3月うさぎ

calender entry comment trackback category archive link
ミントティグラス<モロッコお土産編>
3月うさぎ
100908_1626~01.JPG 

モロッコでは、地元の人にとっても旅人にとっても
切っても切れないミントティ。

この国を訪れた人は、たぶん、滞在中は一日に少なくとも一杯は飲むことになるはず。

生のミントをたっぷり使った香り高いミントティを、ベルベル・ウイスキーと言って重用しています。(イスラム教徒のアルコール代わり?)
お砂糖がいっぱい入った熱いお茶はなぜだか透明なグラスに注がれます。
耐熱でもなさそうだけど、外からもお茶の色が見えるので安心感があります。

海辺の町エッサウィラで、きれいな手描きのミントティグラスを見つけたので、
お土産に10個選んできました。

「テ(お茶)、いかが?」
・・と、やさしく声かけてくれたたくさんのモロッコの人たちを思い浮かべながら、
家でも時折りちびちび飲んでみたいと思います。







モロッコのお土産
comments(2)
trackbacks(0)
ミントティポット<モロッコお土産編>
3月うさぎ
 100908_1629~01.JPG

これは、アンティークのミントティポット。

アリババのお店で購入しました。

でも、持って帰ってくる途中、側面をペコンと壁ませてしまい、、、
また、それを夫が直してくれようとして、ポコンと穴が空き、、、、、
只今、どうやって修理しようか検討中。

でも、「そこにあるだけで」存在感ありあり。
蓋を開けると、どろろんと、本物のアリババが登場しそう・・?
モロッコのお土産
comments(9)
trackbacks(0)
ミントティーバッグ<モロッコお土産編>
3月うさぎ
100929_0841~01.JPG 

ベルベル(人)のお茶と呼ばれるベルベル・ティ(ミントティ)。

現地では摘みたてのフレッシュミントを使っていましたが、
「ベルベルのお茶」と書かれたミントティバッグは、モロッコでしか買えないだろう・・と
一箱だけ購入してみました。
日本では、お砂糖入れずに飲んでます。(笑)

昨日、遊びに来てくれた知人は、以前イランを旅行したことがあり、やっぱりどこでもミントティだったと話していました。(イランでもお砂糖いっぱいだったとか。)
やっぱりイスラム圏のウイスキー??

5カ国語で表記されていますね。。
モロッコのお土産
comments(0)
trackbacks(0)
バブーシュ<モロッコお土産編>
3月うさぎ
100909_0737~01.JPG 100929_1501~01.JPG

かかと部分をふんずけたデザインのバブーシュ(革のスリッパ)は、いつのまにかモロッコ土産として定番になりましたね。

上のバブーシュは、たまたま一つすでに家に持ってものを現地で同じモノを見つけたので、この際お客様用に増量しよう・・と新たに3足購入。
すでに役に立ってくれています。
模様部分は、ナイフで表面を傷つけて、革の着色された部分を剥ぐ・・という手法で作られています。


下のは、プレゼント用。
小さいドットが可愛いですよね。
組紐を束にして縫い付けてあるようです。


バブーシュは、室内履きの他に外履きのモノもあります。
モロッコには、スーク(市場)の中に専門店もいっぱい!
店も靴も種類がありすぎて迷ってしまうかも。

モロッコのお土産
comments(2)
trackbacks(0)
タジン<モロッコお土産編>
3月うさぎ
100930_1419~01.JPG 

モロッコ土産のタジン。

大きい方は、スライド会で披露したモロッコ料理(もどき)のテーブルで、
少しご紹介しましたね。

モロッコでは、タジン鍋はかなりの種類が売られていて、こういう素焼きのものから、釉薬がかかったもの、それから様々な色、様々な柄があって・・悩み始めるとキリがない。
私も滞在の初めから悩んで、結局買えたのは、日程の最後の最後でした。(ま、途中で買って持ち歩くのが大変という意味もあったのですが・・)
今はすっかり我が家のキッチンに馴染んでくれています。
(やっぱりこの子にしてよかった〜♪)

小タジンの方は、鍋ではありませんが、あちらではオリーブなんかを入れるのに使っていました。蓋がついてるから感想しにくくて便利なんだと思います。
アクセサリー入れなどにもいいですよね。
かわいくて。

