3月うさぎ

calender entry comment trackback category archive link
客室@The SURREY<東海岸レポート52>
3月うさぎ
120812_1103~01.JPG120812_0807~01.JPG120812_0807~02.JPG120812_0807~03.JPG120812_0807~04.JPG 

セレブリティ溢れるThe Surreyのお部屋です。

でも、基本モダンデザインですので、変にコテコテしたところはなく、
白と茶をベースにコーディネートした洗練された室内。

トランクを広げるのが勿体ない気分。。


本日の窓からの景色は、こんな感じ。
ニューヨーク、アッパーイーストの風景です。

120812_0821~01.JPG120812_0821~02.JPG
アメリカ旅行6
comments(0)
trackbacks(0)
照明@the SURREY<東海岸レポート53>
3月うさぎ
 120812_1123~01.JPG120812_1123~02.JPG120812_1124~01.JPG

interior is culture(インテリアは教養)

・・という言葉があるのはイギリスでしたっけ。
そんな言葉を思い出します。
日本の芸能人のお宅拝見!なんて見ると、ゲゲゲ,,,と思うこと多いですものね。
お金は注ぎ込んでいても、成金趣味の披露にしかならないことが多い。

ハイレベルのインテリアにはハイレベルな教養が必要ですが、
逆は言えません。
ハイレベルな教養の持ち主がハイレベルなインテリアを実現できるとはまったく限らない
のです。
その辺りが、インテリアの深くて難しい、そして面白いところです。


その点、こういう抑制の利いた上質のインテリアを見せてもらうと、
さすが、NYアッパーの5☆と納得させてもらえるのが嬉しいところ。
(さすが、改装費だけで60億円というのもうなづける。)

客室のシンプルな照明ですら、一つ一つ全体の為に選ばれた名傍役なのだと、
小さな感動を覚えます。



アメリカ旅行6
comments(0)
trackbacks(0)
セントラルパーク<東海岸レポート54>
3月うさぎ
120812_2029~01.JPG120812_2029~02.JPG 

2012.8.12.(Sun)

せっかくセントラルパーク/Central Parkのすぐそばにホテルをとったのだから、
朝食前に朝の散歩を楽しむことに。。
(娘には、もっと寝ていたい・・とパスされてしまったが、、)

マンハッタンがこれだけのストレスフルな都会なのに、今も昔も人々に愛され続けている理由の一つは、やはり緑がいっぱい公園が街のど真ん中に確保されていることが大きいような気がしています。

「on」と「off」の切り替えは、心の健やかさ維持のためにはとても重要ですからね。


120812_2118~01.JPG120812_2124~01.JPG120812_2111~01.JPG


アメリカ旅行6
comments(0)
trackbacks(0)
犬の散歩&ジョギング<東海岸レポート55>
3月うさぎ
 120812_2032~02.JPG120812_2040~02.JPG120812_2105~02.JPG

訪れる季節によって、また曜日によって、時間によって、さまざまな表情を見せてくれるのもセントラルパークの魅力。

ただ、本当に久しぶりにこの公園を歩いてみて、またそれが日曜日の朝だったこともあってか、この時間帯のセントラルパークは犬の散歩とジョギングする人々の貸し切りタイムみたいになっていることがちょっと気になりました。

夫も、「健康のためのジョギングがなぜか不健康に感じる」とつぶやいていましたが、
なんとなくそんなことが言いたくなるのも、
一時期の異常な肥満化を反省してダイエットに励むようになったのはいいのですが、ジョギングする人々の顔があまり楽しそうに見えず、かえって身体に悪いんじゃない?と心配しちゃうような形相のおじいさんなどもいて・・・多少複雑な思いになりました。
犬の散歩も然り。
たぶん、日曜日の朝、こんな風にセントラルパークで時間を過ごせる人ってそれだけでも富裕層のステータスなんだろうな。
しかし、いいとなるとそればっかり・・・かつて、アメリカに感じた多様さが、今は何種類かのパターン化に替わってしまったんじゃないか?ってね。
ちらっと、見ただけで言うのもナンなんですが、、、

という辺りが、少し気にかかった朝の散歩でした。
(それでも、十分気持ちよかったですけど・・ね。)


