3月うさぎ

calender entry comment trackback category archive link
海の博物館1
3月うさぎ
 120504_1210~01.JPG120504_1240~01.JPG120504_1210~02.JPG
120504_1155~01.JPG

友人家族に誘っていただいて、
南鳥羽の「海の博物館」へ行ってきました。

設計は、内藤廣氏。
内藤さんは、この作品で建築界の賞の最高峰「日本建築学会賞」も
受賞しています。

建物そのものが船を想起させる力強くのびやかな建築です。
すぐそばに本物の海もあるので、終始磯の香りが漂っていました。
旅日記
comments(0)
trackbacks(0)
海の博物館2
3月うさぎ
120504_1159~02.JPG120504_1159~01.JPG120504_1203~01.JPG 

「海の博物館」というだけあって、
海に関するもの(実物)がいろいろ展示されています。

特に、様々な木の船が展示されているこの棟はかなりの迫力です。
旅日記
comments(0)
trackbacks(0)
ひまわりちゃん
3月うさぎ
120504_1529~02.JPG120504_1530~01.JPG120504_1533~01.JPG120504_1536~01.JPG 

一応、GWしかも、子供連れ(子どもと言ってもだいぶデカくなっていますが、)
ということもあり、海の博物館の帰りに鳥羽のシーパラダイスに寄りました。

ここは、アシカやセイウチ、イルカなどの海獣で有名な水族館らしいです。

その時ちょうどやっていたセイウチのショーを見ました。(しかもこんな至近距離!)

しかし、700kgもある巨漢の割には、身のこなしもしなやかで、なによりセイウチってこんなにお利口さんだったのね〜☆とびっくり。

音楽に合わせて、む〜す〜ん〜で ひ〜ら〜い〜て♪とジェスチャーをつけて芸をしていました。

ひまわりちゃん、やるう!
相棒はたんぽぽちゃんだったかな。。
旅日記
comments(2)
trackbacks(0)
黄梅庵+伸庵
3月うさぎ
121223_1543~01.JPG121223_1548~01.JPG 

仁徳天皇陵に隣接する大仙公園の中には、
奈良の今井町にあった黄梅庵と、
東京芝公園にあった伸庵が移設されています。

伸庵の立礼席でお抹茶もいただきました。
和三盆の干菓子は、貿易の時に使われた大小の通貨がデザインされているとのことでした。

茶室の佇まいになんとなく説得力が欠ける気がしたのは、
移設ということが大きく影響している・・ということになるのかもしれません。
茶室は、動線、方角、眺望、光の入り方・・・そういったものが、
すべて一服のお茶へのアプローチになるので、移築でそれを再現するのはとても難しいことなのだと実感しました。

旅日記
comments(0)
trackbacks(0)
箱根温泉小景1
3月うさぎ
 140101_1124~02.JPG140101_1124~01.JPG140101_1130~01.JPG140101_1129~01.JPG140101_1125~01.JPG

冬休みの旅行の振り返り編。


年越しは、箱根で過ごしました。

にぎわう駅前を外れるとすぐ鄙びた感漂う箱根湯本を
歩いて来ました。

ある時期からほとんど手を入れられていない佇まいから、
なつかしい昭和の匂いがしました。

東京の新宿から、小田急のロマンスカーを使うとたった一時間半で
ここまで来られるというのにね。

どこかタイムスリップしたような。。




街角の湧き湯です。↓

140101_1122~01.JPG


旅日記
comments(0)
trackbacks(0)
箱根温泉小景2
3月うさぎ
140101_1107~01.JPG140101_1106~01.JPG

上は、箱根湯本の老舗、吉池旅館
歴史ある回遊式庭園の面積は一万坪もあります。

下は、萬寿福旅館
こちらもなかなか趣のある。。

そして、大晦日の熊野神社


140101_1121~02.JPG 
140101_1043~01.JPG
旅日記
comments(0)
trackbacks(0)
響かないヴァイオリン
3月うさぎ
140103_2335~01.JPG 

これは義弟夫妻の旅行中の練習用ヴァイオリン。

骨格しかないことで音が響かず小さな音しか出ないことで、
場所を選ばず練習出来るメリットがあるのだとか。
演奏会前に出張!なんて時に活躍するみたいです。

こ〜んなヴァイオリン、初めて見ました!


