3月うさぎ

calender entry comment trackback category archive link
星条旗<プロローグ>
3月うさぎ
120813_0537~01.JPG 

やれやれ・・

昨日、アメリカより無事帰り着きました。

ロサンゼルスに入って、サンディエゴ、ダラス、フォートワース、ピッツバーグ、フィラデルフィアと廻って、最後の訪問地はニューヨーク!
楽しくかつ刺激的な2週間でした。

西海岸→南部→東海岸の大陸大移動・・・
やはりアメリカ大陸はデカイ!!
そして、あまりにも多種多様なものが混じりすぎていて、とても一言では語り尽くせない。。
(・・というわけで、またアメリカ旅行のレポート始まります!)


額に入った星条旗/FlagsはMOMA(ニューヨーク近代美術館)に飾られていたジャスパー・ジョーンズ/Jasper Johnsのペインティング。

ただの星条旗ではない。
ジャスパー・ジョーンズの星条旗なのだ。
わかるかな?
アメリカ旅行1
comments(2)
trackbacks(0)
ルイス・カーン<プロローグ>
3月うさぎ
 120815_0943~01.JPG120815_0944~01.JPG

ルイス・カーン/Louis I.Kahn

夫がまだ、大学の助手時代、研究室で購入した大量のビデオを持ち帰ってきたことがありました。
それは世界の建築家シリーズ。
ル・コルビジェ、ミース・ファン・デル・ローエ、フランク・ロイド・ライト、リチャード・ロジャース、フィリップ・ジョンソン等全部で10巻以上はあったと思いますが、それらをひたすら端から観て行きました。
どれも皆良く編集されていて興味深かったですが、その中で一番私の心に残ったのがルイス・カーンでした。
感動したので何度も観ました。
特に、カーンが建てた住宅の中で、フィッシャー邸、エシュリック邸、それからソーク生物研究所、キンベル美術館は記憶に鮮明に留まり、いつか訪れたいという気持ちを強くしました。

勿論、夫は学生の頃からのカーンのファンですから、今回のアメリカ行きは長年の念願かなって・・というところでは一致しています。

Architecture comes from The Making of a Room.
建築は、部屋をつくることに始まる。
Louis Karn
アメリカ旅行1
comments(0)
trackbacks(0)
LAX<西海岸レポート1>
3月うさぎ
 120803_0938~01.JPG


ではでは、本編に入りま〜す!


私にとって4回目となるアメリカ大陸の旅。

1度目は、学生時代。ロッキーの大自然に憧れて友人と2人で初めてのアメリカ。
しかし個人旅行初めてにして、グレイハウンドバスで90日かけて北アメリカ大陸一周のバックパックの旅!・・・青春でした。

2度目は、イリノイでの短期ホームスティを真ん中に挟んで、またまたニューヨークからロサンゼルスまでグレイハウンドで別ルート横断の旅。
最後は金欠で一日一食でようやく西海岸まで持ちこたえたものの、ほとんど持ち金はそこで使い果たしていたというのに、ホームステイ先のダディのマウイ島コンドミニアム1週間のプレゼントにつられてついつい長逗留。最後は裏も表も判らないこげパンのようになってました。
この旅の間に、なんとかなる→なんとかするに徐々に心情が変わった気がします。
根性がついたというか、ズーズーしくなったというか、、

この2つの旅行のおかけで、私はとりあえず、アメリカで大地に足をつけた州は、29州になりました。(まあ、食事やトイレ休憩だけ・・みたいなのも入っていたと思うけど・・)
大陸は合計3横断したことになります。
これには、アメリカ人にもびっくりしてもらってました。
ま、基本的には、いかに長く直距離バスの座席に座り続けることに耐えるか・・というところが大なのだけれど。。

この2つの旅で、大地から上る太陽、大地に沈む太陽を見ているあいだに、私の中に目覚めていた何かが目を覚まし・・・、以後、モノを見るバロメーターが随分変わった気がします。

3回目は、結婚してから夫と一緒に訪れた建築三昧(やっぱりこの人と一緒だとどうしてもこうなる・・)の冬のNY旅行。
あの頃は、まだ子どもがいなかったっけ。

そして、そして、今回は4回目。
西に入って、南に寄って、東に抜けます!



