>
3月うさぎ
120609_1805~02.JPG120609_1805~03.JPG120609_1818~02.JPG120609_1814~01.JPG120609_1806~02.JPG
120609_1807~01.JPG



120609_1805~04.JPG120609_1806~03.JPG

120609_1818~01.JPG

特に広くもない。
いたってシンプルで簡素なイメージの台所と食堂と居間。
しかし、よく見ると、さまざまなトライアルがあることに気づく。
タイルのキッチン、ガラスブロック、色板ガラス・・・

写真を見ると、かつてはこの仕切り壁にコルビジェ自身の絵を飾っていたようだ。

将来あまりにも有名になるコルビジェチェアもそこに置かれていた。
フランス旅行9
comments(0)
trackbacks(0)
階段と屋上@コルビジェ・アパルトマン<パリ・レポート106>
3月うさぎ
120609_1827~01.JPG120609_1834~01.JPG120609_1809~02.JPG120609_1811~01.JPG 

最後に階段と屋上。

サヴォア邸の原型のような階段。
色の塗り分けの仕方がいかにもコルビジェらしい。

インテリアからの延長の屋上空間。
これも、やはりサヴォア邸の屋外空間を考える土台となっていることが見てとれる。


フランス旅行9
comments(0)
trackbacks(0)
マルシェ@16区<パリ・レポート107>
3月うさぎ
120609_1914~01.JPG120609_1914~02.JPG 

パリ16区の辺りは、治安も良く、いろいろ揃っていて住み易そうな場所。
週末だからかもしれないけれど青物のマルシェも出てました。

夫は、来年ももしパリにアパート借りるんなら(その可能性は低くはない!)この辺りでもいいかも?なぁんて言っている。

買ったばかりの甘酸っぱいラズベリーをつまみながら、建築散歩続行です!

フランス旅行9
comments(0)
trackbacks(0)
アールヌーボー<パリ・レポート108>
3月うさぎ
120609_1924~01.JPG120609_1925~01.JPG120609_1925~02.JPG120609_1925~03.JPG120609_1926~02.JPG120609_1927~01.JPG120609_1929~01.JPG 

パッシー地区でもう一つ注目すべきは、アールヌーボー建築が多いこと。

特にギマール/Guimardは当時売れっ子だった。
曲線を駆使した自由で官能的な形態は当時流行になり、特にこの地区では、ここもあそこも・・といった感じでアールヌーボーに塗り替えられていった。
フランス旅行9
comments(0)
trackbacks(0)
ラ・ロッシュ+ジャンヌレ邸<パリ・レポート109>
3月うさぎ
120609_1941~02.JPG 120609_1941~01.JPG120609_1942~01.JPG120609_1942~02.JPG

同じく16区のパッシー地区にあるラ・ロッシュ+ジャンヌレ邸/Villa La Roche-Leannrat。

ラ・ロッシュ氏とコルビジェの従兄弟ピエール・ジェンヌレ(時に仕事も一緒にしていた)のための2軒続きのL字型の家。

小路の行き止まりにあるが、この白いモダンな家が初めてここに建った時、ご近所の人たちはどんなふうに思ったんだろう。。

フランス旅行9
comments(0)
trackbacks(0)
ラ・ロッシュ+ジャンヌレ邸(内部)<パリ・レポート110>
3月うさぎ
 120609_2010~01.JPG120609_1948~01.JPG120609_1949~01.JPG120609_1949~02.JPG120609_1949~03.JPG120609_1953~01.JPG120609_1956~03.JPG



120609_2005~03.JPG120609_2005~01.JPG120609_2001~01.JPG120609_1955~02.JPG

ホールの吹き抜けとキャットウォークによる大きな四角い空間とピロティ上に張り出し湾曲カーブを描くスロープ(これはかなり急!)をもつギャラリー空間が、
上下に展開する「建築的プロムナード」をつくっているのが、この家の特徴。

靴の上から、ビニールカバーをつけて見学・・(コルビジェのアパルトマンより、管理が厳しそう,,)しかも、公開されているのは2棟のうち、ラ・ロッシュ邸の方だけ。

今は、現コルビジェ財団の本部が日常ここで仕事をしているようです。
フランス旅行9
comments(0)
trackbacks(0)
ディテール@ラ・ロッシュ+ジャンヌレ邸<パリ・レポート111>
3月うさぎ
120609_2005~02.JPG120609_2001~02.JPG120609_1956~02.JPG120609_1956~01.JPG 120609_1951~01.JPG120609_1952~01.JPG

その他、ディテールあれこれです。

ベルやスイッチのダンゴみたいな2つ重ね・・・
なんやらかわゆい。

居室に時折色が使っているのも、コルビジェらしい。

今でこそ見慣れたディテールも、当時の常識からすれば、
画期的(そぎおとし!)なものばかり。

とにかく、世界をシンプルに、かつ美しくするにはどうすればいいのか
・・・ここにはその解答がいくつもあります。
フランス旅行9
comments(0)
trackbacks(0)
巨人と小人<パリ・レポート112>
3月うさぎ
120610_0019~01.JPG120610_0022~01.JPG120610_0023~01.JPG 

ルーブルの北辺り。

ここの広場のあたりからバスが出ている・・はずなのだけれど、、、

と、キョロキョロ捜しているあいだに(バスのナンバーは判っていても、停留所探しに時々苦労する!)
いつのまにかこんな絵本から抜け出したような人たちが繰り出して来た・・・

むこうでは、おなじみのキャラなんだろうか・・・

子ども達も大喜び♪・・・と言うには、ちょっと近くで見ると怖めのヴィジュアル。
フランス旅行9
comments(0)
trackbacks(0)
サクレ・クール聖堂<パリ・レポート113>
3月うさぎ
120610_0119~01.JPG120610_0120~02.JPG120610_0204~01.JPG 
120610_0121~01.JPG

サクレ・クール聖堂/Baslique du Sacre-Coeur

オルセー美術館から、市内を一望した時、ずっと北の端にモンマルトルのサクレクール聖堂の姿がすごく格好よく見えたので(高い丘の上にあるので、すごく目立つのです!)、
滞在中にここを訪れたいと思っていました。

この寺院のような建築をビザンティン様式のロマネスクの教会というのだそうです。
リヴァイバルらしいですが・・・
モンマルトルはパリ石膏の産地でもあり、そのモンマルトルに白亜のドーム建築を!と構想されたらしく、幅45m、奥行70m、ドームの頂部までの高さはなんと80mもあるのだとか。
完成は、1876ー1919年と意外に新しい。
不仏戦争やパリ・コミューンの崩壊でがっくり来ていた市民を鼓舞するために建てられたという。

竣工直後はいろいろと批判されたらしいが、今ではすっかりパリの人気者!
(ただ、パリっ子たちに人気か、パリ観光客に人気かは定かではないけれど。。)









フランス旅行9
comments(0)
trackbacks(0)
calendar :::: entry :::: comment :::: trackback :::: category :::: archive :::: link admin :: profile :: RSS1.0 :: Atom0.3 :: jugem