3月うさぎ

calender entry comment trackback category archive link
百年後の博物館
3月うさぎ
080216_1552~01.jpg080216_1550~01.jpg080216_1545~01.jpg

「百年後の博物館」というタイトルの黒田武志氏の作品展を観てきました。
古い木造校舎を買い取って作られた私設博物館が百年後の未来からタイムスリップしてやってきたという設定。オブジェはすべて錆びています。懐かしいような不思議な気分にさせてくれる空間と作品群でした。ジョセフ・コーネルの作品を思い出すboxart。脳に小気味いい刺激をもらいました。
何でも見てやろう
comments(0)
trackbacks(0)
キュートなキューピー
3月うさぎ
080420_1334~01.jpg080420_1600~01.jpg080420_1252~01.jpg080420_1621~01.jpg
これらのQPちゃんは、97歳のひさのおばあちゃんが作ったものです。
http://hisano-chan.cocolog-nifty.com/
今日は、その孫と孫の友人が開いたこのQPちゃんたちの展覧会を見に岡崎まで行ってまいりました。
QPちゃんは、全部でなんと250体くらいもいるのだとか。そして、97歳の今も増え続けているのだそうよ。ひさのおばあちゃん、おそるべし!!
その会場となったそれぞれの会場(2人とも私のお友達)は、どちらも古い町家を上手に改装してとてもいい雰囲気に仕上がっていて、居心地が良くついつい長居してしまいました。
好日居さん、casa de bananoさん、今日は本当に本当にどうもありがとう。
おかげでとてもいい一日を過ごすことができました。まさに是好日。
美味しいお茶もごちそうさまでした〜。
何でも見てやろう
comments(7)
trackbacks(0)
ルイス・カーンとアルヴァ・アアルトの住宅の魅力
3月うさぎ
080705_1807~01.jpg080705_1809~01.jpg

昨日は、京大名誉教授の前田忠直氏による「ルイス・カーンとアルヴァ・アアルトの住宅の魅力」というタイトルの講演を聴きに行って来た。
20世紀の建築界の巨匠ルイス・カーンとアルヴァ・アアルト。
特にカーンのフィッシャー邸とエシェリック邸はかねてより惹かれ続けていた作品でもある。アアルトのコエ・タロ(サマーハウス)も同じく。
そういう意味では、この講演は足を運ばないではいられないタイトルだったとも言える。しかも、アアルトの場合は来月見に行けるかもしれないというまさにベストタイミング。
前田氏によると、この二人の建築家の共通点は、オブジェを持ち歩くタイプの建築とは対極の、場所を読んで読んで読んで、その地にしか建ち得なかったという種類の建築である。建築を精神の領域まで昇華させたという意味でも、二人には共通点がある云えるかもしれない。
以前、ルイス・カーンのビデオを見た時に、彼の顔に残る(たぶん顔だけじゃない)ひどいケロイドは彼が3歳の頃の事故によるもの、と彼自身が語っていた。暖炉の火をずっと見つめていると、見たこともない緑色の部分を見つけ(たぶん不完全燃焼だった)その緑があまりにも美しく欲しくて欲しくて仕方がなくなって自分の洋服のポケットに入れてしまったと。
私は、このエピソードが忘れられない。
美しいもの、美しいと思うものに対して、そこまで「欲しい」と願う衝動を感じるということ、そのこと自体がそのまま彼の建築への情熱にすり替わっている気がするからだ。
エスキースを繰り返してはいるものも、カーンはやはりどこか神がかっている。
ミケランジェロのように、初めから石の隠されている形を掘り起こしているかのような必然性を感じさせる建築である。
一方のアアルトはもっとヒューマンなタイプである。
カーンより下位にあるという意味では決してないが、土地への愛情、住む人への思いやり、建築への憧れ・・・そんなモノに突き動かされて作り続けた建築家という印象がある。
どちらも、20世紀に彼らが存在したことを素直に感謝したいと思う建築家たちである。

よく判らないだろうが、上の写真がルイスー・カーンのフィッシャーハウス、下の写真がアルヴァ・アアルトのコエ・タロ(彼自身が夏の数週間を過ごすために家)である。

何でも見てやろう
comments(0)
trackbacks(0)
ポジャギとチョガッポ
3月うさぎ
081012_2137~01.jpg081012_2136~01.jpg081012_2134~01.jpg081012_2133~01.jpg081012_2131~01.jpg081012_2130~01.jpg

うちの近所の高麗美術館が「ポジャギとチョガッポ」展をやっていたので見に行ってきました。
ポジャギとは韓国の風呂敷または布巾、
チョガッポとは、端切をパッチワークのように縫い合わせて新たな一枚の布に再生したもの。
「ポ」は包むこと、「福」=「ポク」と音が似ていることから、幸せを呼ぶとされているらしい。
韓国の包む文化。
何でも見てやろう
comments(2)
trackbacks(0)
グアテマラに咲く花
3月うさぎ
081101_1211~01.jpg

