3月うさぎ

calender entry comment trackback category archive link
Finland
3月うさぎ
080513_1220~01.jpg
080513_1231~01.jpg
恒例の夏の家族旅行。
今年は森と湖の国フィンランドへ行くことに決まりました。
建築関係者としてはアルヴァ・アアルトの建築を見て廻るのが主なる動機。
集落研究者の旅は今回はお休み。フィンランドには土着的な密集集落はなさそうだしねえ。
子供を喜ばせるネタとしては、ムーミンやサンタクロースの国でもあるし。
西欧諸国はほぼ行き尽くした私も、北欧だけはまだ未踏だった(若い頃から北欧への憧れはあったものの物価の高さでめげていた)ので、フィンランドへ行くのもまったくの初めてです。
しかも、過去5年は(近い順に)スペイン、ベトナム、南イタリア、イギリス、ギリシャと南の国(イギリス以外)が続いたので、ここいらで久しぶりに北ヨーロッパの洗練された文化を見て来るのもいいのではないか?と云うことになりまして。しかも、夏に日本より涼しい国に行けるのはやはり嬉しい。今回はフィンランド航空なので珍しく直行便でヘルシンキまで行けちゃうのも有り難いし。
北のロヴァニエミにも行くのなら、ラップランドにも足をかけて野生のトナカイにでも挨拶してきたいなあ。でも、そこまで行くとちと日程が厳しくなるかも・・・。
まあ、細かいことはこれから練るとして、それも含めて今から夏が楽しみになってきました。
何か、フィンランドに関して、ガイドブックに載ってないような情報をお持ちの方、是非ご一報をお寄せいただけたらと思います。出発は8月です。

写真上は、岩盤をくり抜いて作ったテンペリアウキオ教会。
下は、なぜかうちにあるアアルト夏の家(コエタロ)の紙の模型。
フィンランド旅行1
comments(8)
trackbacks(0)
フィンランド旅行
3月うさぎ
080610_1955~01.jpg

さて、いよいよ明後日からフィンランドへ行ってきます。
フィンランドの北のラップランド地方の上はもう北極。
・・・ってことはやっぱり涼しいのかなぁ?
よく分からないけど、ある程度寒い場合のことも考えて上着も持って行きましょう。
お盆は日本で迎えます。
その頃には日本の暑さも山を越してくれていたらいいんだけどな・・・甘いかな・・・。
ところで、フィンランドって日本から一番近いヨーロッパだって知ってました?

フィンランド旅行1
comments(2)
trackbacks(0)
地球
3月うさぎ
080727_1210~01.jpg

旅行前最後の更新です。
ではでは、行ってまいりま〜す。
いつも安モンの飛行機ばかり使っているので、遠い遠いヨーロッパですが、
今回は珍しくダイレクトに現地(ヘルシンキ)なのが、嬉しい私です。
でも、飛行機乗ってる時が一番、自分が「地球」に住んでいることを意識させられるので、そこだけは気に入っています。
空から眺めていると、人が住んでいるところなんてほんの少しで、他は大きな海や荒野が延々と繋がっている風景なんですよね。
不毛な大地の中に小さな灯りを見つけると、ほっとして、人が住んでいる場所が奇跡のように思えることがあります。
そして、一つ一つの灯りがとてもとてもいとおしくて、そのすべての灯りの下ではみんなが笑顔で暮らしてくれていることを祈りたいような気持ちになります。
(ま、テトリスにハマッて、祈るどころじゃないときもありますけど。)

イラストは、ブルーノ・タウトの「アルプス山脈」より。「地球」

フィンランド旅行1
comments(2)
trackbacks(0)
森と湖の国 <フィンランド・レポート1>
3月うさぎ
080806_2119~01.jpg
 
森と湖の国フィンランドへ行ってきました。
あちらはもうすっかり秋。
朝の気温は8℃位とか。昼間でも20℃程度。
外で半袖一枚になることはまずありませんでした。

車で走ると、森、森、森・・・とにかくひたすら森が続きます。
逆に言えば、国土のすべてが森で、そこを切り崩して人が住める場所を作っていることがよくわかります。どこもここもが別荘地のよう。
本当に美しい国です。

ヘルシンキ、トゥルク、フィスカルス、ラウマ、ポリ、ノールマック、タンペレ、ユヴァスキュラ、セイナッツァロ、ムーナッツァロ、ミケーリ、イマトラ、ポルヴォー、オタニエミ・・・これらは私たちが訪れた町の名前です。

濃密な旅になりました。
しばらくは、このブログでもsuomi(フィンランド語で言うフィンランド)の旅のレポートをお届けしたいと思います。おつきあい下さいね。


p.s.
まだ寝不足を引きずってぼお〜っとしているので、
今日のところは「ただいま」のご挨拶のみ。
留守中にも沢山メールをいただいていて帰って来た私を温かく出迎えてくれました。
ありがとうございました!
とにかく、元気です。
それにしても、日本のこの蒸し暑さって!!!








