3月うさぎ

calender entry comment trackback category archive link
The Augustine,Prague 2 <チェコ・レポート19>
3月うさぎ
110807_1634~02.JPG110807_1634~01.JPG110807_1552~01.JPG110807_1240~01.JPG 


「プラハの中でも特に美しい街並みのマラストラーナ地区。その一画に位置する「ザ・アウグスティン プラハ(The Augustine, Prague)」は、7つの建物が一体となった優美な佇まいが見る人の目を奪います。そのうち最古の建物はアウグスティノ会の聖トマス修道院で、13世紀に建てられたもの。数名の修道士が今も近所に住み、美しく整備された小道をホテルの宿泊客に混じって歩いています。

ここは、ヨーロッパに現在13軒のホテルを展開する「ロッコ・フォルテ・コレクション」の一員。ロッコ・フォルテ卿の実の妹であるオルガ・ポリッツィによるスタイリッシュなデザインですが、中世から使われ続けている鉄の扉や窓、そして窓外に広がる庭や尖塔やテラコッタ屋根の眺めなど、建物の随所にもとの住人たちの暮らしぶりを想起させるアイテムやシーンが盛り込まれています。」

ホテルのブッキングサイトのこの文章を読んで、俄然The Augustineに泊まりたくなりました。
複合した建物をどのようにホテル・リノベーションしているのか体験してみたくなったので。
実際に訪れて、モダンさが強調されてはいますが、なるほど、こだわるだけあって古いモノは古いモノで上手く活かしていると感じました。



中欧旅行2
comments(0)
trackbacks(0)
王宮への階段<チェコ・レポート20>
3月うさぎ
 110806_2349~01.JPG

さて、いよいよ王宮への階段を上がります。
(これがなかなかキツイ、、)

またまた、「のだめカンタービレ」的に言うと、
千秋が指揮者コンクールに優勝した後、二人でこの階段を上がるシーンがあります。
「千秋先輩とのピアノコンチェルトはのだめがやりマス!」と宣言したあのシーン。

眼下に広がるプラハ市街が印象的で、プラハに行ったら是非訪れたい!と心に決めていた場所の一つです。


中欧旅行2
comments(0)
trackbacks(0)
聖ヴィート大聖堂<チェコ・レポート21>
3月うさぎ
110806_2353~01.JPG110807_0029~01.JPG

 バシリカ形式のゴシック教会。

1344年、カレル4世の依頼の下着工されたが、途中フランス人建築家からドイツの建築家にバトンタッチされ当初の平面形式を尊重しながらも、編み目模様のリブ・ヴォールトを適用するなど、ゴシックの形式を付け加えている。
西側のファサードが完成したのは、1929年(20世紀!)だとか。

中欧旅行2
comments(2)
trackbacks(0)
ヴラディスラフ・ホール(旧王宮)<チェコ・レポート22>
3月うさぎ
110807_0001~01.JPG 

プラハ、フラチャニィ城。
カレル4世の命で建てられた祝祭用のホール。
間口16m、奥行き62m、天井高13m。
ドイツ人建築家ベネディクト・リートにより後期ゴシック様式で設計される。
1487〜1500

天井を支える石造のリブのあしらいは、ゴシックの法則を故意に崩している。
その脱ゴシック振りが新鮮だったみたいで、うちの建築家(夫)は興奮気味。

ヴラディスラフ・ホールそのものは撮影できなかったのですが(撮影禁止だったので)、となりの小さい方の部屋は誰もいなかったので、部分写真撮ってみました。
こちらはさらにリブの造形がランダムに見えて、いわゆるゴシックの堅苦しさがない。
確かに言われてみれば、リブ・アーチの優れた造形例と紹介されるのもうなずける気がして来る。

他の方のblogですが、ヴラディスラフ・ホールの写真が見られます。↓
(いくらか払えば、撮影許可出たんだ〜、、)




中欧旅行2
comments(0)
trackbacks(0)
黄金小路<チェコ・レポート23>
3月うさぎ
110807_0123~02.JPG110807_0122~01.JPG110807_0122~02.JPG110807_0123~03.JPG110807_0130~01.JPG

王宮から坂を下っていく途中にある黄金小路。

色とりどりの小さな家が建ち並ぶ通り。
急に、絵本の世界に舞い込んだよう・・

でも、この小路ができたのは、1597年と意外に古い。
錬金術士たちが住み始めてこう呼ばれるようになったらしい。

女の子たちのテンションがグンと上がる可愛らしい通り。
中欧旅行2
comments(2)
trackbacks(0)
F.カフカ<チェコ・レポート24>
3月うさぎ
110807_0120~01.JPG 

