3月うさぎ

calender entry comment trackback category archive link
サンディエゴ動物園<西海岸レポート19>
3月うさぎ
 120805_0703~01.JPG120805_0704~01.JPG120805_0725~02.JPG120805_0801~01.JPG120805_0806~01.JPG120805_0817~01.JPG120805_0824~01.JPG120805_0826~01.JPG

サンディエゴのダウンタウンから北へ2km離れた小高い丘の上にある
サンディエゴ動物園/San Diego Zoo

約800種、4900頭もの動物を飼育している世界的規模のとっても人気のある動物園。

緑もふんだんで、動物の姿が自然に観察出来るように設計され工夫がこらされている大人も楽しめる動物園で、評判のわけがよく解りました。
すご〜く広かったけど、なんとか一通りは廻れたかな?

凪は、手づくりポップコーンを一人で買いに行く実践英会話にトライ!
無事getできたのはよかったけれど、アメリカのポップコーン1袋のサイズのデカさにびっくり!!(アメリカを舐めちゃいかんよ、って感じ、、、でも、こっちは空気が乾燥しているから、残り分を夜食に食べても湿気てなかった☆)
でもでも、できたてのポップコーン、おいしかったよね♪


市街から58km離れたサファリも評判がいいようで、
また次回があれば絶対に訪れてみたい場所。

アメリカ旅行2
comments(0)
trackbacks(0)
Hotel del Coronado<西海岸レポート20>
3月うさぎ
120805_1006~02.JPG120805_1008~01.JPG120805_1008~03.JPG120805_1019~01.JPG120805_1021~01.JPG120805_1024~01.JPG 

ホテル・デル・コロナド/Hotel del Coronado

設立は1888年。
海辺のリゾートホテルのさきがけ。

建築的には、クイーン・アン様式を主とした折衷様式の木造建築。
特に、格式のあるロビー周辺の松材の格子天井が見事。
399室の客室には当初より電気とガスを装備していたという徹底振りで、世界中の政治家やロイヤルファミリー、著名人らに愛されて来たホテル。
古き良き時代のアメリカを懐かしみながら、カクテルでも傾けてみたいところ。。

マリリン・モンローの映画「お熱いのがお好き」にも登場しているというから、
また観てみたい気もする。


アメリカ旅行2
comments(2)
trackbacks(0)
サンディエゴ市街<西海岸レポート21>
3月うさぎ
 120805_0936~01.JPG

サンディエゴ/San Diego

ホテル・デル・コロナドを出た後、夫の大学時代の先輩Tさん(当時はアイスホッケーの名キーパー。現在サンディエゴ在住)の車に乗せていただいて、サンディエゴの町を少しドライブしました。
もうちょっとゆっくり市内を歩く時間を確保するべきだったかな・・と後悔するほど、サンディエゴの町も車を止めて歩きたくなる場所があちこちに。。

私の古い古い記憶の中のサンディエゴとは相当違っているように感じました。
高いビルがいっぱい建ったこともありますが、何より街全体が随分キレイになったように感じます。

ここはもうメキシコもすぐ隣・・という位置関係ですので、住人も言語もスペイン語圏の色合いがぐっと増す。
そもそもサンディエゴという地名もスペイン語だしね。(それを言うと、サンフランシスコも、ロサンゼルスもなんだけど・・・)
昔訪れた時も、駅の構内放送まで、英語とスペイン語両方のアナウンスだったのには驚いたものでした。
そういう場所性もあってか、街にどこかエキゾチックでのびやかな空気が感じられて、LAなんかよりはストレスの度合いも低いのかな、という印象を持ちました。

Tさんも、お仕事が順調なこともあり、この地に永住を考えておられるようでした。
この気候の良さに慣れてしまうと・・・と言われるとなんか納得してしまいます。
ただ、一つ、一人娘さんが日本の大学に通うようになったのだけが、少し寂しそうなご様子でしたが。



アメリカ旅行2
comments(0)
trackbacks(0)
客室@Rancho Bernard inn<西海岸レポート22>
3月うさぎ
 
120805_1239~01.JPG120805_1239~02.JPG120805_1240~01.JPG

サンディエゴでの宿は、ランチョ・ベルナルド・イン/Rancho Bernard inn

市街からは、かなり離れて、かなりLA寄りに戻った感じの場所です。
周りには何もないだだっ広〜い場所です。
でも、翌日はLAとサンディエゴの間のオレンジ・カウンティという場所にある
ディズニー・リゾートに行く予定なので、少しでも近づいておけるのはむしろ好都合。

ランチョ・ベルナルドというのは、場所の名前。
すでにサンディエゴですらないようです。
到着の時にはもう真っ暗でよく見渡せませんでしたが、
このホテルの敷地だけでも相当に広そう・・・

