3月うさぎ

calender entry comment trackback category archive link
仕立て屋さん <フィンランド・レポート36>
3月うさぎ
080811_1644~01.jpg

ある仕立て屋さんのウインドー。
エプロンドレスが得意らしい。
フィンランド旅行3
comments(0)
trackbacks(0)
結婚式 <フィンランド・レポート37>
3月うさぎ
080809_1750~01.jpg080808_2318~01.jpg

教会へ足を運ぶことが多かったからかもしれない。
結婚式に出くわすことが多かった。

当たり前のことだが、神社仏閣があるでなし、結婚産業があるでなし、しかも教会のイメージが明るいフィンランドでは一般に教会がイベントの舞台として使われているようだ。もしかしたら、小さな町ではスーパーマーケットの次に集客力のある建物なのかもしれない。
近年、ヨーロッパ全般で、結婚は足かせでしかないという考え方が広まっているようだ。
一緒に暮らしていて子供がいても戸籍は入れない(離婚が大変だし、事実婚を重視する風潮に傾いてきている)という昨今の流れがあるようだが、結婚式は一応するという話も聞く。
気候の良い夏は、とりあえず結婚のベストシーズンということになるのだろうか?

この車の後ろには、よくある缶カンの代わりにスニーカーが2組ぶらさげてあった。
これはフィン式?
フィンランド旅行3
comments(0)
trackbacks(0)
アアルト博物館 <フィンランド・レポート38>
3月うさぎ
080807_2137~01.jpg

アアルト作品が多いユヴァスキュラには、アアルトのミュージアムもある。
彼が初めて事務所を持ったのもこの土地だと云う。

白い曲面になったタイルの壁面が美しい。
そういえば、コエタロ(アアルト夏の家/実験住宅)でも、このパターンは見かけた気がする。タイルの貼り方も微妙にリズムを変えている。レンガの作品に少し飽きてきたところに(大学で一度に沢山見過ぎた)この壁面は新鮮に映る。

内部には、アアルトの数々のプロジェクトが紹介され、彼が手がけたAltekの家具や雑貨のショップもある。
あらためて幸福な建築家だな・・・と思う。
フィンランド旅行3
comments(0)
trackbacks(0)
トラム <フィンランド・レポート39>
3月うさぎ
080811_0133~01.jpg
080811_0147~01.jpg

旅が終わりに近づいてきて、そうだ!まだトラムに乗ってないから、乗ってみよう!という話になった。
やっぱり、公共交通も少しは体験しておかないとね。

近くの停留所からチケットをどこで買うのかも分からないままトラムに乗り込む。
ずっと車で動いていたので、トラムの少し上から目線はすごく新鮮だ。
車幅が狭いので、狭い道を通る時など、臨場感があって気分がいい。
循環している路線もあるので、一周して元の駅に戻ってくることもできる。
旅の最後に、あっあそこだ!と今まで訪れた場所を地図で確認しながら廻るのも悪くない。
とにかく開口が大きく左右に開けているので、見晴らしは抜群である。

ところがところが、トラムをエンジョイしている最中意外な展開に。
途中から隣に座ったおばあさんの強烈なトーキングゥ(!)に捕まってしまったのだ。
突然フィン語で話しかけられ、言葉の津波が容赦なく押し寄せる。
なんとか言葉が解らないことを伝えたいが、こちらの事情にはまったくおかまいなしでとぎれなく話し続けている。
やっと重ねるように英語で返事をして言葉が通じてないことをアピールするが、「あら、英語の方がいいの?」と言ったかと思うと、今度はそのおばあさん訛の強い早口の英語で話し続ける。え”っ、英語も出来るの、、、ガッガ〜〜ン、、、(今から思うと日本語で返すべきだった・・・)
話の内容は、鍵を持ってないのに家を閉め出されて(オートロックなのかなあ???)大変だったのよぉ、そんなことが3回もあったのよ。今日がその3回目!信じられる?!とか言っている。
「それは、大変でしたねえ」なんて言ったのが失敗だった。おばあさんのおしゃべりは壊れた鳩時計みたいになってしまって、ついにその閉め出した女性の悪口まで始まってしまった。「彼女は私を気に入ってるみたいだけど、わたしゃ彼女が大嫌い!」なんて話までもう止まらない。止まらない。昔勤めていた会社の社長の話まで出て来る。今、席が隣になったばかりの外国人に身内の愚痴をこぼすのはやめてくれ爆弾私は今トラムを楽しんでいるところ〜。
どうやって止めたらいいのかわからなくなって、徐々に頭がボオ〜〜っとしてくる(@_@;)
誰か私を助けて〜と思っているところで(連れの二人はできれば係りたくないという様子)やおらそのおばあさんが立ち上がって、「じゃ、私ここで降りるわね」だって。、、、ぐったり、、、

