3月うさぎ

calender entry comment trackback category archive link
四国旅行
3月うさぎ
 120307_1512~01.JPG

娘が学校からの修学旅行に行っているあいだ、
私もちょこっと四国へ旅行してきました。

四国はもう一足先に春めいて、コートなしで街歩きができました。


少しずつ、「振り返り編」でまとめておきたいと思います。
四国小旅行
comments(2)
trackbacks(0)
高知土産
3月うさぎ
120309_0847~01.JPG 

まずは、おみやげから。。

高知の道の駅や朝市で買って来た食料品群です。

一番食べ物が美味しい県が「高知県」だと何かで読みました。
ほんまか〜??と若干疑っておりましたが、
今回行ってみて、海鮮類といい野菜や果物といい、
本当に素材に恵まれた土地だということを実感しました!
しかも、お値段リーズナブル!
京都の価格の50〜70%程度。
こりゃ、ありがたい。

文旦(大きいグレープフルーツみたいなの)も美味しかったけど、
オレンジ色のでべそ付きデコポンの異様な?美味しさ!!
フルーツトマトも味がしっかりしていてうっま〜!!!

いいですね〜
素材の美味しい県。
ちなみに2番は北海道だとか。
・・・これはうなずけますね。
四国小旅行
comments(0)
trackbacks(0)
イサムノグチ庭園美術館
3月うさぎ
 120306_1304~01.JPG120306_1422~01.JPG120306_1423~01.JPG
120313_0020~01.JPG


今回の四国旅行は、基本的に高知が目的だったのですが、
香川のイサムノグチ庭園美術館に寄り道してから高知に向かいました。

ここは、イサムノグチファンとして一度は訪れたかった場所。

ノグチはこの牟礼の庭によせてこんな文章を残しています。

「この庭は自然への讃歌だと言われるかもしれませんね。
私はこの庭をたいそう楽しんでいます。水が出ようが、台風が来ようが、
この庭はまったく何の影響も受けません。
草をはじめあらゆるものが湧き出すのですが、流されてなくなるものは何もないのです。
これは素晴らしいことだと思います。
裸の状態を見ていただいた小丘に草が生えてきました。
今ではすっかり覆われています。
自然が人には真似できないやり方で完成させた構図がそこにあります。
こういう自然の猛威から切り離された事物は多くのものを失ってしまう、ということが分かってきました。たとえばここという、すべてがきちんと世話され、時の経過から守られねばならない場所でも、こんなことが許されるのですからね。
今日ではあらゆる類のことが、法によって守られているのです。
自然が木や石がどのように一体になっているか見る。これは命を鑑賞することです。
彫刻がこういうものの一部としてあるのは、私にとって大いなる喜びです。
これはこの庭の物語なのです。
(中略)
ここはほとんどいつでも、時を過ごすには素晴らしい場所です・・・
自然に充ち溢れています。
そして私はうたた寝します。
それから友だちが訪ねてきます。」


イサムノグチの庭園美術館は期待に違わず、
長い長い時間をここで過ごしたいと思わせる素晴らしい場所でした。

ただ、だからこそ、美術館側の姿勢に少し疑問も湧きました。
葉書で訪問を申し込まなくてはならないこと、見学に時間制限があること、庭園内の撮影は禁止されていること(この写真は庭園に入る前の案内所付近で撮ったもの)・・・
これには、10歩譲って事情があるのだろうと許しても、作品に触れてはいけない・・というのは違うのではないかと思っています。
ノグチは自分の作品に触れてほしいのではないかと思います。
「水が出ようが、台風が来ようが、
この庭はまったく何の影響も受けません。」
「流されてなくなるものは何もないのです。」と、書いているではありませんか。
ノグチはむしろ、自分の作品にみんなに撫でたり、抱きついたり、頬ずりしたりしてほしいのではないかと思うのです。
そのための石の作品のはずなのに。。。

しかし、そのことは置いても、素晴らしい場所であることに変わりはありませんが。






四国小旅行
comments(4)
trackbacks(0)
高知城
3月うさぎ
120306_1816~01.JPG 

イサムノグチ庭園美術館に寄り道した後、高知入り。
人生2度目の土佐じゃき〜

しかも、前は四万十川が主なる目的だったので、
高知市内とちゃんと見るのは初めて♪
四国の発信基地を聞いている高知がどんな街か、ワクワクしながら歩きます。

これは、高知城
時間の都合で、お城は遠くから眺めただけでしたが、
お堀が高知の街の重要なヘソになっているのは、歩いているだけでも良く分かります。
若かりし日の丹下健三氏(東京都庁の設計者)が手掛けた高知県庁もこのお堀の中にありました。
四国小旅行
comments(0)
trackbacks(0)
7 days hotel plus
3月うさぎ
120306_1648~01.JPG 

二泊三日の今回の旅行。
宿は、2泊とも高知市内の7 days hotel plusにお世話になりました。

安いのに、センスは悪くないし、こじんまりとして女性も泊まり易い雰囲気でよかったです。
(7 days hotelと7 days hotel plusがあります。)

上手いな・・と思ったのは、ロビーのスペースが同時に朝になるとそのまま大テーブルを利用して
朝食をとるレストランに様変わりしていたこと。
その他の時間もちょっとしたフリーのカフェスペースとして利用されていて、
カジュアルなホテルならではのフレキシブルな使い回しに、なるほど〜☆と思わされました。

こういう気の利いたプチホテルがあるだけで、
小旅行もうんと気軽な感じになるものです。
どこの都市にも一つはこういうホテルがあればいいのに、って思います。

四国小旅行
comments(0)
trackbacks(0)
室戸岬
3月うさぎ
120307_1152~01.JPG120307_1311~01.JPG120307_1311~02.JPG 