フランツ・カフカって、プラハの人だったんですね。

1883年、プラハ市街にユダヤ人の子として生まれ、
不安と苦悩の多い青春期を送り、たえず思索にふけりながら
あの主人公がある日虫になってしまう「変身」を書きます。
けれど、生前は一部の人にウケた程度で、これほど世界的なヒットになることを
知らないままだったようですが。。

黄金小路には、カフカの妹さんの家もあります。
市街で住んでいた下宿があまりにうるさくて、この妹さんの家に半年くらい
避難して執筆活動を続けたことがあったのだそうです。
今は、ブックストア兼カフカ・ショップに。

ところで、カフカがモックン(「おくりびと」の本木雅弘さん)に似てるって思うのは私だけでしょうか。
中欧旅行2
comments(2)
trackbacks(0)
手が・・<チェコ・レポート25>
3月うさぎ
110806_2344~02.JPG 

チェコ人は案外、こういうサプライズが好きらしい。

でも、これ、夜とか知らずにここの前通ったら、腰抜かすよね、、
中欧旅行2
comments(2)
trackbacks(0)
Vrtba Garden<チェコ・レポート26>
3月うさぎ
110807_0155~01.JPG110807_0157~01.JPG110807_0218~01.JPG110807_0153~01.JPG110807_0153~02.JPG 

王宮から下ってくる道の途中に料金所が・・・

え?なんで?下るだけなのに・・・?と思ったら、
そこからは斜面を利用した庭園なので有料になっているとか。

無料のルートももちろん他にありそうでしたが、
折角なので(旅の間は「折角なので」が多い。一生のうちもう一度は来られないだろう場所ばかりだから。。)有料のルートに立ち入ってみる。

はじめは、眺めはいいけど、階段がジグザグしてるだけでお金をとる程でも、、と思いながら下っていたら、だんだんガーデンらしく花や果樹の量が増えて来る。(そういうところはあんまり写真には写ってませんね、、)
下まで降りて来た時には、気持ちの良いルートに満足できてました。
ガーデンの維持費のためには、これくらいのコストは徴収した方がいい、とも納得。
壁面一面にたわわに育っていたブドウもちょっぴり試食させてもらったし。(あっま〜い!!)


中欧旅行2
comments(0)
trackbacks(0)
庭園オペラ<チェコ・レポート27>
3月うさぎ
110807_0230~01.JPG110807_0345~01.JPG 

前日の夜の弦楽七重奏がとても良かったので、調子に乗ってまた今日も・・と欲張ってしまう。

私は、市街の教会のオルガンコンサートにも惹かれていたが、凪はこの野外オペラが是非見たい!と言う。(上から眺めていたら、練習する声が聞こえてきたので)
まあ、夏の夜のオペラをしかも野外で観る機会なんてそうそうないかもしれないし、ということでそうしようか・・ということに決まった。
ただ、(料金が)高い方の席のチケットを購入したのに、入場のとき「席はフリーよ」と言われてガクッ、、、

出発前からの寝不足と歩き疲れ、そしてストーリーが判り難くて全員睡魔に襲われて沈没寸前・・勿体ないけど一幕にて退去することになりました、、

でも、真夏の夜のオペラ鑑賞、プラハの魅力を満喫するには悪くなかったです。




中欧旅行2
comments(2)
trackbacks(0)
朝食@The Augustine、Prague<チェコ・レポート28>
3月うさぎ
110807_1503~01.JPG110807_1504~01.JPG110807_1504~02.JPG110807_1522~01.JPG110807_1516~01.JPG 

The Augustineでの朝食はさすがに素敵でした。

ビュッフェも充実していますが、その他にも個々のリクエストを聞いてくれます。
その辺の手厚さはさすがに5つ☆ホテルという感じ。

蜂の巣まで登場。
これはどうやって食べるの?
パンに乗せるの?それともヨーグルトに?
(ご存知の方あれば教えてください!)

貧乏性か調子に乗って頼んでいると、テーブルの上もお腹もいっぱいになってしまいました。(笑)

しっかり、歩かねば!



中欧旅行2
comments(2)
trackbacks(0)
calendar :::: entry :::: comment :::: trackback :::: category :::: archive :::: link admin :: profile :: RSS1.0 :: Atom0.3 :: jugem