3月うさぎ

calender entry comment trackback category archive link
イングリッシュ・クリスマスケーキ
3月うさぎ
080212_0737~01.jpg
昨年暮れのある日、私の家に英国人のJ氏が遊びにきた。
時はクリスマスの頃だったので、マールブランシュのイチゴとクリームのケーキをお出ししたら、このケーキはとても美味しいけれど、こういうケーキをクリスマスに食べてるのは日本だけかも、と言われた。「イギリスのクリスマスケーキってどんなんだっけ?」と聞くと、どちらかというとドイツのシュトーレンにも似ているがまたひと味違う・・・と蘊蓄が始まって、では年末年始イギリスに帰るからお土産に持って帰ってくるね、と約束してくれて、新年になって届いたのがこのケーキ。(J氏のお母さんのお手製)
なんと、イギリスのクリスマスケーキは、クリスマスが終わってすぐに作ってそれから一年間寝かせて次のクリスマスに食べるのだとか。そして、いっぱい作るので一度には食べきれないため一年かけて少しずつ食べるのだとか。(でも、湿気の多い日本ではとてもこうはいかない気がするが・・・)
いろんな味が凝縮した大人の英国式ケーキをこの歳になってはじめて食することができて大満足。一緒に映っているのは、バニラ入り紅茶。甘い香りがします。
おいしいじかん
comments(3)
trackbacks(0)
食パンの王様
3月うさぎ
080218_1003~01.jpg
GRANDIR(京都)の食パンである。
パンの中のパンといえば、バケットか食パンということになると思うが、
独断を承知で言えば、食パンの中ではGRANDIRのパンは最高峰を極めていると思う。
天然酵母のおかげかふっくら甘く、また品よく塩加減も効いて、耳がほどよくぱりっとしていて、けれど中身はしっとりとくどくない。このバランス感覚が飽きない秘密。この歳まで生きてきて、食パンに関しては、もう迷うことなくGRANDIRの食パンと思っている。まだ、赤ん坊だったうちの娘も、他のパンだと一口二口かじる程度だった当時、ここの食パンとなるとぺろりと一枚食べてもっと!という顔をしていた。赤ちゃんにも分かる何かがあるのかもしれない。
・・・ということで、全国食パン大賞があるのかないのか知らないけれど、目隠しコンテストでもたぶん一位をあげられるおすすめの食パンである。(別にGRANDIRの回し者ではないのだけれど・・・)
おいしいじかん
comments(4)
trackbacks(0)
パン・ド・ママン
3月うさぎ
080219_1432~01.jpg
昨日に引き続き、パンの話題。
GRANDIRの食パンを褒めたばかりだが、近いと言っても毎日行けるわけでもないので、
本日は出先でドンクのパンを買ってみた。
実は私は密かにバケット(フランスパン)の最高峰はドンクだと思っている。
が、今日はこのpain de maman/パン・ド・ママンという名前とたかが食パンにこのイラストというのが気に入って購入してみた。ハーフサイズで耳がほとんどないママンのようにふわっとやさしそうなパンである。
おいしいじかん
comments(2)
trackbacks(0)
クリームシチュー
3月うさぎ
080301_0851~01.jpg
今日から3月。
やっぱりうれしい。
春だもん。
記念すべき朝食は、野菜と牛乳たっぷりのシチュー。
あったまります。
おいしいじかん
comments(1)
trackbacks(0)
薬膳カレー
3月うさぎ
080305_1232~01.jpg
MEAL MUJIでお昼ご飯。
薬膳カレー。
十穀米にこんにゃく入りのカレー。
まあ、ヘルシーではある。
おいしいじかん
comments(0)
trackbacks(0)
1さやで4度おいしい。
3月うさぎ
080312_0810~01.jpg
見て!見て!
ピーナッツ。
一つのさやになんと4粒も。
おいしいじかん
comments(1)
trackbacks(0)
春のケーキ
3月うさぎ
080312_1759~01.jpg
急に暖かくなりました。
春らしい花びらのケーキ。
いかが?
おいしいじかん
comments(3)
trackbacks(0)
チャールストン
3月うさぎ
080312_1333~01.jpg
フランスPaul Bocuseのパン。
その名もチャールストン。
24時間かけて完全醗酵させているのだとかで、
ちょっと高め。でも、さすがに香りに品がある。(ほんまかいな)
この名前はどこから来ているのか聞いてみたい。。。
おいしいじかん
comments(0)
trackbacks(0)
桜のムース
3月うさぎ
080315_2146~01.jpg
お菓子の世界もいつのまにか春一色ですね。
これは桜のムース。
おいしいじかん
comments(0)
trackbacks(0)
いかなごの釘煮
3月うさぎ
080316_1624~01.jpg
今年もSおばちゃんお手製のいかなごの釘煮が届いた。
毎年ほぼ恒例になりつつある。
Sおばちゃんは、癌の末期で余命1年と宣言されたのに、もうそれから10回くらいは新しい春を迎えているように思う。いつも前向きでほがらかなSおばちゃんに癌は馴染まなかったのかもしれない。逆かな。癌は大きくもならず小さくもならずおばちゃんとすっかり仲良しになってしまったのかも。
春の初めのこの季節「昨年はもう来年はいかなご炊くのは無理かと思うとったけど、また今年も炊けたし、今日送っといたから・・・」と変わらぬ神戸弁で電話が入る。この台詞も毎年同じ。
だから、日頃ご無沙汰の私からすると、このいかなごはSおばちゃんの命のいかなご。
来年も変わらぬ声で電話が入るといいな。
そして、特別美味しいSおばちゃんのいかなごが来年もまた食べられますように。
おいしいじかん
comments(2)
trackbacks(0)
calendar :::: entry :::: comment :::: trackback :::: category :::: archive :::: link admin :: profile :: RSS1.0 :: Atom0.3 :: jugem