客室は、コテージ風。
とにかく広くて、照明抑えめなので、ちゃんと考えながら歩かないと迷子になりそうな程。
でも、なかなか雰囲気良し。

チェック・インした後、荷物を運んでくれたホテルマンさんから「どうしてこのホテルへ?」
と聞かれました。えっ?どうしてって??
その質問ではっとしたのですが、フロントでもメンバーカードは持っているか?というようなことを
聞かれたし・・・どうやら、ここは基本的にはゴルフの会員さんが使う宿
(このホテル専用のゴルフ場もあるようなので)だったのかもしれません。
たしかに、普通の外国人観光客は町中からこんなに離れた何もないところに家族連れで
やってきませんものね〜
そう思ったので、ついさっきまで一緒だった先輩Tさんの顔が浮かんで
「サンディエゴに住んでる夫の友人がいいホテルだよと教えてくれたから」と口からでまかせを言うと、
「な〜るほど、そういうことか〜」と妙に納得されてしまいました。
だって、このホテルに決めた明確な理由、スッと思い浮かばなかったんだもん、、(^^;)

下は、翌朝撮った写真。↓

120805_2258~01.JPG120805_2258~02.JPG








アメリカ旅行2
comments(0)
trackbacks(0)
夕食@Rancho Bernardo inn<西海岸レポート23>
3月うさぎ
120805_1314~01.JPG120805_1315~01.JPG120805_1333~01.JPG120805_1333~02.JPG120805_1333~03.JPG 

ホテルの食事はいつも朝食ばかりで、夕食はどうしても堅苦しいし値段が張るしで、どちらかというと普段は敬遠しているのですが、なんと言っても、ここはかなり辺鄙な場所。
近くに食べに出るところがあるって感じでもなかったので、肝を決めてホテルの屋外レストランへ。

サンディエゴの夜は、昼間そこそこ暑くても、夜になるとぐっと冷えました。
レストランでは暖炉に火がくべられて、ヒーターまでつけてました。

照明が暗くて、アンダーすぎる写真で申し訳ないですが、
ミックスサラダとフィトチーネとシーバスのグリル。
これらがもう驚く程美味しくてびっくり!
結果として、この旅行の全ての食事を思い出しても、
この日のこの夕食が一番美味しかったのではないかと思う程。。
アメリカもやるときゃやるじゃん!と見直すくらいどれもいい感じの味付けでした。

長かった一日(そう言えば、朝目覚めた時はロサンゼルスだった・・)も雰囲気のいいレストランの美味しい料理で締め括れると、なんだかいい具合に疲れが抜けていくものです。。





アメリカ旅行2
comments(0)
trackbacks(0)
朝食@Rancho Bernardo inn<西海岸レポート24>
3月うさぎ
120805_2304~02.JPG120805_2307~01.JPG120805_2307~02.JPG 

2012.8.5(Sun)

夜中に雨が降ったようで、屋外の朝食というわけにはいきませんでしたが、
コンチネンタルとはちょっと違う具沢山のオムレツや焼きトマトの朝食が待っていてくれました。

アメリカのホテルは、普通に1皿メニューから選ぶタイプのものとビュッフェタイプのものと2種類から選ぶように言われることが多いです。
量的には1皿(たいていは卵料理+ベーコン+ポテト位)で十分かな・・と思うもあるのですが、うちの家族は全員果物好きなので、
果物をた〜んと食べるためにはやっぱりビュッフェを選ぶことになってしまいます。
(みんな、恥ずかしいくらい山盛りに盛って席に戻ります、、)
特に、ベリー類が大好きな私は、こんな風にベリーが2種類もあると、それだけで上機嫌に。。

このホテルの敷地はハンパなく広く、いろんな設備が備わっています。
家族で一白泊まりで来たら、パパはゴルフに、ママはエステに、ボクはプールに、赤ちゃんは託児所に?・・・なんてことも可能そうです。↓

120805_2343~01.JPG120805_2350~01.JPG120806_0001~01.JPG



アメリカ旅行2
comments(0)
trackbacks(0)
ガラスのカテドラル<西海岸レポート25>
3月うさぎ
120806_0217~01.JPG120806_0224~01.JPG 

サンディエゴとロサンゼルスの間にある(LA寄りだけど)オレンジカウンティのディズニーランドの近くにあるガラスのカテドラル/ Garden Grove Community Church(Crystal Cathedral)

長さ126m、高さ39m、2890席の巨大なガラスの教会。

教会建築(=神が居る場所?)としてはちょっと現世感が強すぎ・・な感想も持ったが、これだけの空間を持たせた構造トラスはなかなか圧巻。
でも、アメリカの教会はもっと地域のコミュニティ活動の拠点的意味合いが強いんだろうな。

この日も中では、「New Hope」と呼ばれる若き政治家らしき男性が、今、ワタシタチハ何ヲスルベキカ?というようなちょっと大袈裟なジェスチャー付きで熱弁していました。

秋の大統領選と関係あり??




