3月うさぎ

calender entry comment trackback category archive link
木造教会vol.9<スロヴァキア・レポート30>
3月うさぎ
110810_2115~02.JPG110810_2115~01.JPG110810_2119~02.JPG110810_2122~01.JPG110810_2120~01.JPG110810_2119~01.JPG

お気に入りのカラス(黒)系ではなく
この木造教会は新しいし白っぽい教会ですが、
サイズといい、佇まいといい、なんだかやけに爽やかで、風景にもいい具合に溶け込んでいました。

頭のタマネギ帽子もごつくなくて愛嬌があるし(ニンニク帽子くらい?)威圧感がまったくなくて、風が渡り、花が咲き・・・まるで「大草原の小さな家」ならぬ「大草原の小さな教会」という感じ。



中欧旅行5
comments(2)
trackbacks(0)
木造教会vol.10<スロヴァキア・レポート31>
3月うさぎ
110810_2131~01.JPG110810_2132~01.JPG110810_2134~01.JPG 

この教会の周りを私たちがウロウロしていたら、
神父様直々鍵を開けに来てくれました。
(この黒い装束の方)

若くて親しみ易い感じの神父様。
教会の内部は改装中でしたが、
この神父様から、いろいろと教会の意味や歴史などのお話を伺うことができました。


教会は、入口に近い前室が「紀元前」、その前室と真ん中の部屋(メイン)との境目がキリストが生まれた年、つまり0年、そして真ん中の部屋が紀元後、そして祭壇の奥が死後の世界を含む未来のゾーンという3つの世界で構成されているという話を初めて聞きました。
なるほど〜
常識なのかもしれないけれど、私には初めて知る話しで面白かったです。
その教会にもついているタマネギ・ドームがたいてい3つなのは、そのせいか・・・とようやく納得。
何事にも意味があるのだな・・と。

そして、私たちが日本から来たと言うと、
「北海道、本州、九州、四国のうちのどこですか?」と質問されたのにはびっくり!
もしかして、日本に来られたことがあるんですか?と聞いたら、それはない、と。
でも、東日本の震災のこともよくご存知で、福島は大丈夫ですか?と心配していただきました。
それだけではなくて、津波の被害がどれくらいだったかとか、そのあと人々はちゃんと助け合って行動出来ていますか?などということも聞かれました。

日本人どころか、隣の国の人ですら来ることはないような、スロヴァキアの片田舎の小さな教会で、こんな話しができるとは思わなかったのでなんだかとても不思議な気持ちになりました。

有り難いですね。。
それと共に、ちゃんと世界のニュースに耳を傾け、心を配っているこの神父様に出逢えて、
私たちの木造教会を訪ねる旅に魂が宿ったような気持ちがしました。






中欧旅行5
comments(0)
trackbacks(0)
木造教会vol.11<スロヴァキア・レポート32>
3月うさぎ
110810_2237~01.JPG110810_2240~01.JPG110810_2243~01.JPG 

いよいよ(滞在中)ラストの木造教会!
(写真を撮らなかった教会もあるので、実際はこれ以上見ています。)

まだまだそこに木造教会がある限り見尽くしたい気持ちもありましたが、
これ以上遠くなると帰って来る日程が足りなくなるので断念することに。。


この日の最終地はコシチェ。
久しぶりの都会(スロヴァキア第2の)です。


中欧旅行5
comments(0)
trackbacks(0)
City Residence Apartment Hotel<スロヴァキア・レポート33>
3月うさぎ
110811_0100~02.JPG110811_0100~01.JPG110811_0101~01.JPG110811_0101~02.JPG110811_0101~03.JPG 

コシチェでは、アパートメント・ハウスに宿泊しました。

なぜ、ベッドルームが2つも写っているのかと言うと、
2つもあったからなのです。(笑)

2人用アパートと、4人用アパートがあったので、
3人ですが、たまには広々感を味わいたくて4人用の部屋を予約しました。
これは、大正解!

この他にも、トイレがもう一つ、荷物スペースも廊下もたっぷり・・など、家具や備品(お鍋や食器まで)も充実して本当に友人の留守宅にでも泊めてもらっているようにリラックスできました。
最上階なので、天窓からの光が気持ちよかったしね。

その上、ウェルカム・ワインから、フルーツまで用意してくれていたし、・・・朝食もとても豪華で(これはまたあらためてご報告いたします)、これで3人トータルで(日本円にすると)1万円をちょっと出るくらいだなんて!
街の中心にも近いし、コスト・パフォーマンス及びコンフォータブル度、文句無し!!

