3月うさぎ

calender entry comment trackback category archive link
モロッコ
3月うさぎ
 100427_1522~01.JPG

もうすぐ5月。

そろそろ夏の旅行について考え始める季節になりました。

今年の行き先は、モロッコで検討中です。

10年も一緒に夏の家族旅行を共にして来た娘が、今年はアメリカへお友達一家と一緒に連れて行っていただくことになったので、久しぶりに大人2人の旅行をすることになりました。
・・そうなると、子どもを連れて行くには大変そうなところへこの際・・というような発想で、残ったのがモロッコというわけです。(これまでも、候補には上がってきたけど、子連れがネックになって没になっていた。)いつか行きたい国でしたが、もう「いつか」を待っていられる歳でもなくなってきました。
まだ、多少の体力が残されているうちに行っておかねば、ってこともあります。

どうやら8月はラマダン(イスラムの断食)中ということもあり、あまり大変そうなら見合わせなくてはならないのですが。
今のところ、古都フェズと神秘の町マラケシュは外せないかな、と思っています。
集落研究者でもある夫としては、カスバ街道とかクサル(要塞化した村)とか興味があるんだろうな・・ということで、その辺をどれくらい日程に組み込むかが思案のしどころ。
何と言ってもラマダンですから。

公用語は、アラビア語とフランス語ですって。
、、、どう考えたって苦労しそう、、

行かれたことがある方、お詳しい方、是非情報お待ちしています。

あちこち旅行してきた私ですが、アフリカ大陸に入るのは初めて。(スペインに滞在している時に、カナリア諸島には行ったことがあるのだけれど、あれはあくまで島だものね。。。)




写真は、愛用のバブーシェ。
モロッコ製みたいです。


旅の話
comments(4)
trackbacks(0)
モロッコのホテル
3月うさぎ
100520_2334~01.JPG 

夏休みのモロッコ行きの日にちも決まり、
航空券も購入し、
今は、旅程を決めているところ。

いくつかの町を訪ねるが、やはり一番興味のあるマラケシュにゆっくり滞在したい。

以前は、宿などまったく決めずに出かけていたこともあるけれど、
やっぱりホテル探しに取られる時間もバカにならないし、実際にとても良さそげに思うホテルは満室、、というケースも少なくないので(当たり前と言えば当たり前!)、最近はネットの力を駆使して、最善のホテルを事前にリサーチしてから行くことにしている。

・・と言っても、私たちは趣味がいささかマニアック?なので、ガイドブックに出ているアメニティ重視のホテルではなかなか満足いかないので、できるだけ地元の古い建物を再活用しているようなタイプのホテルを徹底的に捜し、その中でまたリノベーションの巧さが際立っている美しいホテルを選び出す。
そう。かなり根気づよく。
モロッコではこういう再生型小ホテルをRiad(リアド)と呼んでいるようだ。

今回のマラケシュ滞在だけでも、2日ずつ3つの宿(すべてRiad)に滞在することにした。しかも、部屋はすべて替えてもらう。 
今回泊まるRiadには、全部で4つしか部屋がなかったりする。しかし、古い邸宅にイタリア人やフランス人のオーナー達の抜群のセンスが加わり、その4つともがまったく違うインテリアでまとめられている。
このインテリア洗練されたインテリアを見るだけでも、マラケシュの町の成熟度が伺える。

ところで、この写真(HPの写真を複写)のホテルにCheck-inの時間を確かめたら、こんな返事が。。。

「マラケシュ内でしたらどこへでもお迎えにあがります。
そして、われわれのホテルは特にCheck-in timeを決めておりません。
それは、お客様に自分の家のようにくつろいでいただきたいからです。」



・・・・・・期待できます!


旅の話
comments(2)
trackbacks(0)
旅の指さし会話帳<nagi編>
3月うさぎ
100624_1624~01.JPG100624_1625~01.JPG100624_1625~02.JPG100624_1627~01.JPG 

今年も恒例の夏の旅行が近づいてきました。

旅先は、日本語はもとより英語も通じる国・・とは限りませんので、
いつも旅行の前には凪と2人でインスタント語学レッスンを始めます。
(一応、初めて国に行く時には、その国で使われている国の言葉をさわりくらいはマスターしてから行く主義を通しています。使いモノになるかどうかは別として・・)

今年は、夫と私はモロッコ、娘はアメリカと行き先が違ってしまいましたが、凪も英語頑張っているようなので、私もアラビア語(モロッコで使われているのはマグレブ方言)および併用語である仏語、基礎的単語力くらいつけておこうとにわか勉強を開始。


