3月うさぎ

calender entry comment trackback category archive link
スロヴァキアの歴史<スロヴァキア・レポート50>
3月うさぎ
110812_0159~01.JPG

スロヴァキアの歴史を大きくたどると、こんな感じになるようです。↓ 
(wikipediaより)

古代
大モラヴィア王国
ハンガリー王国
チェコスロバキア独立
独立スロバキア(1939年-1945年)
共産党体制下のチェコスロバキア(1945年-1989年)
民主化から連邦解体へ(1989年-1992年)
スロバキア共和国(1993年-)


どの時代も、ほぼ一貫して、スロヴァキアは負け続けてきた国だったと言ってもいいかもしれません。
周囲のオーストリア、ハンガリー、ドイツ、そしてソ連という大国の配下に置かれ、長い時間を耐えて耐え抜いてきた国だったのだと思います。
けれど、ナチス・ドイツに対して民衆が蜂起したり、チェコとのビロード離婚を成立させたように、大人しいスロヴァキアもここぞという時には、芯の強い所を見せることがあり、
そんなスロヴァキア人のいい意味での意地のようなものが、現在のこの美しいスロヴァキアの国土をカタチ作っているのではないかな。

2011年現在、スロヴァキアは最高に「いい時代」を迎えているのではないかしら。。
他の国と比べてどうこう・・というのでなく、彼ら自身にとって。
・・・そんな印象を持ちました。

中欧旅行6
comments(0)
trackbacks(0)
運河水門監視所<オーストリア・レポート1>
3月うさぎ
110812_1907~01.JPG110812_1910~01.JPG110812_1925~01.JPG 
110812_1921~01.JPG

いよいよスロヴァキアに別れを告げて、オーストリア、ウィーンへ。


私自身としては人生3度目のオーストリアです。

1度目は学生時代にウィーンとザルツブルグを旅しましたが、あまりにも昔すぎて記憶もとぎれとぎれ。
2度目は夫とのスイス旅行の時、車で山を下りたら、そこはオーストリアだったということが・・・


写真は、オットー・ワーグナーが建てた運河水門観察所。
シンメトリーの印象的なファサードが運河のランドマークの役割を果たして来た。
青地に白の模様は「ドナウの波」を表現しているとのこと。

今は、レストランとして使われていますが、天井の歯車は当時の名残り。




中欧旅行6
comments(0)
trackbacks(0)
クンストハウス・ウィーン<オーストリア・レポート2>
3月うさぎ
110918_0047~01.JPG110812_1956~01.JPG110812_1956~02.JPG110812_1959~01.JPG110812_2036~01.JPG


ウィーンのガウディとも呼ばれる画家でもあり建築家もあったフンデルトヴァッサー。
彼が設計した美術館クンストハウス・ウィーン。

その楽しげな色彩や手法など表面的な意匠に目が奪われがちだが、奥には常に自然との共生し、本来の人間性を取り戻そう!という強いメッセージを投げかけている。

自然界に直線は存在しない!という彼の持論のとおり、この建築もすべてうねりのある曲線で表現されている。

床もうねうね、壁もうねうね・・・
彼自身の絵画に迷い込んだよう。


中欧旅行6
comments(0)
trackbacks(0)
Hundertwasser<オーストリア・レポート3>
3月うさぎ
110812_1958~01.JPG 110918_0035~02.JPG110918_0040~01.JPG110918_0041~01.JPG110918_0050~01.JPG110918_0038~01.JPG

フンデルトヴァッサーが設計した美術館クンストハウス・ウィーンでは
フンデルト・ヴァッサー自身の展覧会を観ることが出来ました。

これは本当にラッキーでした。

フンデルトヴァッサーは、母親がユダヤ系のチェコ人であったために、幼い頃ナチス・ドイツの時代には地下の隠れ処生活を余儀なくされたそうです。
毎日、外の足音に怯える外界から遮断された生活を送っていたので、戦争が終わった後には、スケッチブックを手にアフリカへ生き、その生き生きとした暮らしに心から共感し影響けます。
が、その後都会に戻ると、一転灰色の建物が建ち並ぶ町並みに深く失望し、その反動から溢れ出るような色彩と豊かな筆致で自然と人間が一体になることをテーマにしたメッセージを込めるようになります。

フンデルトヴァッサーとは、百の水という意味。
ときどき日本語で(どうやら奥さんか恋人が日本人だったらしい)百水とサインを入れていました。



中欧旅行6
comments(0)
trackbacks(0)
フンデルトヴァッサーハウス<オーストリア・レポート4>
3月うさぎ
110812_2059~02.JPG110812_2048~02.JPG110812_2049~01.JPG110812_2048~01.JPG110812_2100~01.JPG
110918_0052~01.JPG110918_0055~01.JPG

