3月うさぎ

calender entry comment trackback category archive link
茅の輪くぐり@今宮神社
3月うさぎ
 110626_1509~02.JPG110626_1508~02.JPG110626_1509~01.JPG110626_1514~01.JPG

6月晦日は夏越の祓い。
京都のあちこちの神社の境内に茅の輪くぐりをみけかるようになります。

左、右、左の順で輪をくぐると半年分の穢れが落ち、これからの半年の無病息災に過ごせるのだそうです。
そして、次は半年後の大晦日に穢れ落とし・・・なかなか合理的ですね。

夏越祓いの行事があるのは、出雲系の神社なのだそうです。
大阪などでもやっているらしい。

夏を越すのも、年を越すのも、今のように当たり前のことではなかった頃。
いつまでも健康でいられますように、困ったことが降り掛かりませんように・・と祈りながら日々を過ごしていた先人達の思いを伺い知ることができますね。
今年の日本人には、その思いよく解るかも。
夏を越せるのも、年を越せるのも、当たり前のことではないよね。
それだけで、とっても幸福なことだよね。


詳しくは、ネットから引かせていただきましたので、読んでみてください。↓



 夏越祓い


一年を二つに分けた昔の考え方では、六月晦日は十二月晦日に対応して前の半年の最終日にあたっています。
 大晦日が新年を迎えるための大切な日であったのとおなじように、六月晦日も、神に年の前半のあいだの無事を感謝し、収穫までの後半年の無事を祈るための物忌みの日、祓いの日と考えられたのです。

 昔、宮廷では十二月晦日と六月晦日の年二回、「大祓い」の神事が行われていました。祓いは、日本の神祭りの基本とも言える作法で、大祓いの本来の意義は、年間を通じて最も大切な正月と七月の祖霊迎えの行事を前にして、物忌みを行うことでした。
 そして、十二月のほうを「年越し」と呼ぶのに対し、六月のほうを「名越
し」と呼んだのです。

 その起源は古く、七百一年制定の「大宝律令」に定められています。
それは、大内裏の未雀院に天皇に仕える百官の貴族が集まって、国民が犯した罪を除き去るために大祓いの詞をよみあげる儀式でした。

 この大祓いの行事は次第に民間の神社でも行われるようになりました。
名越しは「夏越し」とも書かれ、この日を「六月祓い」「荒和(あらにご)の祓い」「夏越節供」「輪越祭り」とも呼んだりします。
 ナゴシという名称は、神様の気持ちを和らげるという意味の「和し」からきていると言われています。


 茅の輪くぐり
 

 夏越祓いの方法は、人形にけがれを移して水に流す方法と、「茅の輪くぐり」というちょっと変わった方法とがあります。
夏越しを輪越し(わごし)とも呼ぶのは、茅の輪くぐりの祓いを行うところからきているのです。
 人形を使う方法は、宮中の大祓いで行われるほかにも、埼玉県大宮市の氷川神社、京都下鴨神社の水無月祓が有名です。
息を吐きかけたりなでたりして災いのもとを託した人形に、陰陽師が祓いを行ってから御祓川(みそぎがわ)と呼ばれる水辺に流します。
のちに民間の行事となってからは、人形に代わって古い毛髪や麻の葉が流さ
れるようになりました。

一方、茅の輪くぐりというのは、神社の境内に竹で作った直径二、三メートルほどの輪にカヤを巻きつけたものが置かれ、参拝の人々がそれをくぐることによって身のけがれをはらいます。
そうすることで、夏の恐ろしい伝染病や水の災難を防ぐことができると考えられたのです。
輪のくぐり方は、麻の葉二、三枚を紙に包んで手に持ち、輪の中に左足から入って右足から出ることを三度繰り返します。
このときに、「水無月の夏越祓いする人は千歳(ちとせ)の命(いのち)、延(の)ぶと言うなり」という歌を三度唱えたと言います。
茅の輪をくぐつて夏越祓いをした人は、寿命が千年にも延びますよ、という意味です。
茅の輪くぐりは初め、各家でも行われていましたが、のちには神社でだけ行われる行事となりました。
 これらの夏越しの行事は、今では一か月遅れの七日三十一日に行う神社が多いようです。


四季折々
comments(0)
trackbacks(0)









trackback url
http://murasakino1.jugem.jp/trackback/1750
trackback
calendar :::: entry :::: comment :::: trackback :::: category :::: archive :::: link admin :: profile :: RSS1.0 :: Atom0.3 :: jugem