3月うさぎ

calender entry comment trackback category archive link
いすとつくえのけんか
3月うさぎ
てのひら絵本第3弾
nagi /5歳(当時)

080314_1710~01.jpg
いすとつくえがなかよししないで
けんかをしている

そしていすのおんなのこが
えーん、えーん、
どうしよう、
つくえはもっとおこった
つくえはどんどんおこった
そしてどんどんおこって
なけばなくほどないた

つくえはないて
いすのふたりはおこった
するといすがこうおもった
わたし、ちょっとわるかったみたい
そして
つくえともうひとりのいすも
わるかったみたい、
わたしもわるかったみたい、といいました。
もちろんこころのなかで、ね。

そしてつくえといすはあやまった。
ふたりとも、ね。
そしておべんきょうのひとたちがもどってきた。
そしてめとかくちとかをぞうきんでふいた。

すると、あれ、なんでこんなところに
ぞうきんがあるの?
あれ?ぜんぶある
えっ、あっちもこっちも
ああなんでだろう
いすとつくえいきてたのかなあ

そしていすとつくえは
なんかしゃべりたかったけど
じっとがまんした。
するとすぐにおべんきょうした。
そしてすぐにおとこのことおんなのこは
がんばってがんばってかいたのでほめた。

なんだかうきうきわくわく
おどりそうになったが、
がまんしてがまんしてみた。
ムズムズしてきた。
そしてそのときハムスターになった。
ありゃりゃりゃりゃなんでつくえといすが
ハ、ハ、ハ、ハムスターになってんの?
あったりまえじゃないよね。
おとこのこもおおびっくり

おわり

(感想:この結末におおびっくり!)
works of nagi
comments(5)
trackbacks(0)
こんばんわ。この展開すごくびっくりですね。
でも、現実離れしているのに伝わってくるイメージが確かにあるのが不思議ですね。昔の小学校の図書館を思い出しました。
hatano : 2008/03/14 7:22 PM
hatanoさん、なんで図書館なんですか??
また教えて下さい♪
NAGINOTE : 2008/03/14 8:19 PM
逆に聞かれてしまいましたね(笑)。
机と椅子が主役の場所って言うと、僕にとっては図書館なのです。特に小学校の図書館は南向きで明るくて広くて静かで、放課後はあまり人もいないから、太陽に照らされた木製の大きな机と椅子だけが印象に残っていて。又、ぞうきんとか勉強とかって言うと絶対学校かなあ・・と。
NAGIちゃんがイメージしてた場所とは多分違うよね。
hatano : 2008/03/15 12:40 AM
nagiにとってはやっぱり学校の教室のイメージだったようですね。
でも、これを書いたときはまだ学校に上がる少し前だったのですが・・・。
いずれにせよこの時期の子どもは発想も日本語も充分に習熟していない分、圧倒的に自由で羨ましいですよね。言葉の世界の中でも遊べている感じがして。
3月うさぎ : 2008/03/16 8:00 AM
そうですね。ものつくりに携わっているものとしては本当に羨ましく思えます。絵画の分野では良く子供の描く絵を自由で羨ましい対象にしますが、言葉も同じなんですね。知らなかったです。
hatano : 2008/03/16 11:30 PM









trackback url
トラックバック機能は終了しました。
trackback
calendar :::: entry :::: comment :::: trackback :::: category :::: archive :::: link admin :: profile :: RSS1.0 :: Atom0.3 :: jugem