3月うさぎ

calender entry comment trackback category archive link
フレンチルージュ<パリ・レポート20>
3月うさぎ

__.JPG

 

ランス駅前のメイン通りの外の席で、電車待ちの一杯。

生まれて初めて赤いビールを飲みました。

ワインとビールが合体したような味。

よく歩いたので、炭酸が喉に心地よかったです。

 

まだ明るいですが、たぶん時間的には、

夜の8時か9時頃だったと思います。

 

旅行者的には、助かりますけど、ね。

 

 

 

フランス旅行2/2016
comments(2)
trackbacks(0)
もう一つのランス<パリ・レポート21>
3月うさぎ

 

__.JPG

 

もう一つのランス。

 

フランスには、カタカナでいうランスという街が二つあって、

一つのランスは、レポートしたばかりの、ランス大聖堂がある歴史あるシャンパーニュ地方のランス。

スペルは、Reims。

 

もう一つ、ベルギーの国境近くにあるノール地方のランス。

スペルはLens。

今回のユーロサッカーの舞台にもなっている。

 

紛らわしいこの二つのランスを私自身しっかり混同してしまっておりまして、

シャンパーニュのランスに行って、はじめてルーブル美術館の別館があるランスとは違う・・・

ということを知りました。

(だはっ!下調べ不足!!)

 

でも、今回は、フランスレールパスを購入していたので乗車券分はプリペイド、

で、やっぱりルーブルランスも観たい!ということになって、

なんと二日続きで、違うランスを訪れたのです。

 

しかし、間違えなければ、二つのランスを訪れることはなかった。。

そう思うと、我ながらよくぞ間違えたと思う^-^

 

どちらのランスも捨てがたかった。

 

でもでも、みなさんは、気をつけてください。

 

 

 

 

 

フランス旅行2/2016
comments(0)
trackbacks(0)
ルーブル・ランス<パリ・レポート22>
3月うさぎ

__ 1.JPG__.JPG

 

ランスに新しく出来たルーブル美術館別館/Louvre-Lens

 

設計者は、日本人です。

妹島和世+西沢立衛のSANAA。

 

金沢21世紀美術館も素晴らしいですが、

ここは更によかったです。

(ま、意見は分かれる建築でしょうけど。)

 

特に、展示室は、「体験」とも呼べるような不思議な効果を生む素材が使われていました。

ある意味ドライすぎる建築を緩和するかのような楽しい表情を与えてくれる周囲の庭。

 

こんな写真ではとても伝わりませんので、

ぜひフランスに行かれる方、ランス/Lensにまで足を伸ばしてください。

 

 

 

 

 

フランス旅行2/2016
comments(0)
trackbacks(0)
グラン広場<パリ・レポート23>
3月うさぎ

__ 5.JPG

 

ランスから、パリに帰る途中、トランジットで立ち寄った街、

アラス/arras

(そう言えば、パリにもアラス通りってあったよな〜!)

そして、ここは市庁舎もあるグラン広場。

歴史ある街ですが、2度の大戦で破壊され、懸命に復興させた街らしい。

 

あれ、デジャブ?

強い既視感を感じた思ったら、まったく夫も同じことを。

 

気のせいではなく、チェコのある街の広場と、ものすごく似ていたのでした。

ハンザ都市の様式と、スケール感がそう思わせるのでしょうね。

 

そういえば、そのチェコの広場の脇のお店でフライドポテトを注文したら通じなくて、

なんでだろ?と思ったら、「あ、フレンチフライのことね」と言われたのを思い出す。

あのハンバーガーと一緒に出て来る油で揚げたポテトは、「フレンチ」だったんだな〜

と再認識させられたんだっけ。どうでもいい話だけど。笑

 

夕暮れにファサードがピンクに染まって、

印象的でした。

 

しつこいですが、これも夕方ではなく

もうどっぷり夜・・・という時間。

フランス旅行2/2016
comments(0)
trackbacks(0)
パウル・クレー展<パリ・レポート24>
3月うさぎ

__ 1.JPG

 

先にも書きましたが、

今回のポンピドーセンターまでは、徒歩1分。

 