旅日記
comments(0)
trackbacks(0)
館山寺温泉
3月うさぎ
 140104_1646~01.JPG

東京、神奈川の帰省旅の帰りに、
浜名湖(静岡県)の館山寺温泉で一泊しました。

宿は、界遠州という星野リゾート系列のホテルをとりました。
部屋の窓からは、浜名湖が大きく見渡せる心地よい宿でした。

京都に帰ってから、義母に帰途の報告したら、
10年前に義父が同窓会でこの館山寺温泉を訪れ、
旅先の宿で倒れ、運ばれた浜松市内の病院で息を引き取ったのだと聞かされ、
驚きました。

義父は最後にこの湖をどんな気持ちで眺めたのか、
ふと、知りたいと思いました。
もちろん、その寸後の自分の運命など想像する由もなかっただろうけど。。



旅日記
comments(2)
trackbacks(0)
釣鐘
3月うさぎ
 140105_1224~01.JPG140105_1225~01.JPG

時間をお正月に戻します。。

静岡県の館山寺を訪れた時、鐘楼の鐘を鳴らしました。(一回100円!)

鐘は思いのほか響き、鐘楼の階段室までぐわ〜〜〜〜〜〜ん!!!と共鳴し続けていました。

下は、その館山寺から浜名湖を見下ろしたシーン。


140105_1222~01.JPG

旅日記
comments(0)
trackbacks(0)
静岡茶
3月うさぎ
 140104_1658~01.JPG140104_1709~01.JPG

浜名湖畔の宿、界遠州では、サービスに静岡茶を積極的に取り入れていました。

まず、チェックインの時に、ウェルカムティ。
チェックイン後には、好みのお茶を選んでお部屋に持ち込むことができるサービス。

それから、希望者のみ無料で、茶教室も受けられます。
飲んだ後のお茶は、おひたしとして、ちょっぴり醤油を差していただくこともできました。
こうして食べると茶葉って小松菜やほうれんそうに似てる!

それから最後は、手もみ茶葉の体験。

茶葉をもむ作業は今は9割以上が機械の仕事だそうですが、やはり手でもむと特別風合いが違うとのことで、アドバイスを受け乍ら、手もみ作業に挑戦してみました。
う〜ん、、単純そうに見えて、意外に難しい、、
でもでも、ずっとやっていると手がすべすべになってきます。
自然のビタミンCパック??
(写真は、プロの手!)

静岡茶は十分美味しいし、知名度もあると思うのだけれど、
京都の宇治茶と比べると、販売の苦労はあるとのお茶農家さんのはなし。

宇治茶はなんといっても、京都の「茶道」とセットだし、京菓子の高いクオリティーとセットにするともうコワイもんなし。最近は、和スイーツなんかの展開もうまくいってたり・・と、やっぱし京都ブランドの中でのお茶の存在感は絶大ですからね〜

それが、静岡茶となると普段遣いが一般的で、高級茶というと「玉露」くらい。
有機栽培や手もみ茶を手間ひまかけて作っても、どうしても値段も高くなってしまうので、
ターゲットとなってくれるお客さんはほんの一握りなのだと言う。

でも、今はあまりないからこそ、展開の余地も大きいのではないかという気もするのですが・・どうでしょう?

それにしても、見せてもらった斜面の茶畑の風景が美しくて、
一度ゆっくり訪ねたいな〜って思ってしまった。

茶農家さん、頑張って!


140104_1729~01.JPG



旅日記
comments(0)
trackbacks(0)
calendar :::: entry :::: comment :::: trackback :::: category :::: archive :::: link admin :: profile :: RSS1.0 :: Atom0.3 :: jugem