アメリカ旅行6
comments(0)
trackbacks(0)
朝食@the Surrey<東海岸レポート56>
3月うさぎ
120812_2345~01.JPG120812_2345~02.JPG120812_2345~03.JPG 

お散歩が長くなってしまったので凪が心配しているとか思ったら、
彼女はまだまだ部屋で爆睡していました。(笑)

私たちも二度寝したいところでしたが、そうは言っても今日は観光最終日。
Time is moneyということで・・・心地よい部屋でダラダラしたい気持ちをぐっとこらえて
朝食に2人をせかします。


the Surreyでの朝食。
少し遅めになってしまったので、ブレクファーストメニューが終了。
仕方がないのでブランチ・メニューの中から選びます。

娘は、また朝ワッフルです。
夫は、お腹にやさしくブーロ(お粥)。
私は、シリアル+フルーツ+エッグ+ブリオッシュのセット。(←一番多い??)




アメリカ旅行6
comments(0)
trackbacks(1)
ルーフテラス@the SURREY<東海岸レポート57>
3月うさぎ
120813_0018~02.JPG

the Surreyのルーフテラスです。
さすがに素敵に整えられています。

ここから夜景を見そびれたことを後悔、、、



周りの風景はこんな感じ。
よく見ると、お金持ちそうなペントハウスがいくつか見えました。
日常的にこんな風景を自分のものに出来てるなんて、ちょっと羨ましい。
かたまった緑のヴォリュームがセントラルパークです。


 120813_0018~01.JPG120813_0017~02.JPG120813_0017~01.JPG
アメリカ旅行6
comments(0)
trackbacks(0)
五番街<東海岸レポート58>
3月うさぎ
120812_2025~01.JPG120812_2027~01.JPG120812_2149~01.JPG120812_2202~02.JPG120813_0103~01.JPG120812_2138~01.JPG 
120813_0112~01.JPG

セントラルパークの東側、
アッパーイーストサイド/Upper East Sideの風景。

有名人たちが住むマンションや、美術館などが多いエリア。
石造りの美しい様式建築が数多く残り、格式のある町並みを作り上げています。
特に五番街/5th.Aveは、百万長者通りとも呼ばれNYの富の象徴みたいな存在になっているようですね。

ペドロ&カプリシャスの名曲、「五番街のマリーへ」という曲の
「五番街へ行ったならば、マリーの家へ行き、どんな暮らししているのか
見て来てほしい♪」という歌詞がふと浮かぶ。。
しかし、もし五番街に現在マリーが暮らしているのだとしたら、
それはもうわざわざ行かなくても
「いい暮らし」(少なくとも経済的には)に決まっているのです。
つまり、マリーのことはもう心配しなくてもよさそう・・(笑)
ちがうか。。



120813_0110~01.JPG

アメリカ旅行6
comments(0)
trackbacks(1)
グッゲンハイム美術館(外部)<東海岸レポート59>
3月うさぎ
120813_0116~03.JPG120813_0116~01.JPG 120813_0117~01.JPG

アッパーイーストサイドをセントラルパーク沿いに北に向かって歩くと、
最初にメトロポリタン美術館があり、
その先に巻貝型のグッゲンハイム美術館/Solomon.R. Guggenheim Museumが現れます。

言わずと知れたフランク・ロイド・ライト最後期の傑作です。
依頼から竣工まで16年を費やしたという話は本当でしょうか。
工期は3年。
1959年に竣工した時には、ライトはもうこの世の人ではなかったとか。
ライトがこの完成した姿を見ていないというのは、とても残念な気がします。
建物はスパイラル構造で、まず最上階までエレベーターで上がって絵を見ながら歩いていると自然に1階まで降りているという特別な体験付きの美術館です。

私はこの美術館が好きで(建築も、そして所蔵されている抽象美術も)NYに来る度(4度目?)に訪れていますが、来る度に新鮮な気持ちにさせてもらえるのがサスガなところ。
50年以上の時を経て尚新しい!と思わせるライト建築にあらためて脱帽。。