アメリカ旅行2
comments(0)
trackbacks(0)
ディズニーランド・リゾート<西海岸レポート26>
3月うさぎ
 120806_0328~01.JPG120806_0330~01.JPG120806_0442~01.JPG120806_0545~01.JPG120806_0555~01.JPG120806_0617~01.JPG120806_0617~02.JPG120806_0631~01.JPG120806_0849~01.JPG

たまには、お子様サービスということで、
ディズニーランドにも行って来ました。

よく考えてみると、
凪がお父さんと一緒に遊園地へ行くのは、今回が初めて!
もしかしたら、動物園もそうだったかも・・。
・・ということで、ある意味記念すべき一日ということになります。


オレンジカウンティにあるアナハイム市の
ディズニーランド・リゾート/Disneyland Resortは、
本家本元のディズニーランドとそれに隣接するディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー・ワールド、それからホテルやショッピングゾーンがあるダウンタウンから成る。
東京ディズニーランドも年中大賑わいだけれど、こちらも同じ状態らしい。
異様に広い駐車場の広さだけで、まず驚かされる。
しかも、ほとんど何も調べて来なかった私たち、駐車場の入口で「ダウンタウンディズニーonly?orディズニーランドtoo?と聞かれる。
夫が、その違いが解らない!(調べてなさすぎ!)と応えると、係員さんが「ショッピング?or ミッキー?」と聞き直した。夫が、それに対して「ミッキー!」と応えたのがなにやら笑えました。
どうやら、ショッピングだけとランドに入るのとでは、パーキングの場所が違うらしい。(もしかしたらショッピングだけなら無料とかいうことだったのかもしれない)

入場ゲートでも、ディズニーランドとディズニーカリフォルニアそれぞれのチケットと、その両方を行き来できるチケットが売っていて、たった半日で両方は無理だというのは解るけど、どっちに行くべきか?判断しあぐねているうちに順番が来てしまって、無難にディズニランドの方を選んでしまった。
もちろん、ディズニーランドは楽しかったけれど、ではカリフォルニアの方はどうだったか?も今だに気にかかるところ。。

開拓時代のアメリカの様子が再現されたナッツベリーファーム/Knott's Berry Farm
=その昔ナッツおばさんのレストランが有名でいつも列ができるから待っているあいだに遊んでてね!ってところから出来た遊園地(トリ料理が美味でした〜!←随分昔の情報)や、
アトラクションの面白さでは随一のマジックマウンテン/Majic Mountain(わざわざ木造ジェットコースターのコロッサスに乗りに行ったことあったっけ)、そして、ご存知ユニバーサルスタジオ/Universal Studioなど、ロサンゼルスにはアミューズメントスペースがいっぱい!
ホントは、私としては、ディズニーランドなら日本にもあるから、今回もナッツベリーファームに行こうか!と娘と話していたのだけれど、サンディエゴの帰りに行く・・というスケジュールから最終的には立地的(距離的)に無理のないディズニーランドを選んだのでした〜

アメリカも不況、不況と言いながら、100ドル近いチケット買ってこんなにたくさんの人が連日遊園地に訪れてるんだから、なんかよく解らないところもある。

でも、ま、ひととき夢を見させてもらえる場所でもあるってことなのでしょうね☆ミ










アメリカ旅行2
comments(0)
trackbacks(0)
シボレー<西海岸レポート27>
3月うさぎ
120806_1147~01.JPG 

西海岸でお世話になったシボレー/Chevrolet

つい最近まで乗っていた私の自転車がシボレー製だったので、
この十字のマークにはなんとなく親しみを感じる。

アメリカ車なのに、スペルを見るとフランス語っぽいよね。。
アメリカ旅行2
comments(0)
trackbacks(0)
Petit Ermitage<西海岸レポート28>
3月うさぎ
120806_1340~02.JPG120806_1340~04.JPG120806_1340~01.JPG

再びロサンゼルスに戻ってきました。

ここは、一日目の宿、ウェスト・ハリウッドのPalihouseのすぐそばのプティ・エルミタージュ/Petit Ermitageに泊まります。

フランスの旅籠風と紹介されていましたが、なるほど。
ここは完全にヨーロッパの空気感。
落ち着いたセンスの客室には、お酒も相当数用意されていて、昼間のディズニーランドがもう遠い昔みたい・・(笑)

小さいエルミタージュ(美術館)と名付けただけあって、ホテルの中には絵がいっぱい☆

120806_1403~02.JPG120806_1404~01.JPG

アメリカ旅行2
comments(0)
trackbacks(0)
calendar :::: entry :::: comment :::: trackback :::: category :::: archive :::: link admin :: profile :: RSS1.0 :: Atom0.3 :: jugem