今日は、岡崎の友人のギャラリーで開催していたグアテマラのテキスタイルの展覧会を見に行きました。
韓国のポシャギに引き続き、布の展覧会が続きます。
その織物の色彩の美しいこと!デザインの可愛らしいこと!
グアテマラの空気がそのまま部屋に運ばれてきたような晴れ晴れとしたおおらかさに圧倒されました。
何でも見てやろう
comments(0)
trackbacks(0)
ロン・ミュエック
3月うさぎ
081115_1413~01.jpg081115_1333~01.jpg081115_1331~01.jpg

 ロン・ミュエックをご存知だろうか?

これらは夏まで金沢の21世紀美術館で個展をしていたある彫刻家の作品である。
コラージュしているように思われるかもしれないが、どれも小さい方の人物は実在する人間、そしてこのとてつもなく大きい人物の方がミュエックが作った作品なのだ。

カタログの帯にはこんな言葉がある。
「世界的に注目される彫刻家ロン・ミュエックが創り出す前人未到のリアリティ。
極限までリアルに再現された繊細で緻密な作品の数々は、人間の内面までをも醸し出し。見る者を釘付けにする。」

とにかく、リアル。そして、とにかくデカイ。
そして、時にリアルすぎて、眺めているのが辛いような気分にさせられることがある。(芸術でなければ、モザイクが必要な作品も少なくない。)
それだけ訴えかけるメッセージが強いということかもしれない。
何でも見てやろう
comments(4)
trackbacks(0)
堂本印象美術館
3月うさぎ
 081116_1550~02.jpg081116_1550~01.jpg

招待券が手に入ったので、久しぶりに堂本印象美術館へ行ってまいりました。
建物自体も彼の作品の一つ。
壁も柱もこんな風です。

何でも見てやろう
comments(0)
trackbacks(0)
エリック・カール展
3月うさぎ
 081130_2138~01.jpg

「はらぺこあおむし」の絵本で有名なエリック・カールの展覧会が京都の「えき」美術館に来ていたので見てきました。
彼の絵本は、この絵本をはじめ何冊か我が家にもありますが、色彩もグラフィックも美しく親子して大好きな作家の一人です。
原画を見るのははじめてだったので、とてもワクワクでかけました。
筆のフリーなタッチを活かした色の紙を沢山作成しておいてから、型紙どおりカットしていくやり方がビデオで見られたのでよくわかりました。
ご本人が「インディペンデント・アート」と呼んでいる色彩構成も興味深かったです。

原画を見ながら、娘に何度も何度も読み聞かせさせられた、数年前がなつかしく甦りました。
カールさん、素敵な絵本をありがとう。


081130_1725~01.jpg

京都駅には、こ〜んなに大きなイルミネーション・ツリーが
出ていました。

何でも見てやろう
comments(0)
trackbacks(0)
モーツァルト ヴァイオリンとヴィオラのための協奏曲 k.364
3月うさぎ
 081224_1607~01.jpg

昨日は、京都祝祭管弦楽団の第2回定期演奏会を見に行ってきました。
京都祝祭管弦楽団に知り合いはいないのですが、その演奏会にゲスト出演する
ヴァイオリニストが友人の娘さん(現在高校2年生)。
なんと8歳の時にはもうローマ国際音楽祭に招待され、モーツァルトヴァイオリン協奏曲第5番を独奏したという稀な才能の持ち主。
そして、今年の日本音楽コンクールでも第2位に選ばれ岩谷賞にも輝いた期待の新鋭です。

ご本人とは何度かお会いしたことがありましたが、ヴァイオリンの演奏を聴くのは今回がはじめて。
モーツァルトヴァイオリンとヴィオラのための協奏曲 k.364最高でした。アンコールのヘンデルのオケなし二重奏にも惚れました。

石上真由子さんというお名前、是非覚えていてあげてください。
きっと、そのうち国際コンサートでも常連になる日がやってくると思います。

何でも見てやろう
comments(0)
trackbacks(0)
夢から醒めた夢
3月うさぎ
090201_1241~01.jpg090201_1234~01.jpg

 劇団四季の『夢から醒めた夢』を見てまいりました。
四季のミュージカルなんて『Cats』以来かも。

娘にとっては初の生ミュージカル。
動きがミニーちゃん(ディズニーの)みたいだったと・・・(^-^;
ま、気持ちはワカル。

劇場に着くとこんな不思議な人たちがお迎えしてくれます。
何でも見てやろう
comments(4)
trackbacks(0)
calendar :::: entry :::: comment :::: trackback :::: category :::: archive :::: link admin :: profile :: RSS1.0 :: Atom0.3 :: jugem