美術館の前には、いつか美術館の中に自分の作品を飾ってもらいたいアーティストたちが
自分の作品を売っています。(これは全然抽象じゃないけどね。笑)

120813_0116~02.JPG


アメリカ旅行6
comments(2)
trackbacks(0)
グッゲンハイム美術館(内部)<東海岸レポート60>
3月うさぎ
120813_0117~02.JPG120813_0117~03.JPG120813_0118~02.JPG120813_0124~01.JPG120813_0118~01.JPG 

グッゲンハイム美術館の創設者にして大富豪のソロモン・R・グッゲンハイムは、非常にクレバーなコレクターで、絵画顧問としてヒラ・リベイを招き、テーマのある前衛的な絵画をコレクションしはじめる。
また、リベイは、ロシアの画家であるカンディンスキーの非対象性の絵画(対象物を持たない絵画)に影響されていく。
芸術における精神的なもの/On the Spiritual in Artに完全に焦点を置き、この観点で作品の蒐集をはじめる。

カンディンスキーやクレーを軸に、シャガール、ピカソ、ルソー、モリジアニなどの19世紀の画家達の作品、そして、その後のコンテンポラリーアートに至るまで、コレクションのラインナップとプロによる確かな選択眼には疑う余地もない。

こうして、グッゲンハイムは非対象美術館/Museum of Non・Objective Paintingとして確固たる個性を打ち出すことになる。
 Non・Objective Paintingには、abstract Painting(抽象絵画)も勿論含まれて来るとは思うが、時にabstract という言葉が持つナンセンス感とは少し違い、物質社会からの離脱→精神的な高みというベクトルがリベイにとっては重要だったのではないかと思われる。

ともあれ、フランク・ロイド・ライトの名建築(これも巻貝のようと想像するのはいいが、
巻貝を模したと解釈すると、グッゲンハイムの非対象の精神から離れてしまいそうだから要注意!)とソロモン・R・グッゲンハイム+ヒラ・リベイの秀逸なコレクションは、人々を魅了し続けてやまない。
竣工当時は賛否両論あり、特に学芸員たちは、(平行が判りにくいので)展示し難い、展示物を美術館が喰ってしまう等さんざんクレームをつけたらしいが、現在(50周年を過ぎたところ)に至までこれだけの人気を獲得しているという事実が、その質の高さを実証していると言って間違いないだろう。

あらためてライトに、
そして、ソロモンさんとリベイさんに、
心より「ありがとう」と言いたい。



アメリカ旅行6
comments(2)
trackbacks(0)
ART OF AN OTHER KIND<東海岸レポート61>
3月うさぎ
121003_2142~01.JPG121004_2240~01.JPG 

ちなみに、私たちがグッゲンハイム美術館を訪れた時にやっていたのが、
ART OF AN OTHER KIND」展

すばらしいコレクションで感動しました。
あんまりゆっくり絵を見る時間はないな・・と思っていたのだけれど、
作品の迫力についつい目が釘付けになってしまいます。。
大変満足したので、重さを気にしながらもカタログ買ってしまいました。

抽象画(非対象絵画)の展覧会に、こんなに人が集まるとは!
コンテンポラリーアートを支える層の厚さを感じました。
まあ、もちろんフランク・ロイド・ライトのこの建築そのものの人気も大きいのでしょうけど。。

撮影を許されていない上の階からのショットがカタログに載っていましたので、
ご紹介しておきます。
展示室はこんな感じ。
一応、10mくらいの間隔で仕切り壁も立っています。

上からモノを落とすと大変なことになりそうです、、
アメリカ旅行6
comments(0)
trackbacks(0)
グッゲンハイムの傘<東海岸レポート62>
3月うさぎ
120813_0227~01.JPG 

グッゲンハイム美術館のミュージアムショップで見つけました!

グッゲンハイム・スパイラル!!

