3月うさぎ

calender entry comment trackback category archive link
arne
3月うさぎ

100125_1435~01.JPG100124_2243~01.JPG 

デザイナーの大橋歩さんが、
企画、取材、撮影、編集、レイアウトを1人で受け持っておられる雑誌arne。
私も時々買っていたのですが、昨年12月で終了とのこと。
これからは別冊のみになるとのこと。
少し残念。

でも、もう70歳にもなられる大橋歩さんの年齢を考えると、ここまでこのハードワークを続けて来られただけでも頭が下がります。

だって、私がまだ子どもの頃から彼女はもうすっかり一線で活躍しておられたもの。

まだ、当時は、今みたいにセンスのいいモノとかほとんどなくて、あの時代どうやってあのセンスを磨かれたのか?と不思議になるほど、彼女の何気なく描いたイラストやレイアウトは新しくてサマになっていて、子供心にひそかに憧れたものでした。

私がデザインの仕事に就きたいと思い始めたきっかけの一つと言ってもいいかもしれない。
美しいモノ、デザインの優れたモノに触れると、あまり味わったこともないような美味しいものを食べた時と同じような満腹感と刺激があるのだと、意識し始めたのはその頃だったと思います。

そして、その頃からずっとずっと先をひた走っていた大橋歩さんが今も現役で、やっぱり今も素敵に自分のスタイルを通しておられることに、今も励まされ続けている私です。

歩さんの文字も好きです。

達筆というのではないけれど、イラストや写真ともうまく絡まって、自由で、味もあり、またどこか骨もあり、で。
この字も何十年来ずっと変わらない。
・・・お人柄そのものなのでしょうね。きっと。
本を読む
comments(2)
trackbacks(0)
平凡パンチのイラストのときには若かったですよね〜。

まだ活躍だったとは・・。
NAF02177 : 2010/01/27 11:49 PM
FAF02177さま

ご訪問ありがとうございます。

一般的には、大橋歩さんの出世作と言うと、平凡パンチの表紙とピンクハウスのイラストということになるのでしょうね。
(でも私には平凡パンチは身近な存在ではなかったので実はまったく記憶にはないのですが..)

私は、彼女のあまり派手ではない仕事、肩の力が抜けた感じのスケッチやドローイングの方が心に残りました。
それら、クライアントが存在しない時の自由な創作スタイルがarneの編集には活かされたのかな、と思っています。

3月うさぎ : 2010/01/28 9:22 AM









trackback url
トラックバック機能は終了しました。
trackback
calendar :::: entry :::: comment :::: trackback :::: category :::: archive :::: link admin :: profile :: RSS1.0 :: Atom0.3 :: jugem