シャイと云われるフィン人。
おばさん、おばあさんは、どこの国でも例外的存在か。

楽しかったトラムの旅。
後半はおばあさんとのトーキングタイムで幕を閉じる。
(ヘンなとこで気弱な私が悪いのね、、、と自己嫌悪。)


フィンランド旅行3
comments(0)
trackbacks(0)
仮囲い <フィンランド・レポート40>
3月うさぎ
080809_2340~01.jpg

工事中の仮囲い。
日本もこの頃少しは考えようとしているようだが、なかなかセンスがついていかない。
それに比べてフィンランドの仮囲いはなかなか気の利いたものが多かったように思う。
どの一枚として同じモノがなかったりするからエネルギーもかかっている。
限られた間とはいえ、その期間、そこの風景のかなりのヴォリュームを独占するわけだから、ただただ我慢というよりは、積極的に楽しめる方が良いに違いない。
こういうところにこそ、若手のアーティストに機会を与えるとか、少し大胆なアイデアを楽しむ場にすればよいのに、と思う。
問題は、予算ですね。ハイ。




フィンランド旅行3
comments(2)
trackbacks(0)
テンペリアウキオ教会 <フィンランド・レポート41>
3月うさぎ
080809_1738~01.jpg080811_1617~01.jpg080811_1628~01.jpg080811_1639~01.jpg

旅の間、何度か、今まで見た建築の中で何が一番良かったか・・・という話題になった。
別に順序をつけることに意味はないのだが、なんとなく次々押し寄せる感動をどうにか整理しておきたいという気持ちになってしまうのだ。

フィギュアスケートの大会を見ている時、これが一番だろうと思った演技の後に、また次にそれを上回る演技が出て来て混乱するように、その順位は次々と変化していった。
しかし、旅の最後にもう一度この会話になった時、3人のベスト1は同じ建築に集中していた。
フィンランドで出逢った作品で一番ということになると、やはり私たちはこの教会の名前を挙げるだろう。
この建築の度肝を抜くダイナミックさは、言葉を失うパワーがある。
1969年、ティモ&トゥオモ・スオマライネン兄弟がコンペで設計を勝ち取った作品。
この市街地の一角に大きく横たわる巨大な岩盤を相手に新しい教会を提案するというコンペだったのだろう。

岩盤を大きくくり抜いて作られたこの教会。別名ロックチャーチをも呼ばれるテンペリアウキオ教会。
これでやれると思った建築家もすごいが、やらせた側もまたまたすごい。
経費と労力を理由に「実現には至りませんでした」という顛末になってもやむを得ないと納得してしまうような難易度の高い優秀案である。
しかし、この建物がすごいところはアイデアが奇抜なばかりではない。それを支える細部の細部までしっかりと神経が行き届いていて、(岩をくり抜いて嵌める型枠の計算だけでも気が狂いそうになりそうなのに)どこも破綻せずに、すべての難関を見事にクリアしているところにうならされる。

天井を円形に切り取ったガラス窓からの光が岩肌を照らし・・・大変だったよ、なんて一言も言わずにすましているところがこれまた素晴らしい。

そうそう、<レポート37>で新郎新婦を乗せる青い車が止まっている場所は、この教会の入口。「これから結婚式が始まります」と見学者はすべて外に出されてしまったので、私たちはまた別の日に出直したのだ。

一番下の写真は、外へ出て、岩盤をよじ上ったところ。
ドーム状の天井部分を横に眺めることができる。
訪れた人は、内部だけでなくこの岩の山を上まで登ってみてほしい。この建築の偉大さがよく解る。


ちなみに、また、ランキングの話に戻ると、
1位は感動の強さでこの建築で一致したが、(アアルトごめん!2位には入っているから許して!)2位3位は、全員バラバラという結果に。
残りのランキングは、レポートがすべて終わった後にしましょうか・・・。



フィンランド旅行3
comments(2)
trackbacks(0)
移動図書館 <フィンランド・レポート42>
3月うさぎ
080806_1554~01.jpg

