3月うさぎ

calender entry comment trackback category archive link
FOOT REFLEXOLOGY<東海岸レポート32>
3月うさぎ
120811_0743~01.JPG 

ネイルアートの次なるは、FOOT REFLEXOLOGY!

この絵、とても判り易いですよね。
どのツボ押せば、どこに効くのか・・・
逆に押してみて変に痛いと危険信号とか。

アメリカ人も東洋医学は気になっているのでしょうか?

アメリカ旅行5
comments(2)
trackbacks(0)
中華街<東海岸レポート33>
3月うさぎ
120811_0744~02.JPG

ファラデルフィアでの街歩きの日。
夕食は、中華街/China Townで。

一同「麺」が食べたい気持ちだったので(旅の後半はいつも汁麺が恋しくなる!)、
中華街の中で、大きく「麺」の字のサインがあがっているお店に入ってみることにする。

これがまた大正解!
簡素なお店だったけど、とっても美味しい中華麺が食べられた。
一緒に頼んだ炒飯や餃子もなかなかイケてて、大満足。

久々に老酒が飲みたくなって、
メニューにアルコールがなかったので、
チャイニーズ系の店員さんに、紙に漢字で「老酒」を頼んでみると、
塗りのお椀にちょっこっとだけ入ったものを持って来た。
どうも、お料理の味付けに必要と勘違いされたらしい。
それでいいか?と聞かれて、これでいいんだけどできたらグラスでほしいな
・・と言うとグラスではない・・と言う。
最後までどうもコミュニケーションが噛み合ない。
もしかして、アルコールを扱っていないお店だったのかな・・・??
そんな、中華料理店ってあるんだろうか・・
結局、ナゾのまま。。

ま、いいや。
ホント美味しかったし〜

フィラデルフィアの中華街は、全米3位の大きさなのだそうです。


アメリカ旅行5
comments(0)
trackbacks(0)
レディース・サッカー<東海岸レポート34>
3月うさぎ
120811_0858~01.JPG 

オリンピック女子サッカー、USAvs日本の決勝戦の結果。

喜びに沸くアメリカ、、、、、??
ぐやじ〜〜


アメリカ旅行5
comments(0)
trackbacks(0)
買い物かご<東海岸レポート35>
3月うさぎ
120811_0931~01.JPG 

スーパーの買い物かご。

何か取っ手らしきものがついている。

あれ、れ、れ、れ、・・・

よく見たら、かごの裏にクルマまで付いて、


な〜るほど☆
こうやって使うんだ〜!!


初めてのパターン。



アメリカ旅行5
comments(0)
trackbacks(0)
Hotel Palomar Philadelphia <東海岸レポート36>
3月うさぎ
120811_0543~03.JPG120811_0544~01.JPG120811_0544~02.JPG 
120812_0108~01.JPG

本日の宿は、所謂デザイナーズ・ホテル。
Hotel Palomar Philadelphia

どこもここもいたってスタイリッシュであります。

泊まり客もカッコイイ系の人々ばかり。

日本以上に、その場所、その場所によって、
いろんなアメリカ人がいることを意識させられることが多い。
それぞれ、居心地の良い居場所を
知らず知らず追い求めているということか。。


120811_0543~02.JPG


それにしても、、、
アメリカのステータスが暖炉にあるのはよくわかったけど、
夏に冷房しながら暖炉つけてる・・ってどうなんだろう、、

雰囲気はいいし、
近くに寄っても全然熱くない仕組みは良く出来てるとは思うけど、
その一方で、京都議定書はどうなっとるんじゃ!!って
うっすら気になる。。

アメリカ全体としても、あと2度はエアコンの温度下げられるはず!