2012.8.2.(Thu)

写真は、とりあえず、無事LAXに着きました(@ロサンゼルス国際空港/Los Angeles International Airport)の図。

これからレンタカーショップに寄って(この車はそのレンタカー屋さんまで連れて行ってくれるお迎え便)、まずは西海岸レンタカー旅行が始まります。
同行者は、いつものこの2人(夫+娘)。
そして、3つのトランク。

さてさて、どういう旅になりますか・・・






アメリカ旅行1
comments(0)
trackbacks(0)
Palihouse<西海岸・レポート2>
3月うさぎ
120804_0034~02.JPG120804_0026~01.JPG 

レンタカーを借りて・・・少しロサンゼルス市内ドライブした後、今晩はキッチン付きの部屋だから軽い夕食も買い込んでから、暗くなる前に宿に入る。
本当は少しは散歩でもしてみたいところだが、フライトの疲れもあるし、まぁ、おとなしく休息をとって明日からのスケジュールに備えることに。。

ここは、パリハウス/Palihouse
ホテルではなくて、レジデンス。
つまりこちらでは貸部屋タイプの宿をこう呼んでいるらしい。
(ピッツバーグでももう一度レジデンスに泊まりました。)

120804_0152~01.JPG120804_0152~02.JPG
120804_0226~01.JPG120804_0303~02.JPG120804_0302~02.JPG

名前のPaliはスペルは違うけど、parisを意識したんじゃないかな?って想像しちゃう位、インテリアには端々まで繊細なこだわりが。。

でも、ホテルじゃないので、なんとなく「みんなの居間だから自由に使ってね〜」的なリラックスした空気感が気分いい。

場所は、ウェスト・ハリウッド/West Hollywood。

アメリカ旅行1
comments(0)
trackbacks(0)
室内@Palihouse<西海岸レポート3>
3月うさぎ
120804_0132~02.JPG120803_1153~02.JPG120803_1152~02.JPG120803_1152~03.JPG120803_1152~01.JPG

部屋もなかなか広くって、ちょっと若めのお友達のお宅におじゃましているみたいな感じ。
食器、お鍋、キッチンペーパーまで・・・必要なものがひととおり丁寧に設えてあるので、自分ちの部屋のように過ごせるのが有り難い。

ウェルカム・ワインやウォーターが迎えてくれるあたりも感激!
もちろん、それも料金のうちなのだけれど、ま、気は心ってことで。。


120804_0129~01.JPG
アメリカ旅行1
comments(0)
trackbacks(0)
朝食@palihouse<西海岸レポート4>
3月うさぎ
120804_0026~02.JPG120804_0200~02.JPG120804_0200~01.JPG 

2012.8.3.(Fri)

Palihouseの気持ちのいい中庭で、朝食をいただきます。

三角のパイみたいなのは、実はドライフルーツ入りのスコーン。
パンもパリっとしていて(さすがpalihouse?)美味しい。

united航空の機内で飲んだコーヒーがあまりにアメリカン(うすい!)すぎてショックだったので、ここではエスプレッソを注文しました。
量は極端に少なくなっちゃうけど、でもシャキッとする苦み健在で、こうでなくちゃぁ!!って感じ。

空気もカラッと爽やかで、さすがCalifornia♪


アメリカ旅行1
comments(0)
trackbacks(0)
シンドラー・スタジオ・ハウス<西海岸レポート5>
3月うさぎ
120804_0432~02.JPG120804_0433~01.JPG120804_0434~02.JPG120804_0434~03.JPG120804_0434~05.JPG120804_0435~02.JPG120804_0444~01.JPG 

シンドラー・スタジオ・ハウス/Schindler Studio House

オーストリア出身の建築家シンドラーの自邸兼アトリエ。
2組の夫婦の住まいとして設計された。
コンクリートと木による構法や仕上げなどが革新的と評価される。
中庭側に取り外し可能な引き戸(布張り)をつけて戸外空間を生活に取り込み、屋上のスリーピング・ポーチを寝室にするなどカリフォルニアの快適な気候をふんだんに活かした設計を試みている。

これでも、ここはビバリーヒルズの一角です。

でも、家屋といい、庭の雰囲気といい、どう見ても日本ぽくないですか?

