3月うさぎ

calender entry comment trackback category archive link
海外出張
3月うさぎ
__.JPG

明日から、4年ぶりのこの街にいってきま〜す!!
といっても、夫の海外出張の付き添いなんですけどね。

むこうではブログ更新できないかもしれませんが、
半月後戻ったら、
またせっせと旅先のご報告したいと思っています。

みなさんもお元気で〜👋





 
フランス旅行1/2016
comments(4)
trackbacks(0)
到着<パリ・レポート1>
3月うさぎ
__ 1.JPG

パリに到着。
最寄駅シャトレ・レアール駅に着いたら、
小雨が降っていました。
まずは、アパートの鍵を借りに行くところから始まります。

4年ぶりのパリ。
空港からは電車で市内に入れます。
車内で隣になった女の子から「食べる?」ってガムを
もらいました。
まずは、いい感じのスタートです。
フランス旅行1/2016
comments(2)
trackbacks(0)
アパートメント@カンカンポワ<パリ・レポート2>
3月うさぎ
__ 1.JPG

パリ4区、ポンピドーセンターのすぐそばの
カンカンポワ通り/Rue Quincampoix
古いアパートメントが私たちの今回の居場所。

改修はされていますが、
天井は年季の入った垂木、床もあちこちギシギシ軋むなかなかの
アンティークっぷりです。

__ 1.JPG

でも、慣れると案外住み心地は悪くなかった。
何処に出るにも、モーレツ便利でしたし、ね。
短い滞在に、ロケーションの良さは大きい。


 
フランス旅行1/2016
comments(2)
trackbacks(0)
アパートの見つけ方<パリ・レポート3>
3月うさぎ
__ 2.JPG

パリで借りたアパートについて、
ご質問を受けたので、
少しご説明しておきます。

今は、検索サイトも充実していますので
たとえば、「パリ 短期滞在 アパート」などのワードを入れて
検索すると、いろいろなサイトが出て来ます。

__ 3.JPG

4年前のパリ滞在では、ミラノのエージェンシーが扱っているサイトからみつけました。
この時のやりとりは、英語。

今回は、ホテルの予約などでよく使っているbooking.comにお世話になりました。
物件数と写真が充実しているし、日本語翻訳がほぼ完成しているので便利です。
マイリストさえ作ってしまえば、日程の変更、キャンセルなども楽にできますし、
実際の部屋のオーナーとのやりとりは、英語か仏語になりますが、
もし何かトラブルに巻き込まれた時に、
相談出来る日本語窓口があるのも、気分的に安心だと思います。

ちなみに、オーナーそのものが日本人というサイトもありますので、
ニーズに応じて、使い分けるのがよさそうです。

アパートによって、条件が違いますが、
たいていは、家具や台所用品、洗濯、掃除用品など生活に必要なものはすべて完備しているところが
多いと思います。
食器やカトラリーなど、なんでも揃っています。
日本のウィークリーマンションなどは、光熱費、部屋のクリーニング代などは別にとられることが
多いですが、海外は込みになっている方が多いのではないかと思います。


今回は、お米を持って行ってお鍋で炊いたり・・と、パリにいる時は概ね自炊でした。
素麺ゆがいたり、とかもね。
やっぱり、パンばかりだとどうしても飽きてしまうので。

__ 1.JPG

 
フランス旅行1/2016
comments(4)
trackbacks(0)
ノートルダム橋<パリ・レポート4>
3月うさぎ
__ 1.JPG

上は、5月22日のセーヌ川/seine

パリ右岸から、シテ島に渡るノートルダム橋/Pont Notre-Dame
(ノートルダム寺院はこの先にあります。)

パリに大雨が降ったわけでもないのだけれど、
この後、徐々にセーヌの上流で水嵩が増えて、パリのセーヌも水位が上がり、
滞在の最後の頃には、水面に近い手前の道路が完全に水没してしまいました。
私たちの滞在の最後には、最高+5m程度まで更に水位が上がり、
そのニュースが世界を駆け巡ったようです。

この川に沿って走る鉄道C線と、ルーブル美術館、オルセー美術館も
クローズになりました。
ちょうど、夫もこのラインを使ってヴェルサイユまで通っていましたので、
多少の影響はありましたが、
可哀想だったのは、ルーブル、オルセーのためにパリに来ている観光客たち。
これはもうアンラッキーというしかないと思います。

が、フランスのセーヌ上流の町、ドイツの町ではもっと明らかな被害も出ていた
ようなので、それからしたら、パリはあの強靭な護岸に守られたと言うしかないと思います。

__.JPG
6月2日のセーヌ川






 
フランス旅行1/2016
comments(2)
trackbacks(0)
ブタのケーキ<パリ・レポート5>
3月うさぎ
__ 1.JPG

ケーキ屋さんで見つけたブタさんのお菓子。

しかも、男の子と女の子?
何かの意味があるのかしらん?


 
フランス旅行1/2016
comments(2)
trackbacks(0)
パリ市庁舎<パリ・レポート6>
3月うさぎ
__ 4.JPG

パリ市庁舎/Hotel de Ville de Parisの前に、回転木馬がありました。
(フランス語では、Hotelをいわゆるホテルではなく、館やお屋敷という意味で
使うことが多いです。)

古い建物とメリーゴーランドの色彩やテイストが合っているところが、
さすがにパリです。

この市役所前広場は、サーカスやコンサートなど、
いつも楽しげなイベントが行われていました。
フランス旅行1/2016
comments(2)
trackbacks(0)
エッフェル塔<パリ・レポート7>
3月うさぎ
__ 1.JPG__ 2.JPG

パリには何度も来ているけれど、
エッフェル塔/Tour Eiffelを真下から見上げるのははじめて!!

繊細な鉄のレース編みに驚きました。
比べていいものかどうかよくわからないが、
東京タワーとはかなり密度が違う。

 
フランス旅行1/2016
comments(2)
trackbacks(0)
ジャックマール・アンドレ美術館<パリ・レポート8>
3月うさぎ
__ 3.JPG

ジャックマール・アンドレ美術館/Musee Jacquemart-Andre

銀行家アンドレと、妻であり画家であったジャックマールが蒐集した
美術品が、豪華な彼らの邸宅と共に美術館となっている。

__ 4.JPG

印象派の企画展が人気ありすぎて、
優雅なサロン・ド・テを逃す。

__ 2.JPG

 
フランス旅行1/2016
comments(0)
trackbacks(0)
刻印<パリ・レポート9>
3月うさぎ

__ 3.JPG__ 2.JPG

__ 1.JPG

 

パソコンが復活しましたので、

パリレポート続けます。

 

 

 

 

パリの街を散歩中、夫が道路に遺されたこんな刻印を発見。

(雨上がりでなければ気づかなかった!)

 

ここにも。

あ、ここにも。

さがせば、もっともっといっぱいありそうだ。

 

彼の推理では、その刻印された位置から想像してライフライン

(たとえばガス工事とかの)を設置した記録ではないか?と。

 

あくまでも仮定。

 

これが日付だとすると、1900年代?1800年代?

どちらもありそうなのが、パリ。

 

 

フランス旅行1/2016
comments(0)
trackbacks(0)
calendar :::: entry :::: comment :::: trackback :::: category :::: archive :::: link admin :: profile :: RSS1.0 :: Atom0.3 :: jugem