大国だからね〜
余計にしっかり考えてほしい。
限りある資源のこと。


120812_0017~01.JPG120812_0016~01.JPG






アメリカ旅行5
comments(0)
trackbacks(0)
客室@Hotel Palomar <東海岸レポート37>
3月うさぎ
 120811_0425~01.JPG120811_0425~02.JPG

街のど真ん中にあるホテルなので、
客室はそんなに広くはないけど、天井が高いから窮屈感はない。

部屋に籠って仕事もはかどりそうなデスクとチェア。
小物にまで神経が行き届いていて、すっきりと心地よい空間。





窓の外の風景は、こんな感じ。。
やっぱりフィラデルフィアは都会だね〜

120811_1933~01.JPG


アメリカ旅行5
comments(0)
trackbacks(0)
アニマル柄バスローブ@Hotel Palomar<東海岸レポート38>
3月うさぎ
120811_0531~02.JPG 

客室のクローゼットの中には、アニマル柄のバスローブが
並んでいました。
(さすが、デザイナーズ・ホテル☆)


ゼブラ柄でシティーガールをきどるnagi。↓

120811_1026~02.JPG



アメリカ旅行5
comments(0)
trackbacks(0)
朝食@Hotel Palomar <東海岸レポート39>
3月うさぎ
120811_2345~02.JPG120811_2354~01.JPG

2012.8.11(Sat)

朝食は、Hotel Palomarで 。

ここもまたアーティスティクな空間です。


そう言えば、
アメリカに来てからずっと気になっていたこと。
食事の後には、必ずと言っていいほど、「美味しかったか?」
と聞かれること。
それから、チェックアウトの際にも、「部屋はどうだった?何も問題はなかった?」と
これも必ず聞かれる。

初めは気にしてなかったけど、こう毎度、毎度聞かれると、
これはクレームがないかどうか確認してる?って意味?とか深読みしたくなってくる。

このレストランでは、わざわざ「マネージャーです」って背広の男性が、
食事は如何でしたか?客室は?などと、食事中の私たちに話しかけてきました。
「う〜ん、、イマイチでした、、、」なんて応えたら、なんて言うんだろうね。笑


120811_2345~01.JPG 

↑ やっほ〜 カップの柄、私たちにぴったり♪

120811_2350~01.JPG

↑ 朝刊には、日本の売上税(Sales Taxってそうだよね?)
引き上げについての記事が・・ mmm?





アメリカ旅行5
comments(0)
trackbacks(0)
フィッシャー邸<東海岸レポート40>
3月うさぎ
 120812_0214~01.JPG120812_0308~01.JPG120812_0307~03.JPG120812_0309~01.JPG120812_0310~01.JPG

フィッシャー邸/Fisher House

憧れに憧れたフィッシャー邸(ルイス・カーン設計)は、
フィラデルフィア郊外のハットボロにあった。


(前にも書いた)私が繰り返し見たというルイス・カーンのビデオにも
この家は登場する。
まだ、住み手のフィッシャー夫妻もお若くて(50〜60代)、
設計に4年、施工に3年もかかったというこの家のこと、
それから建築家ルイス・カーンについて、
嬉しそうに語っておられた顔が今も焼き付いている。

建築家と建て主、そして成果物としての家が、これほど幸福に結びついた例が、
他にあるだろうか・・と思う程、
フィッシャー夫妻は本当にこの家を生涯の家として慈しみ、メンテナンスに時間をかけ、
頻繁に訪れる見学者を家に入れ、自らが家の中を説明して廻っていたという。

しかし、フィッシャー氏も、数年前に亡くなり、
そして90才を過ぎてもこの家で一人暮らししていたフィッシャー夫人も
ついに病に倒れ、この4月に100km離れた娘さんの元へ引き取られていったとのこと。

つまり、ついに、フィッシャー邸は空き家になってしまったのだった。

私は、「いい家」といえばこのフィッシャー邸がふっと思い浮かぶほど、
この家に思い入れてきたので、
住む人を失い、家具が出され、スカスカのがらんどうに見えたらどうしよう・・と密かに畏れてもいた。

