3月うさぎ

calender entry comment trackback category archive link
雍和宮 <チャイナ・レポート92>
3月うさぎ
090821_0438~01.JPG 090821_0426~01.JPG090821_0425~01.JPG

北京最大のチベット仏教の寺院群。
通称ラマ・テンプル。

建物の中をご紹介できないのが残念だが、
一番奥の建物の中の仏像が巨大でかつ頭が上にありすぎて、
ちゃんと拝顔することもできない。
しかし、その独特で、かつ圧倒的な立ち姿には衝撃を受けた。

お線香も日本みたいに、1本、1本・・の世界ではなく、
線香の束全体に火をつけて、どさっ、どさっと投げ込んでいく。

そして、独特の祈りのポーズ。。。

中国旅行10
comments(2)
trackbacks(0)
日本では初詣 クリスマスなど 信仰から来るものではなく 一年の行事のようにして家庭に入っています。
海外に行かれるチャンスが多くおありですが よその国は 信仰が生活の中に入っているようですか?
さっちゃん : 2009/09/10 11:11 PM
さっちゃんへ

一概には言えませんが、確かに日本よりはそのように感じる機会が多いかもしれません。
たとえば、ネパールやインドネシアのバリ島に行ったときは、特にそのことを強く感じました。
農作物を作るのも、家を建てるのも、すべてが神様と繋がっている暮らしというものがあるのだな・・・と驚きました。
ヨーロッパは勿論、キリスト教の文化ですが、若い人がだんだん教会に足を運ばなくなってきたという話はあちらでも聞きます。離婚が大変など足かせもあるようなので、窮屈に思ったりもするみたいです。

中国は、それほど信心深いようには思ってなかったのですが、少なくとも、この雍和宮ではみんなとても熱心にお祈りしていました。
実体はどうなのでしょう・・・


3月うさぎ : 2009/09/11 11:01 PM









trackback url
http://murasakino1.jugem.jp/trackback/770
trackback
calendar :::: entry :::: comment :::: trackback :::: category :::: archive :::: link admin :: profile :: RSS1.0 :: Atom0.3 :: jugem