3月うさぎ

calender entry comment trackback category archive link
標識<南部レポート4>
3月うさぎ
120808_0052~01.JPG 

アメリカの道路。
車線も多くて決して走り難いわけではないけれど、
標識に関しては結構手こずりました。

そもそも、アメリカで地図が手に入り難い・・とはまったく思っていなくて、
これだけ車社会なんだから本屋やドライブインで簡単にgetできると想像していたら、
アメリカは広すぎて、地図よりもカーナビメインの世界に入ってしまっているらしい。

なのに、意地になって地図も手に入れてないのに、カーナビつけず(どうもカーナビなんんかに指示されたくないっていう意地があるようで、、)にハイウェイに乗ってしまったら、いきなりグルグル廻らされて・・・ピンチ!

ヨーロッパは、大きくどこの都市に向いて走っているかサインが出るのだけれど、アメリカはそういうところが不親切で、近くの街の名前ばかり出て、それが正しい方向なのかどうかよそ者にはなかなか見分けがつかない。
ダラス→フォートワースなんていう主要なルートだから判らないわけないだろう・・とタカをくくっていたのがマズかった。

一応、レンタカーショップで道は確認したはずなのに、教えてもらった道になかなか乗れなくて、右往左往、、、

結局、もう一度最初に戻ってやり直し。
今度はうまく行ってホッ☆


次回、車を借りる時はやっぱり素直にカーナビ借りよう!!


アメリカ旅行3
comments(0)
trackbacks(0)
キンベル美術館<南部レポート5>
3月うさぎ
 120808_0116~01.JPG120808_0121~01.JPG120808_0122~01.JPG120808_0123~01.JPG120808_0123~02.JPG

フォートワース、カルチュラルディストリクト(文化ゾーン)に位置する
キンベル美術館/Kimbell Art Museum



私たちの今回の「ルイス・カーンを巡る旅」2つ目の山、アメリカ建築の最高峰との呼び声高いキンベル美術館です。
これがどうしても観たくて、暑い夏のテキサスまでやってきました。

手持ちの建築ガイドブックにも、こんな風に紹介されています。↓

「名建築としてゆるぎない評価をうける美術館。
連続するヴォールト状の屋根中央のトップライトから入る
控えめな光が柔らかな展示空間を生み出し、コンクリートとトラヴァーチンの壁面を穏やかに照らす。古典的な威厳と近代の軽やかさを併せ持つカーンの建築の真骨頂」


うん。
でも、やっぱり来てよかった〜
アメリカ南部の焼け付くような陽光を受け止めて、また受け止めた光を反射させ、部屋いっぱいに拡散させる・・・まるでマジックのような光のコントロール。
カーンがこだわったこの天井の装置のおかげで、キンベル美術館の中では、昼間は照明をつけなくてもちょうどいい明るさが行き渡り、(写真ではクールすぎるように見えるかもしれませんが)それはあくまで柔らかく優しく人や作品を包んでくれる。
出来過ぎ。しかし、大袈裟にすごいだろ!ってこれ見よがしじゃないところがまた彼らしい。

ただ、一つ残念だったのが、本来の美術館へのアプローチ部分が、只今工事中!
池をたたえたり、噴水があったり・・本来なら重要な外部の憩いの場がずべて工事中で立ち入らせてもらえなかったのが痛かった、、
増築の話しも出ているようだけど、あまり無理なことはしてほしくない!と切に祈る。




世界各国から収集された収蔵品は古代から20世紀までと幅広い。↓


120808_0248~01.JPG120808_0128~02.JPG120808_0127~01.JPG



アメリカ旅行3
comments(0)
trackbacks(0)
昼食@キンベル美術館<南部レポート6>
3月うさぎ
120808_0148~01.JPG120808_0153~01.JPG

2012.8.7(Tue)

この日は、朝食をちょっとガマンして、美術館のビュッフェでブランチしよう!ということになりました。

日本では、美術館のレストランやカフェの方が高めで冴えないことの方が多いような気がするのですが、アメリカの美術館はたいてい外よりも美味しくてお得な食事にありつける確率が高い気がします。←あくまでも私の経験値。
キンベル美術館も、私の定説からそれることなく、美味しくて満足のいく食事にありつくことができました。(見よ!このヴォリューム!!)
飲み物も飲み放題。
カーンの建築の中で幸せな昼食。。

娘は、これまでミネステローネってあんまり得意じゃなかったのに、ここで食べたミネステローネがよほど美味しかったらしく、以後、ミネステローネ好きに変わってしまったほどです。