シンドラーは日本に来たことがあったらしく、日本の木造建築かかなりの影響を受けたらしいです。

その上、日本では必ず心配される冬の寒さや雨じまい、湿度、カビ、夏に悩ましい蚊・・・などの問題が、カリフォルニアではほとんどノープロブレム。
これは、もう羨ましいとしか言いようがない!

つまり、アメリカ西海岸には、日本以上に日本家屋(デザインではなくて、素材や手法!)が似合うってこと??


アメリカ旅行1
comments(0)
trackbacks(0)
パシフィック・デザイン・センター<西海岸レポート6>
3月うさぎ
120804_0559~01.JPG120804_0613~01.JPG120804_0604~01.JPG120804_0618~02.JPG120804_0557~01.JPG120804_0552~02.JPG

 パシフィック・デザイン・センター/Pacific Design Center
(1975ー)

ブルーの棟、グリーンの棟、レッドの棟・・・
鮮やかな色彩の外壁と造形の巨大なショールーム。
壁面の色の正体は、色付きガラスのカーテンウォール。

完成当時「青い鯨」とニックネームがついた161mのブルーの棟を皮切りに、グリーンの棟、
レッドの棟が増設された。(よくもこんな一等地にこれだけ土地が残っていたもの・・と感心しちゃうくらい)
中には、インテリア関係の家具、カーテン、キッチン用品、調度品、アート作品
・・・などのショールームが無数に入って様々な店舗がそれぞれの世界を演出している。
(これでもの経済的にも成り立っているのだとすると、
日本とはインテリアのマーケットの大きさがまったく違うということになるのだろうけど、
その品ぞろいに比してお客さんの数はまばらなようにも思う。。
(曜日、あるいは時間帯のせいかもしれないけれど・・)

今は、巨大な幾何学的な形のかたまりが3つゴン、ゴン、ゴン・・
いやがおうにも目立つLAの新しい風景。
アメリカ旅行1
comments(2)
trackbacks(0)
足形@チャイニーズ・シアター<西海岸レポート7>
3月うさぎ
120804_1148~01.JPG120804_1146~01.JPG
120804_1147~01.JPG120804_1144~01.JPG120804_1143~03.JPG120804_1143~02.JPG120804_1143~01.JPG120804_1141~02.JPG120804_1141~01.JPG 

前日から、ハリウッド辺りを何度か通っているものの、
あまりここがハリウッド!という気がしていない、、
やっぱり、ハリウッドと言えばここに行かないと、ね。

というわけで、グローマンズ・チャイニーズ・シアター/Grauman's Chinese Theatre

有名人たちの足形がいっぱい。
でも、反応する名前は、我が家だけでも三人三様。

私が、あっ、「アンソニー・クイーンだ♪ソフィア・ローレンだ♪」なんて喜んでても、娘は誰それ・・って感じだし、娘がキャッキャ言ってる人の名前はこちらがピンと来ない、、

世代の違いが、ハッキリする瞬間です。。(ハハハ、、)






アメリカ旅行1
comments(2)
trackbacks(0)
星形@チャイニーズ・シアター<西海岸レポート8>
3月うさぎ
120804_1149~01.JPG120804_1150~01.JPG

チャイニーズ・シアター前の歩道には、
スターの星形(☆と☆がカブりますね。)が並んでいます。
これもハリウッドのおなじみの一つですね。
アメリカ旅行1
comments(0)
trackbacks(0)
calendar :::: entry :::: comment :::: trackback :::: category :::: archive :::: link admin :: profile :: RSS1.0 :: Atom0.3 :: jugem