3月うさぎ

calender entry comment trackback category archive link
洗濯<モロッコ・レポート63>
3月うさぎ
100809_2123~01.JPG100809_2132~01.JPG 

川まで下りると、
お母さんと娘さんらしき人が2人で洗濯をしていました。

笑顔でいろいろ話しかけてくれますが、
これは地元の言葉なので、もうまったく判らない。
向こうも英語はまったく判らない様子で、
残念だったのですが、
手真似がやっぱりお茶(テ)を飲むしぐさだったので、
やっぱりお茶は如何?と言ってくれてるようだった。
(こんなところで?水筒のお茶ってことかな?)

さっきもミントティ飲んだ所だったので、
「ごめんなさい。さっき飲んだばっかりなので、、」と断ると、
なんだか寂しそうな表情をしてくれました。

・・・お茶は断ってはいけないのかな?
なんだか、そんな気もして来るのだけれど、
でも、毎回ご馳走になってぼかりというわけにもいかず、
嬉しくもあり、若干悩ましくもある「テ」のお誘いです。

彼女たちが川で洗っていたのは、洗濯物ではなくて、
きれいな色の毛糸でした。
もしかして、その糸を染めていたのかな。。。
モロッコ旅行7
comments(2)
trackbacks(0)
子どものころ叔父の家に行くと 山から流れてくる水で 洗い物してました。野菜もお米も食器も洗濯も 大きくなって訪ねたら蛇口から水出てましたが どうもお風呂のぶんはくみ上げているようでした。(ポンプで)

日本でも染物は今も川で洗われているところあるようですよね。
さっちゃん : 2010/08/31 1:39 PM
さっちゃんへ

21世紀の日本は、インフラの整備はやっぱりトップクラスといっていいでしょうね。
本当に、便利に清潔になりました。
人間の生き抜く力はその分後退しているのかもしれないが・・・。

昔の日本人も強かったですね。
でも、その「昔」を知っている人は、もう二度とあの頃には戻りたくないとも思うのでしょうね。
(勿論私も戻ってほしくはないですが・・)
3月うさぎ : 2010/08/31 7:02 PM









trackback url
http://murasakino1.jugem.jp/trackback/1332
trackback
calendar :::: entry :::: comment :::: trackback :::: category :::: archive :::: link admin :: profile :: RSS1.0 :: Atom0.3 :: jugem