南部フォートワースは、本当に暑くて外出さえ控えたいくらいでしょうに、キンベル美術館には結構来客者で賑わっていました。
これは、カーン人気か、あるいはミュージアムコレクションの人気か、どちらかはよく判らなかったなあ・・・
ここではハリウッドやディズニーランドでは会えないような種類の人たちに出逢えます。

そうそう。美術館の入場料は無料なのですよ。
心がけいいですよね。
近所なら、レストランだけ利用っていうのも十分ありかも。

アメリカ旅行3
comments(0)
trackbacks(0)
Richard Serra<南部レポート7>
3月うさぎ
120808_0316~01.JPG120808_0317~01.JPG 

近代美術館の手前にリチャード・セラ/Richard Serraの作品がありました。

錆びた鉄の作品で有名なセラ。
いつもはそり立つ壁面のような作品が多いけれど、今回は珍しく筒状になっています。

デビューの頃は、これは汚物か芸術か・・論争が起きたものでしたが、
いつのまにかコンテンポラリー・アートの第一人者の一人になっています。
継続は力なり。

アメリカ旅行3
comments(0)
trackbacks(0)
フォートワース現代美術館<南部レポート8>
3月うさぎ
120808_0332~01.JPG120808_0334~01.JPG 120808_0408~01.JPG

フォートワース近代美術館/Modern Art Museum of Fort Worth

日本の建築家安藤忠雄がコンペで勝ち取って改装工事を任されたフォートワースで一番古い美術館。
強い日差しの南部の町フォートワースを意識して、大きな水面を設計に取り入れている。

構造のYの字の柱が、そのままこの美術館のシンボルマークとして使われていた。

120808_0410~01.JPG120808_0335~01.JPG


アメリカ旅行3
comments(0)
trackbacks(0)
Book with Wings@フォートワース近代美術館<南部レポート9>
3月うさぎ
120808_0327~01.JPG 
120808_0324~01.JPG120808_0325~01.JPG

"Book with Wings"
Arseim Klefer


翼の作品は、幅5〜6mはありました。
ドイツの作家アルゼルム・キーファーの作品はいつも哀しいメタファー(隠喩)に満ちています。

アメリカ旅行3
comments(0)
trackbacks(0)
Ladder for Booker@フォートワース近代美術館<南部レポート10>
3月うさぎ
120808_0338~02.JPG 

"Ladder for Booker T Washington"
Martin Puryear

マーティン・パーイヤーという作家は知りませんでしたが、
この作品はとても素敵でした。
天まで届くかと思う程の長い長い梯子。
このうねり具合が素敵です。
Ladder for Booker→予約者のための梯子?
天国への順番待ちってこと?

キーファーの翼とこの梯子の作品のポストカードを自分用のお土産に購入しました。




モデルさんを使って撮影もしていました。
意外なほど明るいカメラマンさんでした。笑

120808_0339~01.JPG120808_0413~01.JPG120808_0416~01.JPG
アメリカ旅行3
comments(0)
trackbacks(0)
フォートワース<南部レポート11>
3月うさぎ
120808_0540~01.JPG120808_0541~01.JPG

フォートワース/Fort Worth

フォートワースには、まだ西部劇に出て来るようなアメリカがまだ残っている・・・とガイドブックに出ていたので、そういう雰囲気を味わってみたい気もしたけれど、
なんと言っても、この季節の南部、、ちょっと街歩きを楽しめる感じではない。
風が吹いても熱風って感じで、外にいるだけでひからびてしまいそう、、
悔しいけれど、車の中からだけの市内観光でガマンします。

西海岸ではどこでも冷房効かせ過ぎじゃないの??って思ってたけど、
南部に来ると、もし大停電とかになってエアコンが使えなくなったら、相当数の人が暑さで死んでしまうんじゃないかと心配してしまうほど、逆にエアコンが有り難い存在に思えてくる。
ほとんど砂漠の上の街だものね。
これ以上地球温暖化が進むと、こういう今でもmaxな都市は、ホント、死活問題になっちゃいそう、、

一応いまのところ9月になると、少しはマシになるという話しだったけど、、、

もう、8月は暑さ以外のレポートできませ〜ん!!

