3月うさぎ

calender entry comment trackback category archive link
ウェディング・パーティ<オーストリア・レポート20>
3月うさぎ
110813_2217~01.JPG110813_2242~01.JPG 

アム・シュタインホーフ教会の庭で、結婚のパーティをしていました。
ちゃんと生バンドまで来ていました。
式は当然、この中で・・ということなのでしょうね。

おしあわせに〜♪
中欧旅行7
comments(0)
trackbacks(0)
Triest<オーストリア・レポート21>
3月うさぎ
110813_2344~02.JPG110813_2344~01.JPG110814_0024~01.JPG110814_0026~01.JPG 

日本でもコンランショップで有名なコンラン卿が、
1996年、ウィーンで初めてデザインホテルを手掛ける。
そのホテルがここトリエスト。

17世紀、ウィーンからイタリアのトリエストに向かう場所の始発場だったことから、
この名前がつけられたらしい。
中欧旅行7
comments(0)
trackbacks(0)
ナッシュマルクト市場<オーストリア・レポート22>
3月うさぎ
110814_0037~01.JPG110814_0037~02.JPG 110814_0039~01.JPG

「ウィーンの胃袋」と言われるナッシュマルクト市場。

マルクトがマーケットって意味だから、それに市場をつけるとちょっと意味がダブるんだけどね。ま、いいか。みんなそう呼んでるらしいから。
(金閣寺を英訳すると、金閣寺テンプルになるのと同じようなものかな。。)

ここは、ラテンそしてアラブ、オリエンタルまで・・・100を超える小さな食品を中心とした店舗が立ち並んでいる。
あくまで端正で洗練されたゴミ一つないウィーンの町並みの中で、ここだけが猥雑でゴチャゴチャしている。
不要な段ボールが積み上げられていたり、いろんな匂い(人種も)が混じり合っていたり・・・しかし、こういうところもウィーンにあるのね・・・となんとなくほっとさせられる。

一番上はオリーブやさん(オリーブもこんなに種類があるんだね☆)、

二番目はスイーツやさん(けっこう見た目濃厚ですよね?!)、

一番下はスロヴァキアのコシチェのアパートメントの朝食で登場したポットとカップ&ソーサーが一体になったティーセット。
こちらでは、ポピュラーなモノだったんだ〜。
色とりどりでかわいいね。
でも、もし購入するとしたら、私はやっぱり真っ白のがほしいけど。。

中欧旅行7
comments(2)
trackbacks(0)
ラブ・ストーリー<オーストリア・レポート23>
3月うさぎ
110814_0151~01.JPG 

なんとなくスパゲティが食べたい気分になって(別に他の麺でもいいのだけれど、ヨーロッパで麺となるとやっぱりうどんやおソバというわけにもいかず)、
ナッシュマルクト市場の中にあるカジュアルなイタリアレストランに入ることにしました。

その小さなレストランで、思いがけず素敵なラブ・ストーリーに遭遇することに。。


このカップルの席に大きな花束があるのがわかるでしょうか?

このレインボーのシャツを着ている中年の男性(実は、車いすに乗っている)
このクリクリブロンドの彼女(恋人か奥さんかはよく判らない)との食事中に、
店員さんがこの花束を届けに来た。
勿論、このレインボーシャツの男性の彼女へのサプライズ。。

花束がテーブルに置かれると、彼女はものすごくびっくりして泣き出して、それから「ありがとう、ありがとう」と何度も何度も言いながら、長い長い長〜〜〜〜いキス・・
(クリムトもびっくり?!)

彼女の驚き様と、幸せそうな表情が特別可愛くて、車いすの男性も彼女への日頃の感謝をすべて花束に託したって感じでとてもやさしそうで、まるで映画を見ているようで、そばにいた私たちまでもらい泣きしそうになってしまった。。

うちの夫があとでその花束を届けた給仕さんに、
「感動的なラブ・ストーリーだったね。しかも君は重要なキューピット役じゃないか。」と話しかけたら、
「もちろん!ここはイタリアンレストランだからね」だって。
(たぶん、イタリアはアモール(愛)の国だからって意味だと思う。)


その後の凪の反応もなんだかおかしかった。

食後の散歩の時、たまたま通りかかった他のイタリアンレストランが雰囲気が良かったので、私が「こっちのお店でもよかったかな〜」なんてつぶやいたら、
凪が「ううん、ぜんぜん後悔ない。ぜったいあのお店の方がよかった!
だって、(あの二人のおかげで)本当に幸せな気持ちになれたもの・・」
ですって。



中欧旅行7
comments(2)
trackbacks(0)
マヨルカハウス<オーストリア・レポート24>
3月うさぎ
110814_0053~02.JPG

ナッシュマルクト市場の向かいに建つマヨルカハウス。
これも、設計はオットー・ワーグナーです。
(彼は、その時代には本当に売れっ子だったんだろうな・・)