・・・これはNYで持ってないと、
ただの渦巻き柄に見えてしまうんだろうな。。
アメリカ旅行6
comments(2)
trackbacks(0)
メトロポリタン美術館<東海岸レポート63>
3月うさぎ
120812_2151~01.JPG

NYを代表する美術館といえば、なんといってもメトロポリタン美術館/The Metropolitan Museum of Art。2009年に大改装を終えました。

本当に見応えのあるオススメ美術館で、家族にも紹介したかった美術館ですが、いかんせん広すぎてとても今回の日程に入れるのは無理、、(丸一日かけても見て廻れないくらい)
ぐっと堪えて前を通るだけで通り過ぎます。

そういえば、昔、この美術館のカフェレストランで食事をした時、その美味しさに舌を巻いたことがありました。
前にも書いたアメリカでは美術館で食事をすべし!の教訓を不動にしたのはこの瞬間です。(あくまでも昔の話。今もそのレベルを維持しているかどうかは不明です!)


上の写真は、早朝のお散歩のとき、
そして、下の写真がお昼過ぎ・・・
さすがにMetの賑わいはだいぶ違っていました。

120813_0107~01.JPG 
アメリカ旅行6
comments(0)
trackbacks(0)
ミッドタウン<東海岸レポート64>
3月うさぎ
120813_0408~01.JPG120813_0409~01.JPG120813_0409~02.JPG120813_0414~01.JPG120813_0423~01.JPG120813_0428~02.JPG120813_0429~01.JPG120813_0430~01.JPG120813_0435~02.JPG 

ホテルが変わるので、荷物の移動をば。
今夜の宿はミッドタウン/Midtown

マンハッタンを斜めに走るブロートウェイと7番街が交差する42〜47丁目の一角がタイムズスクエアと呼ばれているエリア。
新聞社ニューヨークタイムズの本社があったことからこの名前がつけられたとか。

学生時代の初めてアメリカ旅行はいきなり90日の長旅でした。
そのうち一週間をNY滞在に充てたため、物価の高いNYでホテル代をなんとか安く押さえるために泊まったのが、週決めだとかなりディスカウントしてもらえた42st.の近くの安宿屋。
しかし、フロントでチェックインの条件がドアに錠前2つ付けること!(どうやらその1ヶ月前にそのホテルに泥棒が入ったばかりらしい)
でも、観光したい!美術館見たい!演劇も見たい!音楽も聴きたい!好奇心満載だった私たちはそこでひるむこともできず、紹介された鍵屋さんでデカイ錠前を二つ購入して、ドアに自分たちで取り付けて過ごしました。(周りのドアもみんな錠前だらけ!)

その当時は、地下鉄も落書きだらけだった時代で、マンハッタンももっと危険!危険!と脅かされていた時代です。
たしかに、あの頃のNYは、相当エキサイティングだったけど、その分相当クレージーで
治外法権みたいなところがあった。実際犯罪率も高かったのだと思う。
一週間も滞在したこともあってか、あの部屋のことは今でも思い出せる。
なんかある意味この世の果てみたいなホテルだったけど、そんなことも気にならないくらい私たちには若さがあったんだよね。眠るのも惜しいくらいだった。

その頃のNYに比べると、私の方も変わったけど、やっぱりNYも変わったように思う。
いい意味では、どこもこぎれいになって、安心して歩ける街になった。
でも、その分、メチャクチャだけど自由と夢だけはあるって感じの街。でもいつしかマンハッタンにしかない緊張感と躍動感はさほど感じられなくなってしまった。
もう、マンハッタンだけが特別な街じゃなくなったのかもしれない。

イエローキャブも車種が変わってやけにピカピカして、もうあのロバート・デ・ニーロの
「タクシードライバー」のイエロー・キャブとは別物だものね。。

私がそんなことを感じていると、14歳の娘は、なんかこの街面白い!とテンション上げてました。
(彼女、アメリカは2度目だけどNYははじめて)

もしかしたら、自分も若くないと感じ取れないモノがあるのかな??









アメリカ旅行6
comments(0)
trackbacks(0)
MoMA<東海岸レポート65>
3月うさぎ
120813_0451~01.JPG120813_0454~01.JPG120813_0455~01.JPG 
 
ニューヨーク近代美術館/The Museum of Modern Art
通称MoMA

ロサンゼルスのMOCAがModern Art in Californiaではなく、 Museum of Contemporary Artの略だったように、
マンハッタンのMoMAも、Modern Art in Manhattanではなく、The Museum of Modern Artの略ということらしいです。(つまり、場所柄は関係ない!ってことね。)
Comtemporary ArtとModern Artの違いがよくわからないって人も多いかもしれませんね。
直訳すると、Comtemporary Artは現代美術。Modern Artは近代美術ということになります。ン?ますますわからない?