・・・あ、それでも、美術館は素晴らしかったけど、ね。




アメリカ旅行3
comments(0)
trackbacks(0)
ダラス<南部レポート12>
3月うさぎ
120808_0618~01.JPG120809_0844~03.JPG120808_0627~01.JPG

ダラス/Dallas

フォートワースから再び、ホテルのあるダラス市街に戻ってきました。

ダラスと言えば、「ダラスの熱い日」。
1963年11月22日のJ・F・ケネディの暗殺を思い浮かべる人が多いでしょうね。
その辺りも車で通りました。
Elm Streetはあまりにも有名になってしまいましたね。

たった二日後、犯人とされたオズワルドも護送中に殺され、
その後次々に目撃者や関係者が謎の死を遂げているとのこと。
そしていまだに真相は闇の中。
誰が考えても、大きな力が動いたことは間違いないでしょうね、、
当時はまだ冷戦の最中、キューバ危機や国内にも火種がいろいろあったから、
暗殺には諸説飛び交っていたようですね。
幸か不幸か、ダラスの名前もこの事件で一躍世界中に知られることになったわけですが。。

最後に空港まで乗ったタクシーの運転手さんからもこの話しが出ました。
今や、暗殺現場は観光名所と言ってもいいのかも。
夫が運転手さんに「ダラスは好きか?」なんて聞かれてました。
夫は、苦笑いで「ちょっと暑すぎるかな〜」なんて言ってましたけど。
運転手さんの弁によると、今、オイルやガスがいっぱい採れるから、
ダラスの住人はなんと税金がタダなのだそうです!
なるほど。これは大きいよね。
この季節、ダラスを訪れている外国人は、たぶんみんなビジネスなんだろうな〜、、









アメリカ旅行3
comments(0)
trackbacks(0)
PNC PARK<東海岸レポート1>
3月うさぎ
120809_0841~01.JPG120809_0843~01.JPG 

2012.8.8(Wed)

ダラス14:00発のアメリカン航空で、ペンシルベニア州のピッツバーグ/Pittsburghへ。
今度の時差は1時間・・・かな?

ロサンゼルス→ダラスのヴァージン・アメリカンは、機内デザインもサービスも若々しい感覚でシャレていたので、アメリカン航空がやぼったく見えるとうちの家族にも不評でした。ま、どの機体に当るかもあるのですけどね。
それにしても、アメリカの客室乗務員は容姿端麗どころか、化粧っ気すらないおばさん(おじさんもいる)ばかりなのには驚くばかり。
容姿はともかくとしても、もうちっとはソフトなエレガントなサービスであってほしいところだけど、そういう社員教育はまったくなされていないようで、、
それからすると、日本の航空会社は評判いいだろうな・・ってあらためて思う。

スーツケースを引き上げて、空港で予約していたレンタカーを引き上げて、市内に入った時にはもう空が少し暗くなりかけていました。

アレゲニー川に差し掛かったところで、川向こうに今まさにナイターの試合中の球場が見えました。PNC PARK!(MLBピッツバーグ・パイレーツのホームグラウンド)
普通の球場は、閉じた円形で外から客席は見えないものですが、ピッツバーグの球場珍しく川の向こう岸からこんな風に見られることを意識したような設計になっています。
なかなか新鮮なシーンでした。

そういえば、まだ学生時代イリノイでホームステイさせてもらった時、ロサンゼルスドジャースと、シカゴカブスの試合に連れて行ってもらったことがあります。
シカゴカブスは負けてばかりの弱いチームだったのだけど、その日はホームグラウンドで、当時の最強チームドジャースに勝って、球場中が狂喜乱舞!!もの凄く盛り上がって感動したのを思い出します。なつかしい。。

普段、私は野球はどうでもいい(スミマセン、、)人種なのだけれど、こうやってグラウンドで直接見ると、熱くなるのもよく解りました。

ダラスで乗ったタクシーの運転手さんは、今、ダラスはダルビッシュがえらい人気なんだよ!と教えてくれました。
皆、ダルビッシュのゼッケンのユニフォーム来て、ダルビッシュ!ダルビッシュ!って応援してるんだ!昨日も大活躍だったよ!って。その運転手さん自体、すごいファンみたいで興奮しながら話してくれました。(ダルビッシュ本人に聞かせてあげたかったくらい☆)

アメリカは、オリンピック中にも関わらず、野球とアメフトには皆熱狂しているみたいだったな〜





アメリカ旅行3
comments(0)
trackbacks(0)
calendar :::: entry :::: comment :::: trackback :::: category :::: archive :::: link admin :: profile :: RSS1.0 :: Atom0.3 :: jugem