3月うさぎ

calender entry comment trackback category archive link
プーロ 再び <フィンランド・レポート番外>
3月うさぎ
080806_1430~01.jpg

プーロ(puuro)のアップの写真がもう一つありました。
こんな感じです。
乗っかってる黒いのは腸詰めです。
見た目より美味しい。
しかも、プーロによく合うのです。
(個人的見解)






フィンランド旅行2
comments(7)
trackbacks(0)
ミュールマキ教会 <フィンランド・レポート18>
3月うさぎ
080810_1943~02.jpg080810_2048~01.jpg
080810_2052~01.jpg

ミュールマキ教会。
レイヴィスカ作。

タウンホールのような外観に小さな十字架がついている。
あまり教会らしくないアプローチ。

内に入って、思わずあっと言った。
ふんわりとした真っ白な空間に蛍が群舞しているような無数の照明。
今までに見たこともないタイプの教会だった。

いきなりセレモニーが始まる。
掛け合いのようなハーモニーが室内にこだまする。
建築そのものが音楽そのものみたいだ。
暗い冬は一層この蛍のような照明が一層際立つのかもしれないな・・・


やっぱり北欧の教会は、他とは全然違う。
解釈自体が新鮮。
キリストもマリアもそこにはいない教会。
うーん、ミュールマキ・・・きみは一体・・・。
フィンランド旅行2
comments(0)
trackbacks(0)
タマゴ <フィンランド・レポート番外>
3月うさぎ
080809_1520~01.jpg

タマゴはフィンランド語でカナンムラと言います。
ヘルシンキで食べたのタマゴには、一つ一つにピンクの印字で日付が押してありました。
鳥
フィンランド旅行2
comments(0)
trackbacks(0)
カレリア風パイ <フィンランド・レポート19>
3月うさぎ
080809_0228~01.jpg

これは、カレリア風パイ karjalan piirakka。
薄く伸ばしたライ麦粉の周辺をつまんでひだを付け、マッシュポテトやライスを盛って天火で焼いて食べるのが一般的。ゆで卵をあしらったり、バターの固まりを乗せたりする・・・らしい。
フィンランド旅行2
comments(0)
trackbacks(0)
キアズマ <フィンランド・レポート20>
3月うさぎ
080809_2004~01.jpg080809_2024~01.jpg080809_2012~01.jpg080809_2012~02.jpg

国立現代美術館キアズマ。(キアズマの名前の由来は知らない。)

アメリカの建築家スティーブン・ホール設計。
久々にアメリカの現代建築を見ると、これもまた新鮮に映る。
中の作品も、有名作家に甘んじることなく、常に企画展が催されているようで、先端のデザインスポットとして大きな役割を果たしているようだ。
実際、町中ではあまり服装には頓着しないフィン人という印象だが、ここに来ると急にデザイナーやモデル風のファッショナブルな人たちが増える。居るところには居るのね、とここに来てやっとデザイン先進国北欧に来たのだという気分が味わえる。
緩いカーブのスロープの吹き抜け空間はそれ自体、一つの現代美術の作品のようで美しい。

子供は、「現代美術」に偏見がない。
「よくワカラナイ」と頭をかかえることなどまったくなく、感性だけで作品を見てエンジョイすることができるからスバラシイ。
うちの娘はこのミュージアムがよほど楽しかったらしく、「中の作品もすごくいいけど、その作品をすごくいいと思わせるこの建物もきっとすごくいいのだと思う」という建築家を泣かせる発言を残した。ワカッテルじゃん。

一番下はカフェへの入口。




フィンランド旅行2
comments(2)
trackbacks(0)
郵便局 <フィンランド・レポート21>
3月うさぎ
080807_1843~01.jpg080811_2241~01.jpg

ヘルシンキで入ったの郵便局は、文房具屋さんだった。
もとい・・・
文房具屋さんの奥に郵便局があった、という表現の方がふさわしいか・・・。
いずれにせよ、主人公なのは、文房具の方だった。これは意外。
でも、イギリスには八百屋さんの奥に郵便局があったことがあるから、それからすればまだ幾分同類の匂いはするけどね。
見ての通り、フィンランドのパスタル・イメージカラーはイエローとブルーです。

080821_0204~01.jpg

ムーミンの切手もあるんですよ。
ちょうど一枚で日本に届けてもらえる価格の切手です。
ポストカードに貼っただけで一気にプリティになって、ご機嫌です♪

フィンランド旅行2
comments(0)
trackbacks(0)
ユヴァスキュラ <フィンランド・レポート22>
3月うさぎ
080807_1901~01.jpg
080807_1843~02.jpg080807_1851~01.jpg080807_1851~02.jpg

