3月うさぎ

calender entry comment trackback category archive link
エトワールの凱旋門<パリ・レポート18>
3月うさぎ
120528_2017~01.JPG

ではでは、あらためまして凱旋門/Arc de Triompheです。

上にも登れるのですが、並ぶのはイヤなので止めておきました。
階段とエレベーターと、両方あるようですが。

ラ・マドレーヌと並びフランス盛期新古典主義様式を代表するモニュメント。

凱旋門はナポレオンの戦勝を記念して1806年から作り始められたわけですが、完成までに30年かかり彼がこのアーチをくぐったのは遺体になってからだったのだそうです。

都市計画的にもなかなか粋な場所にこの門を作ったものだという気がします。
この門上に上がると、パリの放射状に伸びるパリの市街が一望できるはず(高さ50m、幅45m、奥行22m)。
エッフェル塔ほど遠くからでも見つけられる・・というほどではありませんが、それでも近づくとやはりかなり貫禄があります。

そういえば、
パリで凱旋門を見た時あまりにもインパクトが強くて息子に凱亜(がいあ)と名前をつけたと言っていた友人がいました。
彼女にとっては、完全ノックアウト的な気分だったんだろうな。
この堂々とした威風の門の前に立って・・・

フランス旅行1
comments(0)
trackbacks(0)









trackback url
トラックバック機能は終了しました。
trackback
calendar :::: entry :::: comment :::: trackback :::: category :::: archive :::: link admin :: profile :: RSS1.0 :: Atom0.3 :: jugem