壁面の赤いバラの模様は、マヨルカ(スペインのマヨルカ島)タイルを使用しています。

ここはアパートメント。
今も住人が住んでいるため、内部を見ることはできません。


中欧旅行7
comments(0)
trackbacks(0)
メダイヨン・マンション<オーストリア・レポート25>
3月うさぎ
110814_0050~01.JPG110814_0051~01.JPG 

そして、そのマヨルカ・ハウスの隣が、
メダイヨン・マンション。
ユーゲントシュティール(19世紀末の、旧体制を打破しようする芸術活動)の作品。
オットー・ワーグナーも、グスタフ・クリムトもこの集団の中にいました。

ファサードの繊細な金細工は、ロコ・モーザ作。
よく見ると、マヨルカハウスと軒の高さも合わせてますね。
ワーグナーは、屋上にシンボルティックな女性(女神?)を配するのがお好きなようで、
郵便貯金局では「ようこそ」、ここでは「ヤッホー」のスタイルをしています。

日本に持って来ると、なんか浮きそうだけど、
ウィーンで見ると、ヘンにうなずけてしまう。
ガウディの建築が、バルセロナの町並みに溶け込んでいるのと、同じ方程式かな。


中欧旅行7
comments(2)
trackbacks(0)
カール・プラッツ駅<オーストリア・レポート26>
3月うさぎ
110814_0210~01.JPG110814_0212~01.JPG 

オット・ワーグナーばかりが続きます。

この駅も彼の作品です。
この時代のウィーンは、本当に彼の一人勝ちの様相です。

1899年に地下鉄カールス・プラッツ駅の駅舎としてつくられました。
現在もまだ現役だそうです。すごいね。


中欧旅行7
comments(0)
trackbacks(0)
カール教会<オーストリア・レポート27>
3月うさぎ
110814_0228~01.JPG110814_0236~01.JPG110814_0240~01.JPG110814_0243~01.JPG 

カール教会。

カールとは、カール6世のこと。

ペストの流行の鎮静を感謝して、カール6世が聖カール・ボッロメウスに捧げた教会。

ファサード中央に神殿型ボルティコとドーム、左右に鐘楼を配置している。
その間に、33mの高い柱が2本そびえたっている。
(夫曰く、これは相当珍しい!と。。)
これは、ローマのトラヤヌス記念柱を模してつくったのだそうです。
やっぱり、イタリア特にローマへの憧れは、ウィーンをしても強いようですね。

このカール教会に近づいた時、この看板をめざとく見つけてしまった。
「 REQUIEMMOZART」
モーツアルトのレクイエムの演奏会がここであると言うのです。
なんと、数時間後に!

実は、私、スロヴァキアの木造教会巡りをしている時、モーツアルトのレクイエムがどういうわけだか頭から離れなくて、ふと口ずさむのがレクイエムって、、、などと、一人自分につっこんでいたのです。(これ、ホントの話!)
だから、カール教会の階段の上にこの看板を見た時には、もう神様の思し召し?としか思えなくて、「私、これ見る!」と叫んでおりました。

階段の手すりに並んで座っている東洋人二人(翼の石膏像の後ろ)が、夫と娘です。
コンサートの会場を待っているところ。

言い出しっぺの私は、チケット売り場の列に並んでいます、、ハイ。


つづく。。。



中欧旅行7
comments(4)
trackbacks(0)
朝食@Triest<オーストリア・レポート29>
3月うさぎ
110814_1607~01.JPG110814_1656~01.JPG 110814_1555~01.JPG

ウィーンのホテル、トリエストの朝食は、
気持ちのいい中庭で。。

フルーツとヨーグルト好きの夫は、いつも
主食でお腹がいっぱいになった後も、
別腹でこれくらいは平気でいただきます。

お茶の種類も多かったので、
私はハーブティをいくつか試してみました。

旅行中は、朝食メインな我が家です。
(やっぱり宿泊料に込みなのは、有り難い!ッス。)

中欧旅行7
comments(0)
trackbacks(0)
Museums Quartier<オーストリア・レポート30>
3月うさぎ
110814_1714~01.JPG110814_1715~02.JPG110814_1717~01.JPG110814_1719~01.JPG110814_1721~01.JPG110814_1729~01.JPG

見たい建築は尽きねども・・・ノルマはなんとか果たせたので、
ウィーン最終日(しかも、2時頃にはプラハに向かって夕方には車を返す約束!)は、美術館巡りに充てることに相成りました。

ウィーンには、ミュージアム・クウォーターと呼ばれる世界でも最大規模の美術館、博物館ゾーンがあります。
これを見逃す手はないものね。。

まず、ここの名物は、この巨大な椅子。
みんな、ここの上でごはんを食べたり、本を読んだり、寝そべったり・・・自宅の居間のようにリラックスして過ごしています。

時間の許す限り、いっぱい観て回るぞ〜♪
中欧旅行7
comments(0)
trackbacks(0)
calendar :::: entry :::: comment :::: trackback :::: category :::: archive :::: link admin :: profile :: RSS1.0 :: Atom0.3 :: jugem