フィンランドでは、大学も二つ訪れた。
まず、一つ目は中部ユヴァスキュラという町にあるユヴァスキュラ教育大学。
ユヴァスキュラは町そのものもアアルト作品に溢れ、また大学キャンパスに並ぶ校舎もほとんどがアアルト設計による・・・というアアルト・ファンには無視して通れない場所。(と云うか、かなり意識してしか近づけない場所ではあるが。ヘルシンキからも3、4時間はかかる。)

080807_2018~01.jpg

大学キャンパスはゆったりとして、落ち着いた印象だ。
キャンパスが広すぎるせいか、学生達は大抵自転車で移動している。
大学の敷地内とは思えない手つかずの森のような部分があるのも、いかにもフィンランドらしい。
夏休み中というせいもあるのか、学生の数はまばら。
しかし、小脇には本を抱えていたり、カフェでも一人でノートを広げていたり・・・といかにもよく勉強していそうな学生(&先生)の姿が目立つ。

ここでは、宿もわざと、学生寮の一部屋を宿として貸し出してくれるところを選んでみた。勿論、キッチン付き。真っ白の清潔な部屋。そして普通のホテルよりずっと割安。
しかも、長期間になるほどお得になる。
ちゃんと、お茶の用意や、お鍋やアイロンまで用意されていて、なるほどこれならすぐに学生生活が始められそうといった感想を持つ。共同のサウナ室もある。

080807_0158~01.jpg

この町で一番高い丘に登ってみた。
丘の林の中にはこんな馬?(木のツルか何かで作っている)がいたり・・・よく見てみると、丘はすっぽりがいろんなアート作品のギャラリーになっていた。(実は、丘のみならず、町中がパブリックアートに溢れていることに翌日気がつくのだが・・・)
そういったところもまた、大学の町らしい雰囲気を盛り上げている気がした。
フィンランド旅行2
comments(2)
trackbacks(0)
アカデミア書店+カフェ・アアルト <フィンランド・レポート23>
3月うさぎ
080809_2351~01.jpg080809_2350~01.jpg

アルヴァー・アアルト設計のアカデミア書店。
そして、その2Fのカフェ・アアルト。

アカデミア書店は、タンペレにもあったが、これはヘルシンキ店。
もしかしたら、フィンランドで一番大きい本屋さんなのかな?
トップライトが大胆にとられた吹き抜け空間が印象的。
本やステーショナリーの数も充実している。

2Fのカフェ・アアルトは、映画「かもめ食堂」でも
サチエさんとミドリさんが初めて遭った場所として登場する。
二人で、「ガッチャマン」を歌って、周りのフィン人に注目されるというシーン。




フィンランド旅行2
comments(0)
trackbacks(0)
han <フィンランド・レポート24>
3月うさぎ
080811_2042~01.jpg

フィンランド語では、「彼」も「彼女」も「han」(正確にはaの上にドットが二つ。)で表すのだと云う。
男女平等の国であることは、女性の70%が仕事を持ち、それは同時に全労働の約半分を占めているというところにも表れているのかもしれない。
私自身、フィンランドを思い出す時に、重要なシーンでは、男性よりもむしろ女性の方が安易に思い出せる。しかも、いかにも格好いいキャリアウーマンだけが生き残るというイメージではなく、ごく普通のおばさんがすごく当たり前に職業婦人として活躍しているという印象なのだ。

建築家アルヴァー・アアルトは、生涯で二度(一度目は死別)結婚しているが、そのどちらもが同じ事務所で働く女性で、彼女達は、インテリアや家具の部門でアアルトに付随していない世界でも実力を発揮している。
どちらが上でも下でもない、しなやかに横に並ぶ・・・という考え方が、このアアルト自邸の洗面にも表れているのでは?と、私は密かに納得してしまった。


フィンランド旅行2
comments(0)
trackbacks(0)
量り売りセルフサービス <フィンランド・レポート25>
3月うさぎ
080808_1506~01.jpg

これは、フィンランドのみならず、ヨーロッパ(以外でも?)ではおなじみの野菜、果物量り売り用計測機。
買いたいモノを買いたい分量だけ自分でこの機械に乗せて、それぞれについている番号のボタンを押すと、重さ分を換算したシールがピューっと出て来る。
その出て来たシールを直接品物にペタンと貼ってレジまで持っていく。
ほとんどのスーパーがこのシステム。
たまに、番号の代わりに、ボタンにバナナとかリンゴとかの絵が描いてあることもある。

簡単に云うと、値付けのセルフサービスってところかな。

フィンランド旅行2
comments(0)
trackbacks(0)
calendar :::: entry :::: comment :::: trackback :::: category :::: archive :::: link admin :: profile :: RSS1.0 :: Atom0.3 :: jugem