そして、滞在中は、ちょうどパウル・クレー/Paul Klee

展をやっていました。

 

__ 4.JPG__ 3.JPG

 

 

 

生涯に私は何度クレーの展覧会を観るのだろうか・・・と

自分でもあきれる程何度も観ているクレーの作品ですが、

何度観ても、ああ出逢えてよかった!と思わせてくれるのが、

またクレーです♡

 

__.JPG

__ 5.JPG

 

 

フランス旅行2/2016
comments(2)
trackbacks(0)
ポンピドーセンターからの眺め<パリ・レポート25>
3月うさぎ

__.JPG

 

ポンピドーセンターの上から眺めたパリの街。

 

俯瞰のパリは、さすがに他の街にはかなわない

ある種の美の完成形だ、と認めざるを得ません。

 

 

今回のアパートがポンピドーセンターのすぐそばだと言うことは先に書きましたが、

本当にもうすぐそこ!なのです。

一番手前の建物の列の中に、赤いテントのビルが見えますが、

その隣の細いスリットをツルツルと入って、次の通りに出て右に2つ目のアパートです。

1分とかかりません。

 

今思っても、最高にhappyな場所でした。

 

__.JPG

 

 

 

 

フランス旅行2/2016
comments(0)
trackbacks(0)
フィルハーモニーコンサートホール<パリ・レポート26>
3月うさぎ

__ 2.JPG__ 1.JPG

 

ラ・ヴィレットに新しく生まれた

フィル・ハーモニーコンサートホール/Philharmonie de Paris

 

設計は、フランスの奇才ジャン・ヌーベル!

 

ぱっと観ると、ここだけモノクロ写真かと思うでしょうけど、

いえいえ、これでもカラー写真です。

平面の柄は、エッシャーの鳥をモチーフにした幾何学模様。

蛇もいます。笑

 

パーツも特注だらけ、まるでジクソーパズルのような

とんでもなく施工者泣かせな建築。

実際、工期が延び延びになってこけら落としに間に合わず、

モメにモメたという話も漏れ聞いています。

(実のところ、まだ一部は工事中でした!)

 

__ 3.JPG

 

 

フランス旅行2/2016
comments(2)
trackbacks(0)
コンセルヴァトワール<パリ・レポート27>
3月うさぎ

__.JPG

 

コンセルヴァトワールパリ音楽院/ Conservatoire

 

設計は、ポルザン・パルク

 

のだめ(のだめカンタービレ)も留学した学校です。

内部吹き抜けの階段部分には見覚えがありました。

 

 

 

 

フランス旅行2/2016
comments(0)
trackbacks(0)
パリリヨン駅<パリ・レポート28>
3月うさぎ

__.JPG

 

じっとしてない人たち。(←我々)

週末は、TGVで、プロヴァンスを目指します。

 

出発は、パリ リヨン駅/Paris-Lyon

 

時間に余裕があったので、ホームが見えるカフェで

まずはプチ・デジュネ♪(朝食)

 

 

フランス旅行2/2016
comments(0)
trackbacks(0)
エクサン・プロヴァンス<南仏レポート1>
3月うさぎ

__ 1.JPG

 

パリから約3時間。

TGVで南仏の拠点、

エクサン・プロヴァンス/Aix-en-Provenceへやってきました!

 

駅のレンタカーショップで、車を借りました。

トヨタと、フィアットと、アウディ、どれがいい?と

聞かれました。

日本車じゃつまらないし、うちの車はフィアットだし、

ここはフランスなので、アウディに決めました。

レンタカー価格は、日本よりはやや安めかも。

 

カウンターで日本の京都から来たと言うと、

窓口の男性の表情が変わりました。

京都に憧れてくれているようです。

(最近、ホント、京都人気すごいな〜!!)

 

今回は、3日間の旅の伴です。

よろしくね。

 

しかし、アウディのカーナビの設定のわかりにくいこと、、、

マスターするまで大変だったよう!

 

__ 2.JPG

 

フランス旅行2/2016
comments(0)
trackbacks(0)
calendar :::: entry :::: comment :::: trackback :::: category :::: archive :::: link admin :: profile :: RSS1.0 :: Atom0.3 :: jugem