平たく言うと、Comtemporary Artの方はここ30年くらいの前衛アート。Modern Artの方は印象派以降から、第二次世界大戦くらいまでの美術を言うようです。
つまり、Comtemporary Artの方がより現代に近い。
でも、実際は、かなり混ざっちゃってるようですけどね。
これに、アンディ・ウォホールやキース・ヘリング的Pop Art系Graphic Art系の作品も加わった新しいムーヴメントは、大なり小なりアメリカが育てた部分も多いのでしっかり市民権も得ているようです。
美術館だけじゃなくて、オークションなどでもホットな市場だとか。

グッゲンハイムと同じく、MoMAもよく人が入っていました。
展覧会そのものを見に来るというよりは、休日は美術館で・・・みたいなノリなのかな?とお見受けしましたが。。












アメリカ旅行6
comments(0)
trackbacks(0)
中庭@MoMA<東海岸レポート66>
3月うさぎ
120813_0503~01.JPG
120813_0501~01.JPG120813_0459~02.JPG120813_0459~01.JPG120813_0458~02.JPG120813_0458~01.JPG

MoMAは、プリス、サリヴァン、ロックフェラーjr.の3人の夫人達の発案により1929年に
設立されている。
第一回目は、当時の前衛だった印象派の展覧会だったとか。

その後、売れっ子建築家フィリップ・ジョンソンやシーザ・ペリの手によって増築され、
また、2004年には、国際的設計コンペで勝ち取った日本人建築家の谷口吉生氏
案による新館も完成しています。(日本人、コンペ強いな〜)

豊田美術館や葛西水族館のように、クールな建築が得意な谷口氏ですが、MoMAではご自分の美意識に固執しすぎず、ニーズに沿ったしなやかな設計になっていると感じました。
特に中庭空間との関係は自然で楽しげにつくられており、人々がリラックスしてその場をエンジョイしていることが感じられてホント心地よかったです。

アメリカ旅行6
comments(0)
trackbacks(0)
展示室@MoMA<東海岸レポート67>
3月うさぎ
120813_0512~01.JPG120813_0532~01.JPG 

人が集まる美術館は、建物がいいだけじゃなくて、
やはり展示もうまいものです。

作家の力がある、キューレーターがしっかりしている、は勿論ですが、
空間の作り方も重要。

今回の展示は、刺繍の作家を中心に構成されていました。
作品は壁だけでなく、床に寝せて展示。
ちゃんと照明を下まで落としている辺りがニクイな!と感じました。
しかも、シンプルな丸球だけなのがいいポイントになっていた。

刺繍の作品と言っても、いわゆる刺繍とはかなり違う。
たとえば、この数字とアルファベットを羅列した作品も、
ドット一つ一つがすべて手による刺繍。
世界の長江リストを表記しているらしいです。
(アルファベットが川の名前、数字が川の長さ)

何で?と聞いてはいけない。
コンテンポラリーアートにおいてナンセンスはつきものなのです。
「意味のないことを全力で!」そこから何かが見えることもある。

アメリカ旅行6
comments(0)
trackbacks(0)
キッズ・スペースe.t.c@MoMA<東海岸レポート68>
3月うさぎ
 120813_0505~01.JPG120813_0509~02.JPG120813_0540~01.JPG120813_0623~02.JPG

休みの日は、家族で美術館へ・・・
という発想を支えているのは、こういうキッズ・スペースの充実にもあると思う。
リピーターの確保のためにも、ね。

子どもために仕方なく・・ではなくて、ちゃんと魅力的な場所として提供できているのがサスガ。
モダンアートの殿堂としてのプライドか。。


アメリカ旅行6
comments(0)
trackbacks(0)
カフェレストラン@MoMA<東海岸レポート68>
3月うさぎ
 120813_0610~01.JPG

