3月うさぎ

calender entry comment trackback category archive link
ザハリアーシュ広場のカフェ<チェコ・レポート39>
3月うさぎ
110807_2302~02.JPG110807_2321~01.JPG110807_2318~01.JPG 

ザハリアーシュ広場を囲っている砂糖菓子のような建物の一階部分はアーケードになっていて、それぞれお店やカフェになっている。
急に雨が降り始めたので、このアーケードに助けられた。

寒くなってきたので(夏にこのセリフ、快感!)カフェに入ってカプチーノを飲んだ。
少し小腹が空いてきたので「フライドポテト」も注文したらきょとんとした顔された。(一応英語は通じてるみたいなのに)こっちでは、ああいう油で揚げたポテトのことは、「フレンチフライ」と言うようだ。
ふ〜ん、アメリカンじゃなくて、フレンチなんだ、、と、ちょっと勉強?になった。

こんな楽しげなアイスクリームもメニューにあった。
ちょっと試してみたかったけど、余計冷えそうなのでやめておく。
このブルーと白のアイスクリームは地球を表現しているのかな?

中欧旅行3
comments(0)
trackbacks(0)
扉のデザイン<チェコ・レポート40>
3月うさぎ
110807_2339~03.JPG110807_2339~02.JPG110807_2106~02.JPG 

テルチの町は一つ一つの扉も立派。
アーチ型の扉は木製あり、鉄製あり。
家の番号まで一緒にコーディネートされている。

こういうのって、なんかうれしくなる。
中欧旅行3
comments(2)
trackbacks(0)
大角のシカ<チェコ・レポート41>
3月うさぎ
110807_2341~02.JPG 

橋の下に意外な動物を発見。

鹿!
それも大角の鹿!!!

これって、飼い鹿?
中欧旅行3
comments(0)
trackbacks(0)
フェスティバルの案内<チェコ・レポート42>
3月うさぎ
110807_2341~01.JPG

フェステバルの案内ボード。

ちゃんと、フライヤーを入れるポケットまで用意されている。
下がアーチ型になっているのは、広場のアーケードを表現しているのかな。

なんだかねずみの「メイシー」のイラストを思い出します。
この色とタッチ。


中欧旅行3
comments(0)
trackbacks(0)
Hotel Templ<チェコ・レポート43>
3月うさぎ
110808_0210~01.JPG110808_1652~01.JPG110808_0201~01.JPG110808_0201~02.JPG

モラヴィア地方のミクロフで泊まったホテル・テンプル。

この町にはかつて多くのユダヤ人が住んでおり、この家は18世紀のユダヤ式の建物を、
ホテルとして改装したもの。重要文化遺産に指定されている。

これはアパートメント・タイプの部屋で、暖炉付き居間+寝室(天蓋のベッド!)のプラン。

ワインの産地らしく、部屋にも小さなモラヴィア・ワインのボトルがサービスで置かれていた。



中欧旅行3
comments(2)
trackbacks(0)
Restaurace Pod Radnici<チェコ・レポート44>
3月うさぎ
110808_0240~01.JPG110808_0258~01.JPG110808_0259~01.JPG 

Restaurace Pod Radnici (チェコ語のアクセント記号出せず)
レスタウラツェ・ボド・ラドニツィ

旅先では、できるだけ観光客向けレストランじゃなくて、地元の人たちが行くレストランを捜すことにしている。

その方が安くて、美味しくて、そしてその土地の人が普通に食べているモノが食べられるからだ。(ただし地元の言葉のメニューしかないかもしれないけれど、、)

ミクロフのインフォメーションの地下にあるこのレスタウラツェ・ボド・ラドニツィもそんなお店の一つ。
キジやシカのグリルなどのジビエ料理がお薦めらしい。
(興味はあったけど、ヴォリームが怖くて注文せず、、)

写真は上から、ニンニクとクルトンのスープ、マス(たぶん)のソテー、
そしてサラダにはたっぷりチーズが乗ってきた。
中欧旅行3
comments(2)
trackbacks(0)
朝食@Hotel Templ<チェコ・レポート45>
3月うさぎ
110808_1645~01.JPG110808_1646~01.JPG110808_1641~01.JPG110808_1651~01.JPG 

ホテル・テンプルでの朝食。


プラハのドアマン付きホテルとは違って、
ビュッフェも、一種類ずつのハムとチーズ、シリアルとヨーグルトとあと少しフルーツがあるくらい。
でも、これくらいの方が食べ過ぎでウンウン言わなくて済むからいいのかも。(←自制心のない人たち)

中で光っていたのが手づくりのこのパテ。
脂っこくないおから入りツナマヨみたいなテーストで、これをパンに塗ると、おかず必要ないくらいパクパク食べられちゃう。。

レシピ聞きたかったなぁ・・



チェコ語のメニュー、トライしてみて!

vinaはやっぱりvino(ワイン)のことだよね??
などと、あたりをつけながら地味に読解するわけです。
中欧旅行3
comments(2)
trackbacks(0)
ひまわり畑<チェコ・レポート46>
3月うさぎ
110808_1811~01.JPG

ミクロフの町を出て、
これからいよいよ国境越えです。

スペインでよく見かけた広大なひまわり畑、チェコにも結構ありました。
(でもちょっとピークを過ぎてしまったかもう首が下向いて、黄色いシャワー軍団みたいになっていましたが。)



中欧旅行3
comments(2)
trackbacks(0)
霧の中<スロヴァキア・レポート1>
3月うさぎ
110808_2204~02.JPG

チェコからスロヴァキアに入る国境を何か認識できるモノを確認することはできませんでした。
(もしかしたら、見落としたのかもしれませんが・・)

チェコの田舎ものんびりしていて癒されましたが、山が多いスロヴァキアに入ると、ますます緑のパーセンテージが高くなり、変化の多い神秘的で美しい風景に見とれてしまいます。


この時は雨がしとしと降り出して、山間の道では水蒸気が発生して遠くがかすみ、人にも遭わず、車にも遭わず、ずっと夢の中を走っているような情景が続きました。


個人的には、好きだな〜・・こういう風景。

本当に、何にもないのだけれど。
何にもないのだけれど、しかし、足りないものも何もないという満タンな気分になれるのが不思議です。

なんか、哲学的になってきました。。




*スロヴァキアに入ったので、<スロヴァキア・レポート>とタイトルを変えます。
このあと<オーストリア・レポート>に続き、最後にもう一度<チェコ・レポート>に戻ります。
旅行の順序でご紹介しているので、初めと最後がチェコ(飛行機の関係で)になります。
カテゴリーも整理しました。
「中欧旅行」で1から順に見て頂ければ、最後までひととおり記事にたどり着けるようにしたいと思います。
記憶が曖昧にならないうちに・・と少し飛ばし気味でレポートしています。
急ぎ足でついていけないよ〜、、という方は、カテゴリーの方でじっくりお楽しみください。(携帯で見ていただいている方はごめんなさい)

中欧旅行3
comments(2)
trackbacks(0)
山道を行く<スロヴァキア・レポート2>
3月うさぎ
110808_2156~01.JPG110808_2155~02.JPG

110808_2204~01.JPG110808_2205~01.JPG

山間の小さな村で車を降りてみます。

本当に人が住んでいるのかと思う程の時が止まったような・・・
けれど、庭の手入れはきちんとされていて、静かな幸福感が伝わって来るようでもある。

道沿いに小川が流れているのもいい感じです。






中欧旅行3
comments(2)
trackbacks(0)
calendar :::: entry :::: comment :::: trackback :::: category :::: archive :::: link admin :: profile :: RSS1.0 :: Atom0.3 :: jugem