欲を言えば、何泊か連泊したかったですけどね。。







中欧旅行5
comments(2)
trackbacks(0)
コシチェ<スロヴァキア・レポート34>
3月うさぎ
110811_0143~01.JPG110811_0146~02.JPG110811_0206~01.JPG110811_0207~01.JPG110811_0215~01.JPG110811_0215~02.JPG 

ハンガリーとポーランドの通商路上にあり、通商、工業で栄えた町コシチェ。

フランスのマルセイユとともに欧州文化首都として認定されている。

それほど大きい町ではないが、大通りにはオシャレなカフェやインテリア・ショップなどが並び、なんとなく文化的なやわらかく華やいだ空気が流れていて好感が持てた。



中欧旅行5
comments(0)
trackbacks(0)
12 Apostolov <スロヴァキア・レポート35>
3月うさぎ
 110811_0244~01.JPG
110811_0239~01.JPG110811_0239~02.JPG110811_0327~01.JPG

コシチェでのディナーは、12 Apostolovにて。

12 Apostolovとは、スロヴァキア語で、キリスト教の12使徒の意味。

店内は12に区切られていて、それぞれに12の絵が飾られている。
詳しい人はお気に入りの聖人を選ぶのだろうか。

私たちが座った席は、知の聖人トーマス。

中欧旅行5
comments(0)
trackbacks(0)
ディナー@12 Apostolov<スロヴァキア・レポート36>
3月うさぎ
 110811_0240~01.JPG110811_0301~02.JPG110811_0301~01.JPG110811_0300~01.JPG

メニューは、伝統的なスロヴァキア・料理の他に、
店の特別料理がこれも12種類(これにも聖人の名前が付けられている)
ある。
料理はどれもこれもとても丁寧で上品な味に仕上げられていて、
質のわりには値段もリーズナブル。
行事や記念日のお祝い等に友人同士や家族で訪れるのに適している。

う〜ん、充実!!!

中欧旅行5
comments(0)
trackbacks(0)
ポスト<スロヴァキア・レポート37>
3月うさぎ
110811_0210~01.JPG 

イレギュラーではありますが、
これでも現役のポスト。

ちゃんと、集配の時間が書いてあります。
中欧旅行5
comments(2)
trackbacks(0)
朝食@City Residence Apartment <スロヴァキア・レポート38>
3月うさぎ
110811_1503~01.JPG110811_1504~01.JPG110811_1504~02.JPG 

コシチェのアパートメント・ホテルは本当に快適でした。


そして、驚いたのがこの食事!

前日にメニューから選ばせてもたった朝食が部屋に届きました。
階下のテラスで食べるか、部屋に運ぶか聞いてくれるのですが、
せっかくなので、部屋で食事する方を選ばせてもらいました。

私たちの部屋は3階なので、なかなかこれだけの食事を運ぶのは大変そうで、
申し訳なかったですが、、

でも、そのおかげで、本当に家でくつろいでる気分でゆっくりいただけて
よかったです。

その上、この豪華さ!

言葉では、イングリッシュ・ブレクファーストとホット・サンドとフルーツを一つずつ注文しただけなのですが、こ〜んなにドド〜〜〜ンとビッグな朝食が届いてびっくり!!でした。

日本から、スロヴァキアの、しかもコシチェに行かれる方なんてそうそうはいないかもしれませんが、もし、行かれる機会のありそうな方・・・ぜひぜひ、このCIty Residence Apartmentを覚えておいてください!
本当に、これだけのモノを供給してしてくれて、かつ、このお値段で見合う・・っていうのはマイナー国に旅する有り難さか・・
円高効果が影響して、二重にお得だったのかもしれませんが。。
中欧旅行5
comments(2)
trackbacks(0)
ティーポット<スロヴァキア・レポート39>
3月うさぎ
110811_1518~01.JPG110811_1518~02.JPG 

City Residence Apartmentの朝食で出て来たポット。

あら、ティー・カップがないわ・・と思ったら、こんなところに・・・

ティ・ポットがパカッと二つに分かれて、下の部分がカップになっています。

なるほど〜!!
中欧では、紅茶に蜂蜜を入れるのが一般的みたいです。

中欧旅行5
comments(2)
trackbacks(0)
calendar :::: entry :::: comment :::: trackback :::: category :::: archive :::: link admin :: profile :: RSS1.0 :: Atom0.3 :: jugem