フンデルトヴァッサーが設計したウィーンの市営住宅。
(どうやら今でも市民が普通に生活しているらしい)
クンストハウス・ウィーンの割合近くにある。

こんなユニークすぎる建物なので、当時は相当議論の対象になったらしい。

でも、ガウディの建築がバルセロナでは自然に馴染んでいるように、
ウィーンの町並みではちっとも浮いているとは感じなかった。
むしろ、チャームポイントになっていると思う。

住居の内部がどうなっているのかも、興味津々。。
中欧旅行6
comments(0)
trackbacks(0)
ガゾメーター<オーストリア・レポート5>
3月うさぎ
110812_2118~01.JPG110812_2122~01.JPG110812_2125~01.JPG110812_2127~01.JPG110812_2133~01.JPG110812_2209~01.JPG 

19世紀末に建設された4基のガス貯蔵タンクを大々的に改築したガゾ・メーター。
ジェン・ヌーベルやコープ・ヒンネルブラウなど売れっ子建築家を投入して、住居、ショッピング・センター、イベントホールなどを収納した新しい試みである。


中欧旅行6
comments(0)
trackbacks(0)
王宮<オーストリア・レポート6>
3月うさぎ
110813_0101~01.JPG110813_0105~01.JPG110813_0105~02.JPG 

ハプスブルク家の居城。

・・・ここだけ見ても、当時のハプスブルク家がいかに力を持っていたか推測出来るような気になる。
増改築を繰り返したため、複数の様式が混在し、より複雑な平面を持つようになったと言う。
馬車が蹄をならして駆け抜けて行く・・・
出来すぎた風景。。
中欧旅行6
comments(0)
trackbacks(0)
ロースハウス<オーストリア・レポート7>
3月うさぎ
110813_0107~01.JPG 

今見るとさほど語ることもないようなこの向かって右側の建物が、
1900年初頭には、ウィーンで大議論の的になったとは、
少し驚きですよね!


ここは、上にアパートが入る服飾店。
窓に豪華な装飾の入る(左の建物のような)様式建築で埋め尽くされていたウィーンの市街地、しかもこの前のミヒャエル広場を間に王宮と向かい合っていることもあって、王宮に対して不敬だという反対運動が起きて世間に騒がれた。
設計者の名前をとって、ロースハウスと呼ばれている。


今、見ると普通に四角い窓が並んでいるだけなんですけどね。
当時のウィーンにはそれがタブーだったということですね。

アドルフ・ロースは、「装飾は罪悪(犯罪)である」という言葉も残しているので、
まさに確信犯というわけです。
しかし、このロースの勇気?のおかげで、現代建築へのベクトルができたというのは、たぶん間違いはなさそう。少なくとも、ヨーロッパの建築はこの頃過渡期を迎えていたのでしょうね。
逆な言い方をすれば、時代が彼を求めていた・・とも言えるのかも。

いずれにせよヨーロッパ建築史としては、避けては通れぬロースハウスということのようです。

中欧旅行6
comments(0)
trackbacks(0)
グラーベン<オーストリア・レポート8>
3月うさぎ
110813_0122~02.JPG110813_0121~01.JPG 

ウィーン旧市街の中の繁華街グラーベン。

この名前は、かつてウィーンの前身だったというローマ帝国の軍事基地に由来しているというから驚く。
この通りを歩いているだけでも、建築史の教科書をめくっているよう・・・。
中欧旅行6
comments(0)
trackbacks(0)
レッティ蝋燭店<オーストリア・レポート9>
3月うさぎ
110813_0114~01.JPG 

世界的に有名になった気鋭建築家ハンス・ホラインが初めてつくった実作、レッティ蝋燭店(1964年)。

「コールマルクトという歴史街区に唐突に現れたアルミニュームのファサードに、鍵穴のような開口部、その狭い入口を通り八角形平面のショールームに入ると、鏡張りの店内が無限に広がりを演出している。極小の建築ながら、象徴性と仕掛けに満ちている」と紹介されている。
ホライン、やってくれます!

たった3mの間口と6mの奥ゆきに繰り広げられていた当時のディスプレイを見てみたかったです。
現在は、蝋燭店ではなくて宝石店になってしまいましたが。。
 

中欧旅行6
comments(0)
trackbacks(0)
calendar :::: entry :::: comment :::: trackback :::: category :::: archive :::: link admin :: profile :: RSS1.0 :: Atom0.3 :: jugem