一日目、暗くなるまで高知市内をぷらぷら散歩して、
それからぴっちぴちの海鮮料理に舌鼓をうち、
宿では、ワインとおつまみで遅くまでおしゃべり・・・
それでもなんとか翌朝7時すぎには朝食の席に座り、
朝から意欲的に二日目の行程を消化しようと車に乗り込みました。


まずは、最近ジオパークをキャッチフレーズにPR中の室戸海岸
5000万年の時間が作った地層を見に行きます。

(旅行中ライブでも何枚の写真をお届けしましたが、)
タービダイト層という砂と泥の層状の岩が不思議な風景を作っていました。

さすがに、季節外れということもあって、
人影もほとんどなく静かに海と対話できたのが幸運でした。

お昼は、里の駅で買ったお弁当を
この太古から変わっていない風景を眺めながら岩の上で食べました。
なんとなく土佐っこの気分がわかってきた。。(気がした。)

四国小旅行
comments(0)
trackbacks(0)
室戸の植物
3月うさぎ
120307_1333~01.JPG120307_1330~01.JPG120307_1342~01.JPG 

一年を通じて温暖な気候に恵まれた室戸岬。
亜熱帯性樹林と海浜植生が豊かで、このあたりにしか見られない
珍しい植物たちが、特徴的な石と一緒に南国的な風景を演出しています。

アロエもどこでもやけに元気で、やたらと育っていてびっくり。
時折、沖縄を思い出すような風景も。。
四国小旅行
comments(0)
trackbacks(0)
吉良川の町並み
3月うさぎ
120307_1449~01.JPG120307_1554~01.JPG120307_1452~01.JPG120307_1454~02.JPG120307_1505~02.JPG120307_1506~01.JPG120307_1556~01.JPG
120307_1718~01.JPG120307_1721~01.JPG


高知県で唯一、重要伝統的建造物保存地区に指定されている吉良川町

明治から大正にかけて製炭業で栄えた町なのだそうです。
格子、土佐漆喰、水切り瓦、「石ぐろ」と呼ばれる石垣・・・
風土に適した建築様式が今も住民によって大切に保存されている美しい町です。
しかし、保存と言ってもガチガチのテーマパークのような息苦しさにはなっていない。
ちゃんと現役感を残して人々に愛されながら受け継がれているのが伝わってきて、嬉しい気分になりました。(実際、残念ながらそうなっていない町は多いので。)


この畠中さんという散髪屋さんは、映画「私は貝になりたい」の舞台としても使われたとか。
そして、食料品店では当たり前のように「マンボウ」が売られてました。
マンボウって食べられるんだね☆


120307_1447~01.JPG120307_1448~01.JPG




四国小旅行
comments(2)
trackbacks(0)
石ぐろ玉石瓦付き
3月うさぎ
 120307_1516~01.JPG120307_1518~01.JPG120307_1517~01.JPG120307_1526~01.JPG120307_1535~01.JPG120307_1545~01.JPG

吉良川町の町並みの特徴の一つはこの美しい石ぐろの石垣。

石ぐろの「ぐろ」は「黒」の意味ではなく、積むという意味。
つまり、石積みですね。

下の大きな石積みが石ぐろで、その上の丸い石を玉石(たまいし)と呼んでいるようです。
それに瓦が乗っかっているのが、この辺の塀としては一番丁寧な作り方のようで、
このおじさん(おじさんの素朴な土佐弁にほれぼれ♡)のお宅の塀はその3拍子が揃った見事な石塀を今も大事に保存しておられます。つまり、この塀は、「石ぐろ玉石瓦付き」という分類になるようです。

しかも、道に面しては割石、家の庭側には丸い方を見せているという几帳面さ。
これらの石を湛然に空積みや練積みしていく石積み職人のこだわりにうならされます。
瓦は瓦で、ちゃんと職人さんの銘入りです。
これらのプライドが吉良川の町並みのグレードを支えてきたんだな・・とあらためて思います。

おじさんに家の中も見て行くかい?と声をかけていただいて、伝統的な農家の室内もちらっと拝見することができました。
このあたりは、一軒をいくつか用途によって(台所等水を使う場所、寝る場所、仕事をする場所など)棟を変えて建てるのが普通だったらしく、ここのお宅も全部で4棟に分かれているのだそうです。
昔からずっと使っているという木の建具が素敵でした。


四国小旅行
comments(0)
trackbacks(0)
水切り瓦と土佐漆喰
3月うさぎ
120307_1444~02.JPG120307_1455~01.JPG120307_1459~02.JPG
120307_1501~01.JPG

吉良川町には、ゆ〜〜った〜〜りした時間が流れていました。


私たちが、伝統的な土佐漆喰の商家を写真に撮っていたら、
「興味があるんなら見て行きんしゃい!今、漆喰塗り直しとるところじゃき〜」
なんて感じで職人さんが声をかけてくれる。

なるほど。
古く黒ずんだ水切り瓦の漆喰をちょうど塗り直しているところ。
「あんたもやってみたら?」とコテまで渡されて、ちょっとだけペタペタさせてもらいました。
一からやるとなるとこの曲面、難しそう、、、

職人さんも、この町の人だと言っていました。
みんなおっとりして優しい人ばかり。


 
四国小旅行
comments(0)
trackbacks(0)
calendar :::: entry :::: comment :::: trackback :::: category :::: archive :::: link admin :: profile :: RSS1.0 :: Atom0.3 :: jugem