3月うさぎ

calender entry comment trackback category archive link
おじいさんのミントティ<モロッコ・レポート67>
3月うさぎ
100810_0038~01.JPG100810_0039~01.JPG100810_0051~01.JPG 

・・そんな長いいきさつで、
おじいさんの家でミントティをご馳走になることになった。

おじいさんは、気前がいい。
ミントティだけじゃなくて、焼いたパンやアーモンドなんかも
振る舞ってくれる。

私たちは、ここで初めて知らない村を訪ねている研究の主旨をMohamedさんに話し、
彼がおじいさんに伝えてくれている。
そんなわけで、おじいさんのお家は、たくさん写真を撮らせてもらった。。

一番上の壁の肖像画は、おじいさんの亡くなったおとうさん。

(その下の写真)きれいな柄の壁絵の下に書いてある文字は、家の定礎みたいなもの。
この家が建った年月日などが書かれているらしい。


ここでの話しで、実はMohamedさんは大学のディプロマ(大学学士の業績)までとっているということが判明。
なるほど。知的な雰囲気は彼の顔つきにも出ていたが、まさかこんな田舎に大学卒の人がいるとはびっくり。(はっきり言って、小学校の義務教育すら大丈夫?って心配になるほど、子ども達がよく働いているからだ。)
なんの職業に就いているのか?と聞くと、う〜ん、いろいろやってはいるんだけど、、今は何っていうのはないんだ・・というちょっと困ったような応答。
・・・そんなぁ、、勿体ない!
アラビア語も仏語も英語も話せて、大学も出ていて、これだけ人からの信望も集められるような人が、職に恵まれていないなんて・・と思ったけど、それ以上は聞けなかった。
マラケシュにも4年住んだと言っていたから、何か挫折があったのかもしれない。。。

ミントティは相変わらず甘かったけど、おじいさんがいれてくれたお茶は格別で、Mohamedさんがおじいさんの代わりに私たちのグラスに何度も何度もおかわりをいれてくれた。

(つづく)



モロッコ旅行7
comments(0)
trackbacks(0)









trackback url
http://murasakino1.jugem.jp/trackback/1336
trackback
calendar :::: entry :::: comment :::: trackback :::: category :::: archive :::: link admin :: profile :: RSS1.0 :: Atom0.3 :: jugem