3月うさぎ

calender entry comment trackback category archive link
スライダー <チャイナ・レポート87>
3月うさぎ
 090820_0921~01.JPG

万里の長城。

上に上がるのは、ロープウェイという名のリフト。
これは、往復でもいいし、もちろん歩いて下りるという選択もある。
そして、もう一つ、意外な復路が。。。

なんと!長城への斜面には、長〜〜いスライダーが設置されていました。
(ここはまっすぐだけど、基本的にはもっと蛇行しています。)
驚き!!
面白そうだったので、これで下りる事にしました。
一応、速度は自分で調節できるしね。
気持ちよかったですよ〜。

ただ、感動の長城からの復路がこれでいいのか・・・と思わないでもないですが。

ま、なんでもあり!の中国らしいとも言える。



なんだか、変なものが写ってしまってますね。
ごめんなさい。
ボツにすべき写真ですが、ここはこの一枚しか撮っていないので、、、お許しを。
中国旅行9
comments(2)
trackbacks(0)
私も万里の長城は本物見て見たいもののひとつに入っています。上がるのはロープウェイだけなんですか?
とことこ歩いてなんと事はできないんでしょうか?
確かにずごい距離ですが 足がしゃんしゃんしていたら 昔の人が歩いていたであろうところを踏みしめてみたいです。

スライダーは一人乗り?
策もないししたには池か川が見えるし スリル満点という感じですね。
さっちゃん : 2009/09/10 3:22 PM
さっちゃんへ

「万里の長城」と言っても、上がれるポイントはいくつかあるようです。
これは、よく観光パンフレットに出ている一番有名な場所ではありません。一番有名な場所は北京市内からは近いのですが、とにかくいつも人でぐっちゃりなそうですので、それは嫌だ!と思って、もう少し遠くてもいいから人の少ないポイントを選びました。
実は、夫は二度目で、前回は、更に遠いけれど、ほとんど修復されていない姿が見られるところに行ったようです。その時は足で昇ったら、なかなかハードだったという話を聞いたのであきらめたのですが、時間をとってゆっくり上げるのであれば登山する方が感動も更に大きくなるだろうと思われます。
ただ、登山だけで体力を使いすぎると、長城そのものもかなり高低差があって、昇り階段が続くと息が切れます。その辺の体力の分散を先にある程度考えておいた方がいいと思います。
さっちゃんは、毎日犬の散歩をしておられるようだから、問題ないかも。

スライダーは一人乗りです。
確かに、結構長いコースなので乗り応えあります。
私ですら、もう一度乗りたいくらいでした。

でも、スライダーがあるのは、たぶんここのポイントだけじゃないかしら?そんな話、聞いた事もなかったので。

3 : 2009/09/10 6:24 PM









trackback url
http://murasakino1.jugem.jp/trackback/763
trackback
calendar :::: entry :::: comment :::: trackback :::: category :::: archive :::: link admin :: profile :: RSS1.0 :: Atom0.3 :: jugem