3月うさぎ

calender entry comment trackback category archive link
Skyline
3月うさぎ
100126_0905~01.JPG100126_0901~01.JPG100126_0904~02.JPG100126_0904~01.JPG 

最近、気に入っている写真集。

「Skyline」
Kunihiko Katsumata

タイトルどおり、スカイライン、つまり風景と空との境にこだわって撮り続けている写真の写真集。

これは、見る人によって評価が二つに分かれるでしょうね。

ほとんどが空ばかりの写真の連続に、えぇ?!?と不満に思う人の方がもしかして多いのかも。
でも、私はしっかりツボにはまりましたよ。
眺めているだけで気持ちが落ち着きます。
なぜ、このアングルでなくてはならなかったかも徐々に解ってきます。

、、、別に、精神病んではおりませんよ。
たぶん、だけど。
本を読む
comments(2)
trackbacks(0)
この横長の形がいいですね。
うちの棚に開いて飾りたくなるような。

これとは少しちがいますが、
ずっとまえから、いい空、雲の写真集がないかなぁ、と
さがしていますが、なかなかこれだというものに
出会えません。
自分でも気に入った雲がでたときとか、飛行機に乗った時に
よく写真をとりますが、デジカメには苦手な被写体なのか、
どうも思ったように出来上がりません。
(高級機種ならいいのかもしれませんんが)

「空の名前」(光琳社出版)という四季の気象用語を解説した
ちょっといい本がうちにありますが、これの構成を変えて、
もう少し大きめの写真集にしたら、とか思ったりしました。
著者の高橋健司という人は逗子にすんでいるからか、
江の島とか、箱根、富士、鎌倉など平塚周辺の風景がけっこうでてきて、「これはあそこから撮った写真では?」とか
想像しながら楽しめます。
同様のコンセプトの「宙ノ名前」、「色々な色」も
あります。
YOU : 2010/02/07 3:37 PM
YOUさま

そう。
あの棚には間違いなく似合いそう。
でも、あの家には、素敵な写真集がすでにたくさんありますよね。

そういえば、絵葉書2枚届きました。
ありがとう。

「空の名前」知ってます。
シリーズもあるのですね。
ちなみに光琳社は京都の出版社、私も一度お仕事一緒にしたことあります。

デジカメの写真が記録にはなっても「写真」にならないのはなぜでしょう。
でも、諦めずに撮り続けるなのでしょうね。
大ちゃんもカメラをデジカメに替えた時には、ぶつぶつこぼしていましたが、最近はだいぶ思い通りに近い写真が撮れるようになってきた感じがします。
まず、クセを知る事から始めるべし、なのかな。



3月うさぎ : 2010/02/07 5:01 PM









trackback url
トラックバック機能は終了しました。
trackback
calendar :::: entry :::: comment :::: trackback :::: category :::: archive :::: link admin :: profile :: RSS1.0 :: Atom0.3 :: jugem