けれど、その心配は、この家に一歩踏み込んだ時に吹き飛んでししまった。

住人に愛されて愛されて時を過ごした幸福な家のオーラが、
そのままに室内に残っていると一瞬にして感じることができたからだ。



「この家に入ってくる自然光は、夜明けから日暮れまで、変化に富んでいます。
宗教的ともいえるほどに、気分が高揚するときもあります。
光の筋が凹形の窓を貫通したときなど、カテドラルにいるように思われるのです。
この家に住んでみて初めて、一般の住まいが、光についてあまりにも配慮されてこなかったことに気づきました。カーンの非凡な才能のおかげで。この家に『光』というひとつの次元が与えられているのは素晴らしいことです。」
ーーーノーマン&ドリス・フィッシャー「ルイス・カーンとの7年間」より


120812_0310~02.JPG








アメリカ旅行5
comments(2)
trackbacks(0)
内部@フィッシャー邸<東海岸レポート41>
3月うさぎ
 120812_0218~01.JPG
120924_1056~01.JPG

↑ 写真 上は、今回訪問した時に撮影したもの。
下は、フィッシャーさんが住んでおられた時のインテリア。



この簡素な木箱のような住宅のどこがそんなに佳いのか・・・
判り難いかもしれませんので、近代建築史が専門の松隈洋氏(実は夫の同僚)の文章を
お借りすることにいたします。

「建物は、小さな渓流に向かう傾斜地に、ふたつの立方体のキューブが、45度の角度で凍結されて、古代遺跡のような自然石の積まれた地下部分の上にゴロンと置かれた不思議な形だ。
横並びで部屋が続いていたエシュリック邸とは異なり、あたかもそれを解体して手を広げたような空間構成になっている。
そのため、外部と内部に動きのある流動的な空間性が実現し、キューブ内の自立性も高まっていることがわかる。
手前のキューブには玄関から庭へと抜けるアプローチ廊下と個室群がコンパクトにまとめられ、そのことによって、奥のキューブは、吹き抜けの開放的なリビングとダイニング、キッチンの大らかな空間が広がる。
また、リビング正面の開口部はベンチを取り込んだ巨大な家具のようにも見える。
この住宅でも周到に開けられた窓から自然光が差し込み、刻々と移りゆく時間が感じられる。」
ーーー松隈洋/「ルイス・カーンの名作住宅は今」

ますますわかんなくなっちゃったかな・・??


とにかく、ただのキューブを2つ並べただけの住宅、しかも、フランク・ロイド・ライトの住宅などに比べても、素材もチープで、重厚さもない、派手さもない、およそ金持ちを喜ばれる要素など何もない。
コルビジェのように、やってやった!的な鮮烈さもない。

近所の人に、「積み出されたコンテナだと思えば悪くないわ」などと言われても(つまり住宅として認めてもいない?)ネタとして笑っているフィッシャーさんたちもなかなかの人たちである。もちろん、カーンは、コンテナに窓をあけたら家になるよ・・くらいの力みのなさが、ものすごく爽やかな印象につながっている。

風景と光の取り入れ方と、寸法感覚と配置の妙だけで、こんなにまで豊かな住まいを演出できる・・ということを見事に示したフィッシャー邸は、カーンの建築哲学をミニマムな形で明快に実現したミラクルな住宅だと私は思う。

120812_0227~02.JPG120812_0220~02.JPG



真ん中が、ペンシルベニア大、コレクションマネージャーのビルさん。
右側の大きい男性が、ご両親が他のカーンの住宅にお住まいのコーマンさん(コーマン邸は豪邸であります!)、そして、左は夫。↓

120812_0226~01.JPG

アメリカ旅行5
comments(0)
trackbacks(0)
calendar :::: entry :::: comment :::: trackback :::: category :::: archive :::: link admin :: profile :: RSS1.0 :: Atom0.3 :: jugem