ところで、上の写真は、凪が4年生の時に作成した「myスペイン語覚え帳」。(2007の夏はスペインでした。)

「旅の指さし会話帳」というイラスト付きの会話集があって、その本を見本にしながら凪が自分の興味に合わせて再編したものです。
当時から、書(描)いて覚える・・・というクセがあったんだよね。

でも、いつも、こんな風に丁寧すぎるので、途中からは書く(描く)方に意識が行き過ぎて、語学自体は脱線してしまうんだけれどね。(笑)

しかし、あくまで楽しみながら習得する姿勢は、こちらも学ばねば・・と思わされます。






旅の話
comments(2)
trackbacks(0)
サマーハウス
3月うさぎ
100628_1416~01.JPG 

凪がこの夏を過ごさせていただく海辺(ノースキャロライナ州)
のサマーハウスです。(全滞在の3/2くらいかな。。)
日本の海の家とはかなりイメージが違いますよね。

6 bedrooms なのだそうです。
ダイニングチェアも12脚ありました。
アメリカは何もかもデカイ。

海はすぐそば。
きっと、真っ黒になって帰ってくるんだろうな・・


旅の話
comments(2)
trackbacks(0)
ただ今のモロッコ
3月うさぎ
 100721_2243~01.JPG

WEBでいろいろモロッコのこと調べていたら、
たまたまマラケシュでゲストハウスを営んでいるという日本の人のサイトをみつけました。
ここのゲストハウスにお世話になるわけではないのですが、
そのサイトにいつもon timeな現地の天気や温度をアップしてくれているので、
ときどき覗いてみたりしています。

今日の京都の最高気温は36度。
モロッコの砂漠地方と同じ温度だったんだ〜!!!
旅の話
comments(2)
trackbacks(0)
旅支度
3月うさぎ
100724_1633~01.JPG 

今年もぼちぼち旅の荷支度を開始。

トランクを開けると、なぜかうちのアホ娘が入りたがる、、

身長は伸びたけど、なんとか今年も入りました。

ちなみに2009ヴァージョン

なんの報告やねん、、


旅の話
comments(6)
trackbacks(0)
モロッコ特集
3月うさぎ
 100802_1326~01.JPG100802_1344~01.JPG100802_1345~01.JPG

講談社mook「TRANSIT」第9号の「美しき迷宮と砂漠 モロッコに恋して」
新潮社の雑誌「旅」9月号「モロッコでは、リヤド(邸宅)に泊まる」

折りも折り。
私のモロッコ訪問を記念してか・・いやいや、そう言いたくなるくらいのギリギリのタイミングでめずらしくモロッコを特集した雑誌が2誌も登場した。
これは、偶然にしてはできすぎている。(すみません、単なる自己満足です、、)

中でも「旅」の方は、私がこの旅で特に注目したリヤド(邸宅)に焦点をあてている。
スペインのパラドール(歴史的建築物をそのままホテルとして利用)も、あの価格と質の高さを旅好き日本人が気づかないわけないと思っていたら、数年前にブームが。
今回も、リヤド(同じく古い邸宅を宿として利用)の建築としての美しさ、洗練されたインテリア、学ぶべき住の豊かさにあらためて驚き、これはまたいつかブームになる日も来るだろうと思っていた矢先の特集だった。

アフリカ、ヨーロッパ、アラブの文化が混在一体化するモロッコ。
今回もあまりにも魅力的なリヤドがリーズナブルな予算で泊まれることが判って、とにかく調べられる限り宿のチェックをした。(その数100では済まないかも・・)
その執念実って、どこもここも出逢うのが楽しみな個性的なリヤドばかり。
マラケシュで3軒、エッサウィアで1軒、アトラス山越えの旅ではカスバ(これは要塞建築を利用した宿)を2軒、計6軒のリヤドとカスバを体験する予定。
帰ってきたら小雑誌のモロッコ特集でも組もうかな。(←冗談です☆)

モロッコが魅惑的なのは間違いない。
問題は、夏の暑さだけ。(これが唯一にして最大の難点、、)

出発は明日。

2週間ブログもお休みします。
モロッコレポート楽しみにしていてくださいね♪



旅の話
comments(2)
trackbacks(0)
モロッコへの旅
3月うさぎ
100812_2145~01.JPG 

無事、帰ってまいりました。

モロッコ、よかったよ。
夢見てたみたい・・

今日は疲れているので、ゆっくり休むとして、
明日からモロッコレポートぼちぼち開始しま〜す!