小腹が空いたので、MoMAの中のカフェレストランへ。
(広い部屋なので、全体的にはもう少しお客さん、います。いない場所を撮っただけ)

昼には遅過ぎ、夕食には早過ぎの中途半端な時間だったので、あんまり混んでなくてラッキー☆

美術館内のレストランを推奨している私?としては、
さらにそのことに確信を深めるほど、ここのパスタはいい意味で期待を超えた美味しさだった!
パスタがこれくらい美味しいのだから、他も期待できそう♪


先にオーダーしてペイも済ませてから席につき、
料理が出来上がったら番号札を見て持って来てくれるのシステム。
このビヨーンと背の高い番号札、なかなか考えたな〜って思いました。
人の頭より高いこの札のおかげで、遠くからでも見渡せるものね。

120813_0546~01.JPG

赤ちゃん椅子もカラフルでかわいい〜♪
120813_0611~01.JPG
アメリカ旅行6
comments(0)
trackbacks(0)
MoMA DESIGN STORE<東海岸レポート69>
3月うさぎ
120813_0646~01.JPG

さて、こちらは、MoMAの前にあるモマ・デザイン・ストア/MoMA DESIGN STORE

デザイン性の優れた製品を紹介しています。
美術館を見て感性に刺激を与えられたばかり・・というのもあってか、
よく売れているみたいです。




こちらには、日本の無印良品/Mujiもブースをもらっていました。

ちゃんとなぜMoMA DESIGN STOREの中にMujiが入っているのかという
説明も書かれていました。
MujiのデザインポリシーとMoMAのデザインポリシーはラインとしては一致している、と。
日本発のデザインがモダンデザインのヒーローMoMAにこんな風に認めてもらってるって、
やっぱり喜んでもいいことだと思うよ。

さりげなくNYを意識して、こんなTシャツも置いていたりして。

120813_0644~01.JPG120813_0645~01.JPG 
アメリカ旅行6
comments(0)
trackbacks(0)
ロックフェラーセンター<東海岸レポート70>
3月うさぎ
120813_0701~01.JPG120813_0711~01.JPG 

ロックフェラーセンター/Rockefeller Center

アメリカのロックフェラー家といえば有名な大富豪ですが、
そのロックフェラー家が築いた一番判り易い富の象徴が五番街にあるロックフェラーセンター。(1939年竣工)
一番高い棟は70階建て。

1989年、日本の経済がバブルの最中、三菱地所がこのビルを2,200億円で買収したのも
当時話題になりましたね。
ジャパンマネーの海外資産買いあさりと非難され、その後ジャパンバッシングが広がりました。
しかし、その後のバブルの崩壊で、三菱地所は12棟を手放し、今は2棟を残すのみとか。

日本も今の中国みたいなことやってたんだな、、と思いますよね。
経済には容赦のないところもあるのは判りますが、やっぱり、お金も人のためにあるものですし、やれることはなんでもやるではなくて、互いの国へのリスペクトは忘れずにあるラインの品位はキープしないと、根本的に信用そのものを失うことになってしまうという一つの例になりましたね。

アメリカ人がそんな経緯を覚えているのかどうかは知りませんが、ロックフェラーセンター
前の広場には、何かイベントでもあるの?と思う位、たくさんの人がいて、多くの人に愛されている場所なのだな・・ということは伝わってきます。

万国の国旗と、黄金のプロメテウス像が目立っています。

私たちが、一年に一度この場所をTVの画面で確認する時は、クリスマスシーズンですよね?
クリスマスツリーの点灯セレモニーと、それから屋外のアイススケートリンク。

・・・そう。あの場所です。

ロックフェラーはアメリカンドリームの一つの完成形なのだから、やはりジャパンマネーによる買収はストーリー的にもマズいな・・と賢い経営者なら気づいてもよさそうなはずなのに。。日本もそんなギラギラしてた時代があったってことかな。

日本でロックフェラーセンターの存在って言うと、何になるのかな?
あんまり思い浮かばない、ね。






アメリカ旅行6
comments(0)
trackbacks(1)
calendar :::: entry :::: comment :::: trackback :::: category :::: archive :::: link admin :: profile :: RSS1.0 :: Atom0.3 :: jugem