タンペレ市立図書館のバス。
たぶん、内部は移動図書館になっているのだろう。
フィンランド旅行3
comments(0)
trackbacks(0)
ポスト <フィンランド・レポート43>
3月うさぎ
080804_2054~01.jpg

森は、一見、森なだけで、誰かが住んでいそうにも見えないけれど、こうして道のところによくポストが並んでいるのを見かける。
森の奥に住んでるんだ〜と、覗いてみるが、いっこうに家の気配はない。
コエ・タロのように、湖畔の家だったりするのかもしれない。
フィンランド旅行3
comments(0)
trackbacks(0)
コエ・タロ part2 <フィンランド・レポート44>
3月うさぎ
080806_2052~01.jpg080806_2047~01.jpg080806_2046~01.jpg

季節外れにコエ・タロ(レポート5でご紹介したアアルトのサマーハウス)に行って、
中に入れなかった友人のためにーーー

あまり良い写真がありませんが、内部の写真が少し残っていたのでアップしておきます。製図机が2つ並んだ(アアルトと夫人はここで並んで図面を描いていたらしい。)リビングダイニング(ロフト部分あり)、小さなキッチンと寝室。最低限の簡素な簡素な設計。しかし、リビングから、湖をまで視線を届かせることには執着したと云う。
黒いキャップをかぶっている女性が説明してくれたガイドさん。ユヴァスキュラのアアルト博物館で再会した。

080806_2036~01.jpg080806_2032~03.jpg080806_2055~01.jpg
それから、重要な情報!
四ツ葉が5本も見つかったのは、親子が立ってる右手の辺りの茂みです。
その上は必死で四ツ葉を捜している最中のうちの娘。





フィンランド旅行3
comments(0)
trackbacks(0)
sisu <フィンランド・レポート45>
3月うさぎ
080808_2257~02.jpg

フィンランドの国民性を表す時、sisuという言葉を使うことがある、とある本に書いてあった。これは「フィンランド魂」と訳されるように、根性とか、粘り強さとか、決して妥協しない頑強さを指して言うのだそうだ。

たとえば、ラテンの国を訪れた時は、「どこから来たの?」「日本人?」「どうだ、良い国だろ、気に入ったか!」みたいに話しかけられたり、
特に、ギリシャを旅したときは「お〜お〜、こんなちっこい子ども連れてきたんか、よ〜来た、よ〜来た」となめんばかりに子どものほっぺたにひげづらをスリスリしてくるおじさんとかがやたら多かったり(ギリシャ人はどうもスキンシップが好きらしい)したものだが、フィンランドでは町を歩いていてもその手の話しかけられ方をすることは一度としてなかった。
けれど、ひと度、道を聞いたり、お願いごとをしたりすると、凄く丁寧で誠実に応対してくれる。フィン人自身も「フィン人はシャイだからなかなか自分たちから話しかけたりはしないけれど、でも根は親切だから心配しないで聞いてみるといいよ。ちゃんと応えてくれるよ。」と云っていた。これに関しては、本当にそう思った。きちんとしていて、かつ正確である。
こういうところは、私たち日本人とも似ているような気もする。

でも、決して妥協しない頑強さは、昔の日本はともかく現代の日本が失いかけているものの一つかもしれない。日本人はよく云えば、寛容。新しいモノ好きでなんでも受け入れる。そして、アレンジも上手い。サービス精神も旺盛。しかし、概して飽きっぽくポリシーが希薄だったりもする。そして、どこかお気楽である。

それに比べて、あまりにも手際の悪いレジにも、文句一つ云わず、黙って延々と待っていられるフィン人や、またそれだけ列が出来ていても動じなさすぎるレジのフィン人を見ていると、忍耐強いを超えて、実はかなり不器用なんだなあ、と思ってみたり。
フィン人は困った場面に遭遇すると、ギャーギャー文句云ったり、逆に鼻から諦めて引き下がるということはなく、ただ黙って、しかし威圧感を持って、ここから動かないぞ!というポースをするという話を聞いた。これはいかにも想像できる。彼らの主張は動かないことなんだと思う。

ちょうどいいって難しいけど、こういう否定し難い国民性って私はどこか好きなのだ。
でも、「日本魂」ってどういうところにあるんだろうね。

フィンランド旅行3
comments(0)
trackbacks(0)
calendar :::: entry :::: comment :::: trackback :::: category :::: archive :::: link admin :: profile :: RSS1.0 :: Atom0.3 :: jugem