モロッコのお土産
comments(0)
trackbacks(0)
お面<モロッコお土産編>
3月うさぎ
100930_1421~01.JPG 

だんだんお面コレクターになりつつある夫。

モロッコからもアンテョークのお面2つ持ち帰ってきました。

上が木製。
下が石製。

上のはなんだかウルトラマンみたいでしょ。
シュワッ、、
モロッコのお土産
comments(2)
trackbacks(0)
石像<モロッコお土産編>
3月うさぎ
100930_1426~01.JPG 

お面を買ったお店で、おまけにつけてもらった石像。

kikiは、関心なしか、、、。

モロッコのお土産
comments(0)
trackbacks(0)
鉱物<モロッコお土産編>
3月うさぎ
 101001_1400~01.JPG101001_1407~01.JPG101001_1409~02.JPG101001_1410~01.JPG101001_1355~01.JPG

アフリカ大陸は鉱物の宝庫。

モロッコもサハラ砂漠を抱えているだけあって、
さまざまな珍しい鉱物がとれるようです。


アトラス山越えの時は、ときどき道端でも鉱物を売っていました。

外から見ると、普通の石ころなのに、
中身はいちじくのように、こんなに美しいキラキラワールド。
どうして、中身がこんなになってるってわかるんでしょうねぇ。。

夫も私も実は密かに昔から鉱物ファンなので、
これまでもいくつか鉱物を集めていたのですが、
今回は上玉?の仲間ができて、一気にコレクションが充実しました。
(他にもいくつかあったのですが、すでに友人達の手元に渡っていきました・・)

こういうの見たことない人も少なくなくて、
パカッと開けて見せるとみんなとても驚いてくれます。

鉱物図鑑で捜してみるのですが、
なかなかそっくり同じものってみつかりません。
(でも、我が家にすでに鉱物に関する本が4冊もあったことには驚きましたけどね。。)





モロッコのお土産
comments(2)
trackbacks(0)
アルガンオイル<モロッコお土産編>
3月うさぎ
101001_1540~01.JPG101001_1543~01.JPG101001_1538~01.JPG100814_0024~01.JPG 

世界中でモロッコの南西部でしかとれないという貴重な貴重なアルガンオイル。

ビタミンEなど抗酸化作用の働きが著しく優れており、アンチエイジングの強い味方と脚光を浴びているというアルガンオイル。(でも、日本でのブームはまだ来てませんよね??)

たまたま滞在中にその効果を知って驚いたこともあり、お土産としていくつか買って帰りました。

写真上から、
一番上が、マッサージ用アルガンオイル(100%)。
二番目は、エクストラヴァージン(摘みたて一番しぼり)のアルガンオイルが入ったアルガンクリーム。
3番目は、ドレッシングなどに使う食用アルガンオイル。ちょっとアーモンドのような香ばしい香りがします。でも美味しい。

マッサージ用は薬局で、アルガンクリームは露店で、食用アルガンオイルは空港で購入しました。
空港のアルガンオイルの価格にびっくりして、失敗した!もっと町中でいっぱい買っておけばよかった!!と後悔したものです。
ネットなどでも手に入るようですが、やっぱり現地とは金額がかなり違うようです。

とにかく保湿とそれからしっとりすべすべ効果はかなりなもの。
しかもなじんだ後のふんわり感も独特。
これからモロッコに行かれる方に絶対おすすめ!

これから乾燥の冬の強い味方になってくれそう。
毎年、補給したいアルガンオイルです。

モロッコのお土産
comments(4)
trackbacks(0)
買い物かご<モロッコお土産編>
3月うさぎ
101001_1533~01.JPG 

タジン鍋まで買ったものだから、持って来たトランクには納まらなくなって、
細々したお土産を入れるため買い物かごを購入しました。

実は、このかご自体も、モロッコ雑貨として人気が高いものです。

大きいのを2つも買ったので、おじさんがチビかごをつけてくれました。
すいぶん、ねぎったのにね〜。

取っ手が長いのでとっても使いやすい。
今も、日々お買い物に活躍してくれてます!!


モロッコのお土産
comments(2)
trackbacks(0)
calendar :::: entry :::: comment :::: trackback :::: category :::: archive :::: link admin :: profile :: RSS1.0 :: Atom0.3 :: jugem