フィンランド旅行1
comments(6)
trackbacks(0)
polo <フィンランド・レポート2>
3月うさぎ
080810_2246~02.jpg
旅の同行者は、建築家の夫と小学5年生の娘。
娘が1歳の時から、毎年夏にはこのメンバーで海外の一国を選んで旅している。
このメンバーになってからの夏の旅行も、オランダ、スイス、ギリシャ、イギリス、イタリア、ベトナム、スペイン、そして、今年のフィンランドとだんだん年季が入ってきた。赤ん坊+おむつやミルクと一緒に旅行していた頃から比べると、近頃随分しっかりしてきて、今年は助手席に座って、地図を見たり、通りの名前をチェックしたり、なかなか使える旅のパートナーとなってきてくれている。

夫は、大学で建築の設計を教えているが、同時に集落や町並みの研究者という側面もあるため、興味はどうしても観光地には納まりきらず、辺鄙な場所にも度々足を運ぶことからどうしても車の旅が増えてきた。特に北欧は公共の乗り物の運賃も高いので、日数が長くなるとレンタカーの方が割安になってくる。
道はどこもきれいに舗装されているし、標識も判りやすい。ドライバーのマナーも悪くないし120キロくらいはノーマルに出せるので誠に快適。

080804_1548~01.jpg
今回の旅では、ワーゲンのpoloにお世話になった。
(小型の普通車を希望すると、選択の幅なくコレ!って。勿論マニュアル車。)

080805_1744~01.jpg
フィンランドの場合、町を少し外れると、とにかく森の中をひたすら走る、という風景になる。そして、道の脇にはこんな風に「トナカイに注意」の看板が当たり前にあるところがフィンランドらしい。




フィンランド旅行1
comments(4)
trackbacks(0)
アパートホテル <フィンランド・レポート3>
3月うさぎ
080809_0221~02.jpg080809_0222~01.jpg080809_0221~01.jpg
080809_0223~02.jpg

フィンランドのホテル事情はあまりいいとは言えない。
イタリアやスペインには魅力的なホテルが多く絞り込むのが大変なくらいだったが、逆にフィンランドは、ホテルの絶対数も少なく特に夏期ともなるとどこも満室になると脅されたので、今回はほとんど出発前に宿を決めて行った。
大きなホテルにはあまり個性がなさそうだったので、逆に普通の家の雰囲気を味わってみる方が面白そうといくつかB&Bやアパートホテルを利用してみた。

ここは、ヘルシンキのアパートの一室をオーナーが個人的に貸し出ししている部屋。
こんな風にインテリアは明るく北欧モダンにコーディネートされていて、冷蔵庫には翌朝の朝食に必要なものが用意してくれていた。サウナもちゃんとあって、アフターサウナには、小さな庭の椅子に腰掛けてビールを飲むことも出来る。
しかも、とても便利な場所にあるので、ヘルシンキの主要な観光地へはほとんど歩いて廻れる。
オーナーはharadaさん(最近ママになられたばかり!)という日本の方なので、宿泊以外の相談にも乗っていただけて有り難い。ヘルシンキに短期滞在される方にはぜひぜひオススメ!
http://www.asumo.fi/

080809_1616~01.jpg
主婦としては、何よりこの部屋にあった食器乾燥棚が気に入った。洗った食器を伏せていくとそのまま水滴は下のシンクに落ちて、しかもトビラを閉めるとそのまま収納。
「日本ではこうはいかないよ」と設計者の夫に釘を刺される。乾燥している国だから成り立つんだと。確かにそうだよね。水分そのままにトビラを閉めたら、日本ではすぐにカビが生えちゃって清潔に保つのは大変だものねえ。