また、長いレポートになりそう・・・な予感。

旅の話
comments(4)
trackbacks(0)
モロッコ旅行報告会
3月うさぎ
100904_1516~04.JPG100904_1516~01.JPG100904_1514~01.JPG100904_1516~02.JPG100904_1516~03.JPG 

モロッコレポートの途中ですが、
ここらでちょっとブレイク。

4日の土曜日、自宅にてモロッコの写真(モロッコの集落の話を中心に)の映写会を開きました。
私たちを含めると延べ30人くらいの人数になったのではないでしょうか。(しっかり数えてはいませんが・・)夫のゼミの学生さん(院生以上)や、事務所のOB,OG,私の友人など、たくさんの方々に参加していただき楽しい時間を過ごすことができました。
お昼の3時から、2ロール+茶話会でトータル10時間以上の長い会になりましたが、参加者から様々なご質問や感想をいただくことができました。
暑い中暑い国の話に長々とおつきあいシュクラン(アラビア語の「ありがとう」)でございます。
モロッコの魅力が少しでも伝われば嬉しいのですが。。

長時間に渡るので、心ばかりの手料理をご用意させていただきました。
私たちが向こうで食べていたものを参考に、(気分のみの)モロッコ料理に挑戦してみました。
上から、
・トマトとナスのタジン鍋
・鶏肉(ほんとはラム肉の方が本格的。。)と紫玉葱の煮込み(ウコン風味)
・モロカンサラダ
・ジャガイモとゆで卵+ひじきのマリネ
・トマト+モッツァレラチーズ,アルガンオイルがけ

前夜から仕込んだ甲斐あって、お料理の方も、なかなか好評でした♪
あっ、一番上の赤茶色の鍋がモロッコから抱えて帰って来たタジンです。
みんなに可愛い♪と人気でした。
(割れなくてよかった〜!)

毎年、この報告会が終わるとなんとなく旅の気分に一区切り・・。

夫は、旅先で訪れた集落の分析作業を記憶が薄れないうちに、と頑張っています。
私も、一応このレポートを最後まで書き上げることに集中しようと思います。
(細かく書きすぎて若干息切れ気味。元気をチャージして最後まで一気にいくぞ〜!)






旅の話
comments(4)
trackbacks(0)
City Map
3月うさぎ
110712_1415~01.JPG110712_1412~01.JPG

110712_1416~01.JPG110712_1413~01.JPG 

オランダのデルフトに住む義妹が、夏休みを利用して子ども達を連れて帰国中。
(現在神奈川の実家に逗留中。)

ときどき私のblogを見てくれている彼女は、この夏私たちが訪れるプラハとウィーンの地図を購入してきてくれました。

しかし、ウィーンがViennaになるのはよく知られているけれど、プラハは英語ではPraha。
このPraagというのは、オランダ語表記?(aが二つ重なってるものね。)
いずれにせよFちゃん、ありがとう♪
コーティングもしっかりなので、私たちのハードな街歩きにも最後まで堪えてくれそうよ。。

趣味と実益を兼ねてウチの夫は地図オタク。
いつも縮尺を変えていくつもの地図を手に入れるところから旅は始まります。
しかし、私も異国の地図を眺めるのは大好き。

美しい都市はたいていどこも大きな川の近くに街が広がっていますね。
ロンドンのテームズ、パリのセーヌをわざわざ出して来なくとも、水辺の都市は豊かな風景を展開してくれるので、訪れる楽しみもまたひとしおです。
そういう意味では、プラハもウィーンもやはり川に沿って街が展開されています。
こういう街では、川を意識してリバーサイドに宿を予約します。
明らかに、川側かそうでないかで部屋の価格が変わってくるホテルもあります。

プラハ(チェコ)を流れるのはヴルバヴァ川。
そしてウィーン(オーストリア)やブラチスラヴァ(スロヴァキア)を流れるのはドナウ川(ドナウ川って長いよね〜)。
川をめぐる街の風景、そして橋・・・地図を眺めているだけで旅への思いがどんどん膨らんで行きます。
旅の話
comments(4)
trackbacks(0)
calendar :::: entry :::: comment :::: trackback :::: category :::: archive :::: link admin :: profile :: RSS1.0 :: Atom0.3 :: jugem