フィンランド旅行1
comments(1)
trackbacks(0)
アルヴァー・アアルト <フィンランド・レポート4>
3月うさぎ
080814_2219~01.jpg
建築関係者なら、アルヴァー・アアルト(現地ではアルヴァル・アアルトと「ル」をしっかり発音していたが)の名前は知っているだろうが、一般の人となると聞き覚えがない人も多いかもしれない。
ただ、彼がデザインした、曲げ木の家具(ALTEK)や照明なら知らず知らずのうちに目には入っていると思う。今やそれらは北欧家具の代表選手になって世界中に輸出されている。
080807_2113~01.jpg
今回のフィンランド旅行は、このアルヴァー・アアルトの作品他、フィンランドの建築を見に行きたいというのが一番のテーマ。
彼の作品は、その目で見て体験しないと良さが解らないと言われている、というので私も実際に見るのを楽しみにしていた。
アアルトの作品は彼の死後財団によって守られつつも、予約制ではあるが見学者に解放してくれてもいる。
今回の旅行は、マイレア邸(ノールマック)、夏の別荘コエタロ(ムーラッツァロ)、村役場(サイナッツァロ)、ヴォクセンニスカの教会(イマトラ)、アアルトの自邸(ヘルシンキ)、フィンランディア・ホール(ヘルシンキ)、アアルトのアトリエ(ヘルシンキ)、ユヴァスキュラ教育大学(ユヴァスキュラ)、ヘルシンキ工科大学(オタニエミ)等々しつこくアアルト作品を追い続けたのだからまさに「アアルトを巡る旅」だったと言えるだろう。
勿論、他の設計者の優れた作品にも出会うことができたが、やはりフィンランドの建築はこの突出した建築家がほとんどたった一人で引き上げたと言っても過言ではないだろう。彼は新婚旅行で行ったイタリアに憧れ、また足を踏み入れることができなかった日本にも憧れて、この憧れが設計の手法にも大きな影響を与えている。
一つ、一つの作品についてはまた後ほど改めて。

080811_2108~01.jpg
この写真は、アアルト自邸の彼の机。
自宅が事務所を兼ねていた時代は、この机からアアルト作品が生まれていた。

当時、彼はこんな言葉を残している。

「幼年時代の机は大きかった。その机はますます大きくなるばかりだった。その上で私は生涯の仕事をしてきた」Alver Aalto




フィンランド旅行1
comments(0)
trackbacks(0)
コエ・タロ <フィンランド・レポート5>
3月うさぎ
コエ・タロの話題が出たので、お先に紹介しておきましょう。

コエ・タロというのは、アアルトの夏の家として知られるムーラッツァロの実験住宅(
Experimental House)のこと。
タロというのは、フィンランド語の「家」。

湖に浮かぶ小さな島の林を抜けた湖畔にある。
完全にプライベートな世界。
080806_2005~01.jpg080806_2012~01.jpg
母屋から離れた湖の際に伝統的なスモークサウナの小屋を建て、熱くなったら湖に飛び込める贅沢な位置関係。そのサウナの小屋を少し上がると、簡素なタロが現れる。
080806_2124~01.jpg080806_2036~01.jpg080806_2101~01.jpg
レンガ敷きのコートを高い壁で囲い、内部ような独特の空間を作っている。
レンガやタイルの無数のパターンは、アアルトがこの家を実験ハウスとして使った証である。アアルトと夫人は、この庭での焚き火をこよなく愛したと言う。
自然の切り取り方が上手い。

080806_2102~01.jpg
娘はなんとこのアアルトの別荘で、四ツ葉のクローバーを4本も見つけた。
羨ましくなって私も捜してみると、なんと私も1本!
娘は、生涯で初めての、私はたぶん2回目の四ツ葉のクローバーに出会えたことで、一気にテンションアップ↑↑
誠に幸福な、コエ・タロ訪問記念のプレゼントとなった。
見て!見て!この見事な四ツ葉!
フィンランド旅行1
comments(6)
trackbacks(0)
マイレア邸 <フィンランド・レポート6>
3月うさぎ
080805_1711~01.jpg<
080805_1612~01.jpg
アアルトファンの皆様(このブログの読者の中にどれだけ居んねん、って気もするが・・・)
お待たせいたしました。
これが有名な「マイレア邸」です。

・・・とは云え、この住宅は現在も親族がまだ時々訪れて使っているとのことで、内部の写真は一切禁止。
しかし、うちの夫が一番見たがっていた住宅である。
確かにこれは写真でいくら見ても、全体像がよく解らない。
ところが、一歩玄関の奥に広がる内部が目に入ったとたん、間違いなくいい住宅だということを実感することができた。
実際、多くの人が同じ思いを味わったのだろう。
アアルトの評価を一気に引き上げた住宅だとも聞いている。

本当は正規の見学スケジュールとは日程が合わず、(何より申し込みの締め切りをだいぶ超えていた)無理を言って、アメリカ人建築家たちの予約の枠に横から入れてもらった。しかもそのアメリカ人たちが大幅に遅刻してくれたので、私たちだけでこの住宅を堪能できたのはとても幸運だったと言えるだろう。

とにかく、このマイレア邸のオーナーは大変なお金持ちで、ピカソやブラックやレジェやカンディンスキーの作品がさもないように並べられている。そしてまたその芸術を解するお金持ちが、アアルトに惚れて、かなり自由にこの家の住宅を任せてくれたところから、この住宅の幸運は始まっている。
アアルトは周囲の林を大事に思い、その林のボキャブラリーが切れないように、家の中の柱なども木立のように配しながら、居ながらにして林を感じられるように設計している。内部の構成は、本当に森の中を歩いているように豊かで意外でワクワクされるものがあり、良質の建築というものはこういうものか・・という充足感に満たされる。

アアルト・ファンの方、是非とも現地に見に行かれるのであれば、この作品は外さないことを勧めます。コエ・タロ同様、ヘルシンキからかなり離れているので、大変といえば大変ですが、、、
でも、正直、この住宅の玄関で、ここで帰ってもフィンランドに来た甲斐はあったと思いました。
まだ、到着後3日目でしたが。

080815_0323~01.jpg080815_0322~01.jpg
マイレア邸を描いたカード。




フィンランド旅行1
comments(4)
trackbacks(0)
フィンランド語 <フィンランド・レポート7>
3月うさぎ
080815_0222~01.jpg
フィンランドに行くというと、よく聞かれた質問の一つが、「フィンランドって何語話してんの?」というもの。
フィンランドにはちゃんとフィンランド語があるのです。
しかも、それは他の北欧の言葉とはまったく似ていなくて、もっとも近い言語はエストニア語なのだとか。
正式に話すには相当道のりが長そうだが、ほとんど書いてある通りに読めば通じるので、にわかにカタカナ勉強するには意外と向いてなくもない。

実際に発音してみたのは、ヘイ(軽いこんにちは)キートス(ありがとう)ヘイヘイ/モイモイ(バイバイ)くらいだけどね。でも、ヘイが、こんにちはで、ヘイヘイがさよならなんて、なんかeasyすぎない?
ヘイヘイとモイモイのニュアンスの違いを確かめたかったけど、なんだかよく解らなかった。(誰か知ってる人がいたら教えて!)
どちからと言えば、ヘイヘイの方が使用頻度は高かった気がする。
「ヘイヘイ」と発音するフィンランド人が心なしか少し恥ずかしげに見えるのは、私だけの気のせい?

とにかくフィンランド語と言えば、イタイネンという通りがあったり、パーヤネンという名前の人がいたり・・・かなり関西人には親しみ易いものがある。
2週間近くいると読める単語はそこそこ増えます。
それにトイレのトビラに「M」と「N」しか書いていないこともあるので、ある程度前知識はないと急いでる時にはエライ目に会います。

私は一応、新しい国に行く時には、挨拶と数と簡単なメニューと買い物会話くらいは覚えていくことにしています。(えらいでしょ。えへん)韓国へ行くときはハングルもしっかりマスターして行きました。
だって、英語が公用語の国はともかくとして、お互いに母国語でもない言葉を借りていると、なんとなく本質に近づいていけない気がして嫌なのです。だから、最低限「ありがとう」くらいはその国の言葉を使いたいと思うのです。しかも、それまで英語で話していたときは無表情だったのに、その国の言葉をちょっと使うだけで、大抵の人はすごくいい笑顔で返してくれたりするので、短いコミュニケーションにはとても有効だったりします。自分も楽しいし。

フィンランドの公用語には、他にスウェーデン語もあるので、たいてい標識などは、フィンランド語とスウェーデン語の両方で書いてあります。外国人にとってはどうせなら片方が英語ならどんなにいいかと思いますが、そうもいかないようです。

他に笑える単語集としては、パー=頭、カニ=うさぎ、シカ=ぶた、スシ=おおかみ、ロウバ=婦人、プータロ=木の家・・・なんてのがあるようです。
ラテンの言葉もそうだけど、母音で終わる言葉はどうしても日本語とカブルよね。
その分、なんとなく親しみが持てる言語です。

以上、知ったかぶり、デシタ。






フィンランド旅行1
comments(0)
trackbacks(0)
calendar :::: entry :::: comment :::: trackback :::: category :::: archive :::: link admin :: profile :: RSS1.0 :: Atom0.3 :: jugem